【ダイの大冒険】デルムリン島がモンスターだけなのはなぜ?ダイが暮らしている理由も

『【ダイの大冒険】デルムリン島がモンスターだけなのはなぜ?ダイが暮らしている理由も』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『ダイの大冒険』のダイの故郷、デルムリン島はモンスターばかりが住んでいる島です。

 

そもそも、なぜデルムリン島にモンスターばかりが集まっているのでしょうか。

また、モンスターだらけの島でダイが暮らしているのはなぜなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】デルムリン島がモンスターだけなのはなぜ?


ダイはデルムリン島という、離島に暮らしています。

そこは人々から『怪物島』と呼ばれ、恐れられている島。

なぜならば、島の中はモンスターだらけだから。

 

なぜデルムリン島にモンスターばかりが暮らしているのか、その理由を紹介します。

 

デルムリン島は南海にある孤島

 

デルムリン島は、世界地図でその位置を確認してみると、南の端っこのとても小さな島です。

 

南海に浮かぶデルムリン島は、ロモス王国のあるラインリバー大陸の南側に位置します。

 

ロモスと言えば、ニセ勇者一行がゴメちゃんを誘拐して国王に献上しようとしたあの国ですね(笑)

ダイはロモス国王から友達を救うための勇気ある行動を認められ、『覇者の冠』を授けられていました。

 

そしてデルムリン島からはるか東側には、レオナの祖国パプニカ王国があるホルキア大陸。

 

その他の大陸も、デルムリン島からは遠く離れています。

つまり、デルムリン島は『南海の孤島』。

 

多くの人々が行き交う大陸からは、かなり離れた位置に浮かぶ孤島なのです。

生活していくには、不便としか言いようがありません。

 

モンスターが人間に迷惑をかけない離島

かつて勇者によって魔王は倒され、世界には平和な時代が訪れました。

魔王の手下であったモンスターたちは、魔王が倒れた後は『邪悪な意志』から解放され、穏やかな心で暮らしていけるようになったのです。

 

ただし人間からすれば、『モンスター』はかつて自分たちを苦しめた『敵』であるという認識を、なかなか崩す事はできないでしょう。

 

モンスターと人間が、すぐに手を取り合って生活するのは難しい。

そこで、生き残ったモンスターたちは『誰にも迷惑をかけない場所』でひっそりと平和に暮らそうと考えます。

 

ひっそりと平和に・・・

 

それが可能だったのが、南海の孤島『デルムリン島』。

大陸からはかなりの距離がある離島であったからこそ、モンスターたちが隠れて暮らしていくには最適だったのでしょう。

 

人間にとっては生活しにくい場所でも、モンスターたちにとっては楽園。

人間にむやみに恐れられることもなく、穏やかに、平和に暮らす事ができるのです。

 

デルムリン島は世界で一番汚れていない場所

デルムリン島は『世界で一番汚れていない場所』とも言われています。

それはなぜなのか・・・

 

その理由は、『人間の欲望』にありました。

 

○○したい、○○が欲しい、人間の欲望は留まる事を知りません。

個人差はありますが、欲が深すぎる人間、というのも存在します。

 

『欲にまみれた人間』が一人もいない場所。

それが、デルムリン島が『世界で一番汚れていない場所』と言われる理由でしょう。

 

スポンサーリンク

デルムリン島にダイが暮らしている理由

モンスターばかりが暮らしているデルムリン島ですが、その唯一の例外がダイ。

 

ダイはモンスターではありません。

そして、自分がモンスターではない事も自覚しています。

 

ではなぜ、『人間の子供』ダイはモンスターと一緒に暮らしているのでしょうか。

 

ダイは船の難破で流れ着いた孤児

寝ている赤ちゃんのイメージ画像

 

ダイは、赤ん坊の頃にデルムリン島に流れ着いた、身元不明の『孤児』でした。

 

どうやら乗っていた船が遭難してしまったようです。

 

ゆりかごに付けられていたはずのネームプレートも『D』の文字を残して消えてしまっており、新たな名前を付けるキッカケにしかなりません。

 

つまり、ダイの身元を割りだせるようなヒントは一切ナシ。

 

流れ着いた身元不明の人間の赤ん坊・・・

この時点で、『ブラスが育てる』以外の選択肢はありませんでした。

 

だからこそ、モンスターだらけのデルムリン島には『人間の子供ダイ』が暮らしているのです。

 

育ての親も友達もモンスター


デルムリン島で暮らすダイの周りはすべて、モンスター。

育ての親であるブラスも、海を渡る時に協力してくれるマーマンや、空を飛べるキメラも、島に住むモンスターはみんなダイの友達なのです。

 

『人間の子供』としてではなく、ひとりの『仲間』として。

 

島のみんながダイを受け入れてくれたからこそ、10年以上もの長い間ずっとデルムリン島で暮らしていられたのでしょう。

 

人間は、人間ではない者を仲間外れにする傾向があります。

しかし、デルムリン島のモンスターたちはみな、『人間だから』という理由でダイを仲間外れにしたりはしませんでした。

 

まとめ

『ダイの大冒険』の主人公、ダイの故郷はデルムリン島。

デルムリン島はモンスターたちが平和に暮らす、モンスターだらけの島です。

 

南海に浮かぶこの島を、人々は『怪物島』と呼んで恐れ近づきませんが、モンスターたちにとってそれは好都合でしかありません。

『誰にも迷惑をかけず、ひっそりと平和に暮らす』ためには、人間が近くにいないほうがいいのですから。

 

ただし、ダイだけは特別。

 

赤ちゃんの頃に島に流れ着いた孤児であるダイは、鬼面道士ブラスによって育てられ、島のモンスターたちとも大の仲良しです。

誰もダイの事を、『人間だから』という理由で仲間外れにしたりしません。

 

後に『人として』の壁にぶつかるダイ。

もともと人間の手から離れた場所で成長する事を神様に運命づけられていたのかもしれませんね!

 

ダイの大冒険の関連記事はこちらもおススメです(^^)

【ダイの大冒険】ブラスの色が変更になった理由は?鬼面道士のピンクは目立ちすぎ?
2020年放送開始のアニメ『ダイの大冒険』で気になる事のひとつが、ブラスじいちゃんの『色』ではないでしょうか。 水色のような、くすんだ青色の体の色。 落ち着いた色ではありますが、キレイな色とは言えないような・・・ ...
【ダイの大冒険】ゴメちゃんの正体は?デルムリン島の外で凶暴にならない理由も
『ダイの大冒険』の主人公ダイの幼いころからの友達、『ゴメちゃん』。 世界に1匹の珍獣と言わるゴールデンメタルスライムのゴメちゃんですが、どうやらそれは仮の姿。 スゴイ秘密が隠されていたようです。 ゴールデン...
【ダイの大冒険】神の涙は何回まで使える?ゴメちゃんが叶えた7つの願いについても
『ダイの大冒険』には、すべてをひっくり返せるほどの力を秘めた『神の涙』というアイテムが登場します。 手にした者の願いを叶えてくれるという、世界でただ一つの道具である『神の涙』。 しかし、神の涙で叶えられる願いは1回だけな...
【ダイの大冒険】メガンテ発動のアバンとポップの違いは?生きてた理由も
『ダイの大冒険』では、アバンとアバンの弟子であるポップの2人が自己犠牲呪文『メガンテ』を使用しています。 メガンテは自分の命と引き換えに相手を討つ魔法。 呪文を唱えれば、術者の命はありません。 しかし、アバンはメガ...
【ダイの大冒険】ポップとマァムのその後は?メルルの想いはどうなった?
『ダイの大冒険』の物語の中で気になる事のひとつが、ポップの恋の行方ではないでしょうか。 出会った頃からずっとマァムの事が大好きだったポップ。 ポップに告白されてはじめて、ポップへの想いがどのようなものかを考え始めたマァム...
【ダイの大冒険】ダイの行方考察!最後の爆発でも生きてるなら帰ってこれない理由についても
『ダイの大冒険』最大の謎。 それは、大魔王バーンの魔の手から世界を守った勇者ダイの行方ではないでしょうか。 ポップもマァムも、仲間たちは全員無事。 でも人々を守り抜いた勇者がどこへ行ってしまったのか、誰にもわからな...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました