【ダイの大冒険】神の涙は何回まで使える?ゴメちゃんが叶えた7つの願いについても

『【ダイの大冒険】神の涙は何回使える?ゴメちゃんが叶えた願いについても』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『ダイの大冒険』には、すべてをひっくり返せるほどの力を秘めた『神の涙』というアイテムが登場します。

 

手にした者の願いを叶えてくれるという、世界でただ一つの道具である『神の涙』。

しかし、神の涙で叶えられる願いは1回だけなのか、それとも複数回なのかに触れている部分は見当たりません。

 

神の涙は何回まで使う事ができるのでしょうか。

また、実際に神の涙が叶えてくれた『願い』が何だったのかを振り返ってみます。

 

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】神の涙は何回まで使える?

 

手に入れれば天地をひっくり返すほどの力を持つアイテム『神の涙』。

その力が強大なためか、神の涙は『願い』を叶えると砕けてしまいます。

 

願う、叶う、そして砕ける『涙』。

『神の涙』は、1度きりのアイテムなのでしょうか?

 

神の涙に願えるのは1つではない?

願い事のイメージ画像

 

『神の涙』が叶えられる願いは、1つではないようです。

なぜなら、ダイを含め仲間たちの願いを複数回かなえているから。

1つだけしか願いを叶えられないのであれば、神の涙はとっくに砕けてしまっているはずです。

 

叶えられる願いが1つでないとすれば、おそらく神の涙が叶えてくれる願いの上限は『数』ではなくて『大きさ』だと考えられます。

 

例えば、ちょっとした願いであればいくつも叶えられるけれど、大魔王を倒して!のような規模のお願いは1つしか叶えられない可能性があります。

 

 

ダイたちが願っていたのは、たまたま『何かのアイテム』や『魔法』でも叶えられる願いが多かった。

効力を知っている人であれば、わざわざ砕けてしまう『神の涙』を使ったりしないような『小さな』願いだったに違いありません。

 

つまり、ダイたちが叶えてきた願いが『小さい』ものばかりだったからこそ、逆に、いくつもの願いを叶えてこられたのかもしれません。

 

神の涙は砕けるまで使える

『神の涙』が複数回願いを叶えてくれるとすれば、何回まで使用可能なのでしょうか?

3回?5回?それとも10回・・・?

 

神の涙は、願いを叶えると砕けてしまうようです。

まるで、壊れるまで使えるアイテム『いのりのゆびわ』みたいですよね。

 

おそらく、砕けなければ複数回の願いを叶えることが可能。

つまり、『何回まで』という決まりは無い。

 

壊れるか壊れないか、ドキドキしながら使うアイテムと言えそうです。

 

スポンサーリンク

ゴメちゃんが叶えた願い7つ


『神の涙』は、この世でただ一つ。

手にした者の願いを叶えてくれる、夢のような道具です。

そしてそれは同時に、『ゴメちゃん』の事でもあります。

 

『ゴメちゃん=神の涙』、つまりゴメちゃんはモンスターではなくアイテムなのです。

 

思い返せば、いつだって不思議な力を持っていたゴメちゃん。

『神の涙』であるゴメちゃんが叶えてくれた7つの願いとは、どのようなものだったのかを振り返ってみます。

 

ダイの友達になる

神の涙がゴメちゃんの姿になったのは、『友達になってよ』という幼い日のダイの願いを叶えた事が始まりでした。

これが、後の『ゴメちゃん』となる神の涙が、再生後に叶えた1回目の願い。

ダイの友達の姿として現れたのが、ゴールデンメタルスライムの『ゴメちゃん』でした。

 

ダイの願いを叶えた神の涙。

その後10年以上もの長い間、ずっとずっと『ゴメちゃん』はダイの大切な『友達』でいたのです。

 

ダイの体力の回復

クロコダインとの戦いの際、ダイは絶体絶命の大ピンチを迎えます。

そこまで追い詰められてしまった理由、それはクロコダイン自体が強かったという以外にも、妖魔士団ザボエラの入れ知恵によってブラスを人質に取られてしまったからでした。

 

ブラスの前で体を動かす事もできないほどのダメージを受けてしまったダイ。

そして、そこで神の涙は2回目の願いを叶えます。

 

今にもクロコダインの巨大な斧が振り下ろされそうな瞬間。

 

それはブラスの願いだったのでしょうか。

もしくはポップやマァム、みんなの願いだったかもしれません。

 

『ダイを助けて』

 

ゴメちゃんの涙は不思議な光となってダイの体を包み、瀕死状態だったダイは見事に復活しました。

 

ポップを死の淵から救う

超竜軍団のバランは、圧倒的な強さを誇る『竜の騎士』です。

そんな相手に、どんな手も通用しないと感じたポップはアバンの使ったあの呪文、自己犠牲呪文『メガンテ』を唱え、そして死亡しました。

 

『ポップ、生き返って』

 

それは、蘇生呪文『ザオラル』を試みる必死のレオナの願いです。

・・・しかし魔法は成功しませんでした。

 

その頃、ポップが辿り着いたのは死の世界の入り口。

そして、そこに現れたのが『喋るゴメちゃん』。

 

ゴメちゃんはポップに、それ以上行かないで、諦めるなんて弱虫だ、などと発破をかけたのです。

 

弱虫なんかじゃない、先生の敵を討つまでは諦めたりしない。

ポップに強い精神力が芽生えたからこそ、バランの『竜の血』によって蘇る事ができたのです。

 

ちなみにこの『竜の血』、飲めば全員が蘇生できるわけではありません。

生還するだけの強靭な精神力の持ち主でなければ、蘇生は不可能。

 

つまり、『竜の血』に加えて、ゴメちゃんの発破があったからこそ、ポップは自らの精神力で復活できたというワケです。

 

オリハルコン並みの硬さでフェンブレンに攻撃

体がオリハルコンという最高強度の金属でできている、ハドラー直属の親衛騎団5人。

そのうちのひとり『フェンブレン』は、他の4人と違って性格が『残酷』です。

 

そんなフェンブレンの標的にされたのが、死の大地の偵察を行っていたチウたち『獣王遊撃隊』メンバーたち。

そのメンバーには、『ゴメちゃん』も含まれています。

 

弄ぶようにフェンブレンにいたぶられるチウの姿は、とても見ていられるものではありません・・・

『隊長として、みんなを守らなければ』

そんなチウの願いが届いたのかもしれません。

 

ゴメちゃんの体が突然強度を増し、フェンブレンに体当り攻撃。

 

それは最高強度を誇るオリハルコンでできたフェンブレンに、大きな窪みをつくるほどでした。

顔をボッコリへこまされたフェンブレンは、ゴメちゃんのパワーにさぞかし驚いた事でしょう。

 

オリハルコンにはオリハルコン。

つまり、この時ゴメちゃんの体はオリハルコンにも負けない強度になっていた事になります。

 

レオナを魔力炉の吸収から守る

バーンパレスの心臓部、動力部分である『魔力炉』は、意思を持つ生物です。

 

その魔力炉に捕らえられ、魔力も肉体も吸収されそうになるレオナを救ったのは、やはりゴメちゃんでした。

『助けて』というレオナの願い、そしてレオナを『助けたい』というダイの願いを叶えてくれたのでしょう。

 

レオナによると、ゴメちゃんが魔法力を放出し続けてくれたおかげで、魔力炉に吸収されずに済んだのではないか、との事。

 

あまりにも大きな力を使ってしまったのか、これを機にゴメちゃんの体は縮んでしまいます。

 

身動きできない状態で動く

宝玉のイメージ画像

 

大魔王バーンの魔力によって、宝玉の中に閉じ込められてしまったレオナたち。

その中に閉じ込められた状態では、見る、聞く、考える以外の一切の行動をとることができません。

 

仲間が傷つく姿が見えても聞こえても、『動くこと』ができないのです。

目の前で次々とバーンに倒されていく仲間たち。

 

『動きたい、みんなを助けたい』

 

苦戦する仲間を前に、もどかしい気持ちが爆発したのでしょう。

そんなレオナの強い願いが、動けないはずの体を宝玉ごと動かします。

例えるなら、観覧車のゴンドラに乗ったまま観覧車以外の場所へ移動するようなもの。

 

もちろん、これはゴメちゃんの力によるものです。

そして本来動くはずのない宝玉が動いた事により、バーンはゴメちゃんが『神の涙』である事に気づいてしまいます。

 

ダイの声を世界中に届ける

バーンとの戦いの最中に地上に落とされたのは、言わば『時限爆弾』

 

時限装置が作動し始めた今、人々に状況を説明をしているような余裕はありません。

さらに、世界中の人々の協力を得なければ、時限装置の発動を阻止する事もできません。

 

だからこそダイが願った、『自分たちの知っている事を世界中の人に伝えたい』という思い。

 

願いは叶えられ、世界各地にに仕掛けられた超爆弾の氷結作業が各地で進められました。

『ダイの声』を聞いた世界中の人々が協力し合って、爆発を阻止するために奔走したのです。

 

同時に、これが『最後の願い』。

全ての力を使い切ったゴメちゃんとの、お別れの時でもありました。

 

まとめ

『ダイの大冒険』に登場するアイテム『神の涙』は、手にした者の願いを叶えてくれるという不思議なアイテムです。

特に回数制限があるわけではなく、砕けるまで(壊れるまで)の利用が可能と思われます。

 

ほぼ力を使い切る形になってしまったゴメちゃんですが、叶えてくれた願いは以下の7つ。

 

  • ダイの友達になる
  • ダイを回復させる
  • ポップを死の淵から生還させる
  • オリハルコンにも劣らない強度での攻撃
  • 魔法力を放出してレオナを守る
  • 動けない状態を打破
  • 世界の人々にダイの声を届ける

 

 

強大なパワーを秘めた『神の涙』。

 

『神の涙』が叶えてくれていたいくつもの願いよりも、ダイたちの心に残るのは『ゴメちゃんとの思い出』だったに違いありません。

 

ダイの大冒険の関連記事はこちらもおススメです(^^)

【ダイの大冒険】ブラスの色が変更になった理由は?鬼面道士のピンクは目立ちすぎ?
2020年放送開始のアニメ『ダイの大冒険』で気になる事のひとつが、ブラスじいちゃんの『色』ではないでしょうか。 水色のような、くすんだ青色の体の色。 落ち着いた色ではありますが、キレイな色とは言えないような・・・ ...
【ダイの大冒険】ゴメちゃんの正体は?デルムリン島の外で凶暴にならない理由も
『ダイの大冒険』の主人公ダイの幼いころからの友達、『ゴメちゃん』。 世界に1匹の珍獣と言わるゴールデンメタルスライムのゴメちゃんですが、どうやらそれは仮の姿。 スゴイ秘密が隠されていたようです。 ゴールデン...
【ダイの大冒険】メガンテ発動のアバンとポップの違いは?生きてた理由も
『ダイの大冒険』では、アバンとアバンの弟子であるポップの2人が自己犠牲呪文『メガンテ』を使用しています。 メガンテは自分の命と引き換えに相手を討つ魔法。 呪文を唱えれば、術者の命はありません。 しかし、アバンはメガ...
【ダイの大冒険】ポップとマァムのその後は?メルルの想いはどうなった?
『ダイの大冒険』の物語の中で気になる事のひとつが、ポップの恋の行方ではないでしょうか。 出会った頃からずっとマァムの事が大好きだったポップ。 ポップに告白されてはじめて、ポップへの想いがどのようなものかを考え始めたマァム...
【ダイの大冒険】ダイの行方考察!最後の爆発でも生きてるなら帰ってこれない理由についても
『ダイの大冒険』最大の謎。 それは、大魔王バーンの魔の手から世界を守った勇者ダイの行方ではないでしょうか。 ポップもマァムも、仲間たちは全員無事。 でも人々を守り抜いた勇者がどこへ行ってしまったのか、誰にもわからな...
【ダイの大冒険】デルムリン島がモンスターだけなのはなぜ?ダイが暮らしている理由も
『ダイの大冒険』のダイの故郷、デルムリン島はモンスターばかりが住んでいる島です。 そもそも、なぜデルムリン島にモンスターばかりが集まっているのでしょうか。 また、モンスターだらけの島でダイが暮らしているのはなぜなのでしょ...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました