キミ戦作者の細音啓の経歴や過去作品は?世界観やリアタイ実況について解説

『キミ戦作者のアニメ放送時にリアタイ&実況が気になる!』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』、略して『キミ戦』のアニメ放送が2020年秋から開始されました。

キミ戦ファンはこの時を待ち望んでいましたよね!

 

しかし、アニメ放送と同時に気になっている方も多いと思います。

それは、キミ戦作者の細音啓(さざねけい)さんがアニメ放送をリアルタイム視聴し、Twitterで実況している事。

 

『キミ戦』を書いている人がリアタイ?実況・・・?

細音啓さんってどんな人なの?と気になってしまう方もいらっしゃると思います。

 

今回は細音啓さんの経歴や他の作品、ご本人によるリアルタイム実況ツイートの内容についても紹介します。

 

スポンサーリンク

キミ戦作者の細音啓の経歴や作品・世界観

細音啓の経歴と作品

細音啓(さざねけい)さんが小説を『誰かに読んでもらうため』を意識して書き始めたのは、大学1年生の頃なのだとか。

コツコツと物語を書き続け、その後、第18回(2006年度)にデビュー作の『黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで』でファンタジア長編小説大賞・佳作を受賞されました。

 

現在も次々と人気作品を生み出し、独特の世界観は多くのファンを魅了しています。

 

細音啓さんの作品は、大部分が異世界ファンタジーの物語。

 

  • 『黄昏色の詠使い(たそがれいろのうたつかい)』2007年~2009年
  • 『氷結鏡界のエデン(ひょうけつきょうかいのエデン)』2009年~2014年
  • 『不完全神性機関イリス(ふかんぜんしんせいきかんイリス)』2011年~2013年
  • 『S.I.R.E.N. 次世代新生物統合研究特区(サイレン じせだいしんせいぶつとうごうけんきゅうとっく)』2014年~2015年
  • 『世界の終わりの世界録(せかいのおわりのアンコール)』2014年~2017年
  • 『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』2017年~
  • 『なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?』2017年~2020年

などなど

 

現在は、小説投稿サイト『カクヨム』にて、新作『神は遊戯(ゲーム)に飢えている。~至高の神々に挑む少年の頭脳戦~』を連載されています。

 

細音啓の作品の世界観

多くの細音作品のファンに共通するのが、『世界観が良い』というもの。

そして別シリーズの作品であっても、その世界観が繋がっている事。

 

例えば、初期作品の『黄昏色の詠使い』シリーズで用いられたオリジナルの架空言語が、やはりキミ戦にも用いられていたりするんですよね。

 

 

もちろん過去作品を知らずともキミ戦は充分楽しめますのでご安心を!

そしてキミ戦で細音作品にハマった方は、独特の世界感を感じられる他シリーズもおススメです。

 

キミ戦作者によるリアタイ実況

リアタイ&Twitter実況は第1話~第3話で行われた

キミ戦の初回、第1話が放送されたのは、まずAT-Xにて2020/10/7の23:30~。

その後の24:00からはdアニメストアにて配信開始・・・と、順次放送又は配信が開始。

 

その中で、作者の細音啓さんのリアルタイム実況が行われたのは、25:35~のTOKYO MXの放送時でした。

 

第2話以降も、同じくTOKYO MXの放送時に行われています。

 

リアタイ&実況はTOKYOMX放送時間のみ?

なぜTOKYO MXでのみリアルタイム実況が行われたのでしょうか?

 

考えられる事は2つ。

  • 細音啓さんはお忙しいけれど、その時間だけは予め空けておいた。
  • 先に放送されるAT-Xやdアニメストアなどでツイートのタイミングや内容を予習するため。

 

各サイトでの配信時すべてで実況、というワケにはいきません。

効率よく実況するためには、直前に復習(笑)しておくのがベストなのかもしれませんよね!

 

第4話以降のリアタイ&実況は?

第4話以降も、引き続き細音さんのリアルタイム実況は行われるのでしょうか。

すでに次回放送の実況を楽しみにされている方も、大勢いらっしゃいますよね?

 

ご本人はといえば、キミ戦アニメ放送開始前、ちょうど連載中の『神は遊戯(ゲーム)に飢えている。』のChapter1が終了したところ。

キミ戦アニメ放送の準備として10/1~10/18を小休止とし、10/19~Chapter2が再会するのだとか。

 

つまり、第2話放送時は10/14、第3話放送予定日は10/21となりますので、第2話のリアルタイム実況が行われたとしても、第3話以降の実況については未定なのではないでしょうか。

 

第3話でもリアタイ実況されていたので、今後のリアタイ実況も大いに期待できる状況であると考えられます!

 

キミ戦作者ご本人によるリアルタイム実況は貴重なため、できる事ならばずっと続けていただきたいと思っているファンは多いでしょう。

 

スポンサーリンク

キミ戦作者のリアルタイムTwitter実況の内容

キミ戦のポイント紹介

リアルタイム実況では、作品のポイントが紹介されます。

これはキミ戦初心者には嬉しい配慮。

 

全くキミ戦を知らない方であれば、そもそも設定を理解するところから始まりますからね。

星霊や帝国、魔女などの言葉が登場する独特の世界、主人公やその仲間たちについても実況されていました。

 

 

 

元々細音さんはご自身で作品の用語解説などをされていた方。

リアルタイム実況でのキミ戦のポイント紹介はスゴイ!

 

キミ戦の見どころ紹介

リアルタイム実況では、作品の見どころも紹介されています。

原作小説ファンならば、そうそう!と共感するところでもありますよね?

 

 

原作を知らずにアニメから入った方は、細音さんが紹介するキミ戦の見どころをチェック!

前回放送を見ていなかったという方も、最新回視聴の前に細音さんの実況ツイートを確認しておけば、よりキミ戦を楽しめるかもしれません。

 

作品の世界にグッと入り込みやすくなりますよ。

 

作者自身のビックリもそのまま実況

細音さんのリアルタイム実況では、作者の細音さん自身がビックリしたようなシーンについても紹介されています。

 

 

かなり見ごたえのある戦闘シーンや、燐が星霊術を使うシーン・・・

ご本人がどのような場面に『おや?』となるのかを知る事ができるので、反応ツイートはファンにはたまらない内容でもあるのです。

 

まとめ

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』、略して『キミ戦』のアニメ放送が開始されました。

加えて、なんとキミ戦作者の細音啓さんがリアタイ&実況を行うという豪華っぷり。

 

キミ戦ファンに向けても、キミ戦をあまり知らない方にとっても、ポイントや見どころを解説してくださるので嬉しいサプライズですよね!

 

今後もずっとリアタイ&実況していただけるのかはまだ不明ですが、とにかく細音さん自身の熱意がスゴイ。

つまり、キミ戦の原作を知らない、漫画も読んだことがないという方でも細音さんのツイートをチェックしていれば大丈夫。

 

どっぷりとその世界感にハマっちゃってくださいね!

今後も、キミ戦小説&アニメ放送には期待大です。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました