【無能なナナ】アニメ1話の感想とネタバレ!原作漫画との違いまとめ

『無能なナナの感想とネタバレアニメ版1話』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『無能なナナ』のアニメ放送が開始されました!

 

アニメ第1話は『無能力』。

『無能力』は、原作漫画の第1話と全く同じタイトルです。

この時点で原作ファンなら、『アニメ版は原作に忠実』を期待してしまいますよね。

 

今回はアニメ版の『無能のナナ』第1話の感想やネタバレ、原作漫画との違いについても書いていきます。

 

スポンサーリンク

【無能なナナ】アニメ第1話の感想


2020年10月、いよいよ放送が開始されたアニメ『無能なナナ』。

原作漫画を知らない方にとっては、あっと驚く展開だったのではないでしょうか。

 

そう、このミスリードからのどんでん返しが『無能なナナ』の真骨頂。

アニメ版でも十分に表現されていました。

 

キャラクターが魅力的に描かれている


アニメ版の第1話を観て、すごく印象的だったのが『キャラクターが魅力的に描かれている』という事。

 

原作漫画がアニメ化された時、『何かキャラクターのイメージが違うかも・・・』と感じる事が度々あるのですが、この『無能なナナ』は原作漫画の魅力がそのままです。

いや、ひょっとしたら原作漫画よりもキャラクターがかわいく描かれているようにも見えました。

 

ナナやナナオもそうですが、特に『かわいくなってるかも?』と感じたのが、今後の物語に登場する事になる『犬飼ミチル』。

 

確かに原作漫画でも犬みたいな愛嬌あるキャラクターではありますが、もっとこう子供っぽいというか・・・

線の太さのせいでしょうか。

 

そのミチルが、なんだか『女子の魅力全開』で描かれている!

これにはビックリでしたね(笑)

 

ミチルの登場回が待ち遠しくなりました。

 

ナナの変化がわかりやすい


第1話の最後で、原作漫画ではお馴染みの『ナナとナナオの運命の崖のシーン』が登場します。

アニメ版も原作に劣らず、その時のナナの変化の魅せ方がスゴイ。

 

このシーン、おそらく原作を知らずにアニメ版を見た方は画面に引き込まれただろうな、と感じました。

場面の印象が大きく変わるので、見ている方にも『そういう事なのか!』とわかりやすく伝わっているのではないかと思います。

 

原作漫画での印象的シーンを、アニメ版でもさらに印象深く観られるのは嬉しいですね!

 

ネット上での感想

『無能なナナ』のアニメ放送を見た方の、ネット上の感想です。

特に初見の方、衝撃的だったようですね!

 

こっちだと思っていたらそっち?という感想を持っている方が多いようです。

まだ観ていない方は、ぜひ第1話を観てくださいね。

 

とにかく予想を裏切る事の多い『無能なナナ』。

これはファンが急増しそうな予感がします。

 

【無能なナナ】原作漫画とアニメ版の違い(第1話)

『無能なナナ』のアニメ版第1話での、原作漫画との違いを挙げてみます。

 

クラスメイトが各話の主要人物

絶海の孤島の学園の『クラスメイト』については、原作漫画では徐々に各話の主要キャラクターが判明していく形でしたよね。

最初から登場しているのは、炎の能力の『飯島モグオ』と氷の能力の『郡セイヤ』、ナナと同時に転校してきた『小野寺キョウヤ』ぐらいなもの。

 

アニメ版では、今後登場する事が決定しているキャラクターのためか、クラスメイトが各話のキャラクターで構成されていました。

『羽生キララ』や『高梨カオリ』、『空野フウコ』あたりも登場している事から、おそらくアニメ版での放送は、原作漫画の第17話ぐらいまでが確定しているのでしょう。

 

クラスメイトの中に、その後登場することになる『三島コハル』、『前園サチコ』の姿は見つけられませんでした。

 

瞬間移動で登校してきた女子がサチコではなくカオリ

アニメ版第1話の序盤、ナナオの通う学園が『特殊な能力を持った人間の集まり』であることを印象付けるシーンがありますよね。

炎や氷を操ったり、物が空中に浮いていたり瞬間移動をする生徒がいたり・・・

 

その『瞬間移動で登校してくる生徒』は、アニメ版第1話では『高梨カオリ』に変更されていました。

原作漫画での瞬間移動で登校してくる生徒『前園サチコ』は、おそらく今期では登場しないという事なのでしょう。

 

キョウヤが必要以上にあやしい


ナナと同時に転校してきた『小野寺キョウヤ』。

確かに原作漫画でも『オラついている』と見られがちなキャラクターではありますが、アニメ版では必要以上に『得体のしれない感』を醸し出していたように感じます。

 

今後はもう少しとっつきやすい風に変化していくのでしょうか・・・?

アニメ版第1話での小野寺キョウヤのキャラクターは、『なんだかあやしいヤツ』を印象付けたかったのかもしれませんね。

 

基本的には原作漫画通り

アニメ版第1話を見る限り、ほぼ原作通りのようでした。

もっとも、ストーリーに手を加えてしまえば、全く別の物語になってしまいそうな作品ではあります。

 

今後もほぼ原作漫画通りに物語が進んでいくのではないでしょうか。

ただし、キョウヤのようにキャラクターの魅せ方が若干違ってくる可能性はあります。

 

スポンサーリンク

【無能なナナ】アニメ第1話のネタバレ

放送が開始されたアニメ版『無能なナナ』のネタバレです。

ネタバレを見たくない方は、飛ばしてくださいね!

 

無能なナナのタイトルの意味

父親やクラスメイトからも『無能』と言われ続けた中島ナナオ。

彼のような存在が、『無能なナナ』のタイトルが意味するところ?という理解を生むような設定ですよね。

 

『無能』と言われていた彼が持っていた能力は、実は『能力の無能力化』。

モグオの巨大な炎の塊でさえも無効化してしまうというものでした。

 

相手がいなければ効果を発揮しないのですから、『無能』と言われていた経緯にも納得。

 

ナナオ本人は『たいした能力じゃない』と考えていたようですが、モグオの炎を消し去った事で『スゴイ能力』だとクラスメイトからは大絶賛されます。

これ、努力家ヒーローの物語を予感させる展開なんです。

 

いよいよ、今までクラスメイトの影に隠れるように生活してきた彼の『無能』人生は終了。

今後は多少の困難がありつつも、仲間と一緒に歩む華々しい人生の始まり。

 

・・・からの転落。

 

まさに、転落です。

崖から突き落とされるワケですから。

 

突き落としたのは、ナナオが心を開いた美少女転校生ナナ。

 

ナナが心を読める能力を持っているのはウソ。

ナナオを尊敬するそぶりを見せていたのもウソ。

全部がウソ。

 

ナナは能力者ばかりが集められた学園で、唯一の『無能力者』でした。

 

『特殊な能力』を持つ人間ばかりが集まる中で、唯一『無能』のナナ。

『無能なナナ』は、まさに彼女の事だったというワケです。

 

ナナの目的


特殊な能力の持ち主たちの学園に紛れ込んでいる『無能なナナ』。

彼女の目的は・・・

 

異能の持ち主を抹殺すること。

 

世界は『人類の敵』と呼ばれる得体のしれない存在に脅かされています。

そんな『人類の敵』と戦うために集められたのが、『能力者』たち。

 

ただし、そんな事は『表向き』の話。

 

異能の能力を持つものは、何をするかわからない恐ろしい存在。

実際には『異能の持ち主=人類の敵』を隔離するために、絶海の孤島の学園に能力者を集めているのです。

 

能力者たちを集めてさりげなく、ひとりずつ抹殺していく。

それがナナの目的であり使命なのです。

 

まとめ

いよいよ放送が開始された『無能なナナ』のアニメ版。

現時点では、ほぼ原作通りの内容です。

 

このまま原作漫画の良さを活かしつつ、アニメ版ならではの魅力的なキャラクターの活躍が期待されますね!

 

アニメ版次回の物語は『時間遡行』。

原作漫画ではラストシーンがちょっとわかりにくいかったのですが、アニメ版ではどのように表現されるのか、今から楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました