思い出のマーニー

思い出のマーニー

思い出のマーニー原作本と映画版の違いは?再現度と感想評価についても

小学校高学年向けの児童書を原作としたジブリアニメ『思い出のマーニー』。 次から次へと変わっていく、現実とも幻ともわからない独特の世界感を感じる作品です。 一部の原作ファンから『何か違う』と言われている映画版ですが、原作と...
思い出のマーニー

思い出のマーニーの感想と評価!2回目の視聴で印象が変わる箇所の物語ネタバレ考察

米林宏昌監督が語るように、『思い出のマーニー』は何度も観てもらえるように作られています。 何度も観てもらえるように、というのは『楽しくて何回でも観ちゃう!』というのとはちょっと違います。 この場合の『何度も観てもらえる』...
思い出のマーニー

思い出のマーニーのラストシーンの意味は?最後にマーニーがいなくなる理由についても

サイロでの一件で、杏奈のマーニーに対する怒りや悲しみは相当なものだったでしょう。 しかしそれまでの日々で、すでに揺るがない信頼関係を築いていた杏奈とマーニー。 マーニーが『杏奈を大切に思う気持ち』を素直に信じられるようになってい...
思い出のマーニー

思い出のマーニーで日記を破いたのはマーニー?和彦の関係と原作から考察も

ジブリアニメ『思い出のマーニー』では、湿っち屋敷に新しく引っ越してきた『彩香』がマーニーが書いた日記を見つけて杏奈に見せるシーンがありますね。 マーニーを『自分の空想上の女の子』としていた杏奈にとって、日記はマーニーの存在を示す重要な...
思い出のマーニー

思い出のマーニーが難しい意味がわからないと感じる7つの疑問!解釈の仕方について考察

スタジオジブリの『思い出のマーニー』。 一度だけ観たよ、という人なら納得していただけるでしょうが、非常に難解です。 話の内容が難しいというワケではなく、言っている事・伝わってくることは非常にシンプルで分かりやすいのですが...
思い出のマーニー

思い出のマーニーが伝えたいこととは?人間関係から見るメッセージ性についても

スタジオジブリ米林宏昌監督の『思い出のマーニー』は、自分が愛されていない存在だと思っている少女『杏奈』と謎の少女『マーニー』との交流を経て、杏奈が『自分は愛されている』ことを理解していく物語です。 12歳という、心のバランスを...
タイトルとURLをコピーしました