【ダイの大冒険】ゴメちゃんの正体は?デルムリン島の外で凶暴にならない理由も

『【ダイの大冒険】ゴメちゃんの正体は?デルムリン島の外で凶暴にならない理由も』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『ダイの大冒険』の主人公ダイの幼いころからの友達、『ゴメちゃん』。

 

世界に1匹の珍獣と言わるゴールデンメタルスライムのゴメちゃんですが、どうやらそれは仮の姿。

スゴイ秘密が隠されていたようです。

 

ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんの正体とは何なのか?

デルムリン島のモンスターたちが凶暴な怪物に戻ってしまった時、ゴメちゃんだけは凶暴にならずにいられた理由についても説明します。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】ゴメちゃんの正体

 

『ダイの大冒険』で欠かせないキャラクター、黄金に輝く体、そして羽根が生えたスライム型の『ゴメちゃん』。

ゴメちゃんは冒険中、ときどき不思議な力を見せてくれることがありますよね。

あの能力は何なのでしょうか。

 

謎の力を持つゴメちゃんの『正体』に迫ってみます。

 

ゴメちゃんはゴールデンメタルスライム

 

『ゴメちゃん』と呼ばれる黄金のスライム。

正式には『ゴールデンメタルスライム』と言います。

 

ゴールデンメタルスライムという名称の、長ったらしいところを略して『ゴメちゃん』。

世界にだた1匹しかいない、『まぼろしの珍獣』『生きた宝石』とされています。

 

黄金色、世界に1匹、生きた宝石・・・

悪党に狙われないワケがない!

 

ロモス国王に『ゴメちゃん』を献上しようと、ゴメちゃんを誘拐したのが『ニセ勇者一行』でしたよね。

 

ゴメちゃんの真の姿は神の涙

時々、不思議な力でダイたちを守ってくれるゴメちゃんは、どう考えてもただのモンスターではありません。

ゴメちゃんの、その不思議な力の源は何なのでしょうか。

強力な技を覚えるスライムなのか、それとも魔法が得意なスライムなのか。

 

・・・実はゴメちゃん、本当はスライムの仲間などではありません。

真の姿、つまりゴメちゃんの正体は『神の涙』という道具です。

 

ゴメちゃんはモンスターですらなく、『生きたアイテム』

手にした者の願いを叶えてくれるという伝説のアイテム、『神の涙』だったのです。

 

人間、魔族、竜。

神の涙は、元々は地上の力の無い生物たちの苦しみを嘆いた神々が、地上に落とした一粒の涙だと言われています。

 

地上の力の無い生物たち・・・

魔物や竜に比べて、能力的に圧倒的に劣るのは『人間』でしょう。

 

神の涙は、人間の願いを叶えるべく神々が生み出した奇跡のアイテムだったのです。

 

『生きたアイテム』と言われる所以は、アイテムなのに心を持っているから。

神の涙はその心で、悪しき願いを叶えないように判断しています。

 

願いを叶えてくれるアイテムとは言え、神の涙自身の判断で願いが叶わない事もあるのでしょう。

つまり、地上の生物を支配したい、というような願いは叶わない事もあるというワケですよね。

 

しかし魔物に弾圧された人間が、魔物を超える力を身に付けたい、と願えば叶う可能性もあります。

 

全くの無力の者が力を手に入れる可能性・・・

かつて『神の涙』は、天地魔界のバランスを幾度となく崩してきたのだとか。

 

魔物にとっては、最も人間の手に渡ってほしくないアイテムでもあります。

 

ゴールデンメタルスライムはダイの願いの形だった

涙のイメージ画像

 

『神の涙』であるゴメちゃんは、元々は『涙』の形をしていたようです。

それがなぜスライムの形になったのでしょうか。

 

それは、『ダイの願い』が関係していました。

 

本人は覚えていなかったようですが、モンスターだらけのデルムリン島に落ちた『神の涙』を、最初に見つけたのが幼い日のダイでした。

 

 

誰だかわからないけど、怖がらないで出てきてよ。

ボクの友達になってよ。

 

 

『神の涙』はダイの願いを叶えました。

ダイの友達になること・・・

 

デルムリン島で暮らすダイの周りは、すべてモンスター。

新しい『友達』の姿を、無意識に頭に思い描いたのかもしれません。

 

神の涙は可愛らしい『ゴメちゃん』の姿となり、その後10年以上もずっとダイの大切な『友達』でいてくれたのです。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】ゴメちゃんがデルムリン島の外で凶暴にならない理由

ある日、平和だったデルムリン島に起きた異変。

それは、魔王復活により、今まで穏やかだったモンスターたちが突然凶暴になってしまったという事でした。

 

暴れまわる島のモンスターたち。

しかし、どうやらゴメちゃんだけは暴れたりせず、元のままの様子。

 

なぜ、ゴメちゃんだけ魔王が復活しても凶暴にならずにいられたのでしょうか。

 

魔王復活後のモンスターは凶暴になる

魔王が復活すれば、デルムリン島に住むダイの友達であるモンスターたちも『邪悪な意志』の影響を受けて凶暴になってしまいます。

その中には当然、ダイの育ての親であるブラスも含まれます。

 

島の他のモンスターと違い、やや自分の意思を長く保っていられたブラスですが、魔王の邪悪な意志の影響力は強大なもの。

完全に意識を失うのも時間の問題です。

 

デルムリン島を守るマホカトール

魔王の邪悪な意志で凶暴な姿に戻ってしまった島のモンスターたち。

 

ただしそれも、マホカトールの力があれば問題ナシ。

アバンによって島をぐるりと囲むようにかけられた破邪呪文の『マホカトール』は、魔王の邪悪な意志を受けつけず、デルムリン島全体を守っています。

 

ちなみに、破邪呪文はアバンの最も得意とするところ。

だからこそマホカトールで島全体を覆うという、大規模な効力を発揮することが可能なのです。

 

デルムリン島にいれば、つまりマホカトール効果の外に出なければ島のモンスターたちは自分の意思を保つことができます。

 

ゴメちゃんに魔王復活は関係なし


魔王が復活して、穏やかに暮らしていたモンスターたちが凶悪なものに変貌してしまったとしても、ゴメちゃんに魔王の力は及びません。

当初ダイやポップは、ゴメちゃんには不思議な力があるのかも・・・と考えていたようですが、真実は違うのです。

 

なぜなら、そもそもゴメちゃんはモンスターではないから。

ゴメちゃんの正体であり真の姿は『神の涙』というアイテムだからです。

 

魔王の邪悪な意志の影響を受けるのは、あくまでも『モンスター』だけ。

 

羽が生えたスライムの形をしているだけのゴメちゃん、つまり『道具(アイテム)』に魔王復活の影響は及ばないのです。

 

まとめ

『ダイの大冒険』の愛らしいキャラクター、ゴールデンメタルスライムの『ゴメちゃん』は、実はモンスターではありませんでした。

スライムの形をしたアイテム、『神の涙』がゴメちゃんの正体。

 

そしてこのスライムの形も、言わば仮の姿。

ダイの『友達になって』の願いによって、かわいらしいスライムの形に変化したものでした。

 

ダイの願いが具現化されたのが、羽を生やした黄金の『ゴールデンメタルスライム』。

ただし、光り輝くこの『生きた宝石』の姿が、世界に1匹の珍獣として悪人を呼び寄せる事もありました。

でも守ってくれるのは、やっぱりダイ。

 

アイテムなのに人間の友達になって、冒険して、時には身を挺して魔物にぶつかって。

『心を持つアイテム』だったからこそ、ダイと深い絆で結ばれるようになったのでしょう。

 

 

不思議なスライム『ゴメちゃん』。

冒険時は、パーティの癒し系であること間違いなしですね!

 

 

ダイの大冒険の関連記事はこちらもおススメです(^^) 

【ダイの大冒険】ブラスの色が変更になった理由は?鬼面道士のピンクは目立ちすぎ?
2020年放送開始のアニメ『ダイの大冒険』で気になる事のひとつが、ブラスじいちゃんの『色』ではないでしょうか。 水色のような、くすんだ青色の体の色。 落ち着いた色ではありますが、キレイな色とは言えないような・・・ ...
【ダイの大冒険】2020年リメイクアニメはどこまで?原作最後まで放送される?
『ダイの大冒険』がおよそ30年ぶりにリメイクされ、放送が開始されました。 ダイの大冒険と言えばドラゴンクエストの世界感をほどよく活かしつつ、魅力的なキャラクターたち、特にポップの成長から目が離せなくなってしまうという名作漫画が原作の物...
【ダイの大冒険】お色気シーンはどうなる?カット変更された場面について
およそ30年ぶりにリメイクされた、2020年版の新生『ダイの大冒険』。 放送が開始されてみると、BGMがドラクエのものではなくなってしまっていたり、第1話の物語のお色気シーンとも言える部分がカットされてしまっていたり・・・ ...
【ダイの大冒険】神の涙は何回まで使える?ゴメちゃんが叶えた7つの願いについても
『ダイの大冒険』には、すべてをひっくり返せるほどの力を秘めた『神の涙』というアイテムが登場します。 手にした者の願いを叶えてくれるという、世界でただ一つの道具である『神の涙』。 しかし、神の涙で叶えられる願いは1回だけな...
【ダイの大冒険】ダイの行方考察!最後の爆発でも生きてるなら帰ってこれない理由についても
『ダイの大冒険』最大の謎。 それは、大魔王バーンの魔の手から世界を守った勇者ダイの行方ではないでしょうか。 ポップもマァムも、仲間たちは全員無事。 でも人々を守り抜いた勇者がどこへ行ってしまったのか、誰にもわからな...

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました