M愛すべき人がいて・あゆ役安斉かれんの演技が残念?棒読みで下手すぎると話題?

光と影のイメージ画像 映画・ドラマ

2020年4月18日『M愛すべき人がいて』の放送が開始されましたね。

開始されると同時に田中みな実さんのビジュアルや演技力が大きな話題となりました。

 

逆に、ちょっとだけ辛口な意見も見られたのが、あゆ役『安斉かれん(あんざいかれん)』さんの演技力について。

 

本業が歌手である彼女に演技力を求めるかどうかは別ですが、安斉かれんさんの棒読みと言われてしまった演技力について紹介します

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて・あゆ役で安斉かれんは演技初挑戦

本業が『歌手』という安斉かれんさんは、歌手デビューしてからまだ1年経っていません。

まもなく歌手デビュー1周年を迎える彼女ですが、当然ながら演技はほぼ経験なし。

本格的な演技は、この『M 愛すべき人がいて』で初挑戦しているのだそうです。

 

突然の主役抜擢、演技経験なしって、ある意味スゴイですよね。

 

アユそっくりで実在するのかが話題に

アユ役が決定した際には『誰?』『アユそっくり!』『実在する人?』などと話題になりましたが、いよいよドラマの放送も開始され、知名度もグッと上がったのではないでしょうか。

ドラマ内で動いているのを見て、『実在していた!』と感じた方もいるようですね(笑)

 

実在するのかしないのか、これもドラマを盛り上げるためのイメージ戦略だったのかもしれません。

 

本業は歌手

avexから歌手デビューしたのは、令和始まりの日、2019年5月1日の事。

デビュー曲は『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』・・・長いタイトルですね(汗)

 

ライトノベルを彷彿とさせる曲名ではありますが、曲調もアユを意識しているのかいないのか、やや懐かしい感じのものになっています。

 

歌唱力に関しては『M 愛すべき人がいて』を見ての通り。

堂々と生歌も披露してくれていました。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて・あゆ役安斉かれんの演技力は棒読みで下手すぎる?

今までテレビでの露出はほぼ見られなかった安斉かれんさんですが、歌手デビュー後まもなくアユ役に大抜擢。

彼女の初挑戦の演技力の評価はどのようなものだったのでしょうか。

 

安斉かれんの演技力評価はイマイチ

安斉かれんさんが初めて演じた『アユ』の物語。

本格的な演技に挑戦とあって注目されましたが、評価は『まあまあ』・『棒読み・・・』・『下手すぎ』と言うところのようです。

 


棒読み感は否めませんが、演技力抜群の田中みな実さんが共演しているわけですし、今後は少しずつレベルアップしていくのでしょう。

周りに演技の上手な方がいらっしゃるので、棒読みセリフが悪目立ちしているようにも感じます。

 

安斉かれんの演技は初々しい

『初々しい演技をする安斉かれん』を観るなら、今がチャンスです。

このドラマをキッカケとして、どんどん役者としての仕事が増えていくと、当然ですが『演技力』も磨かれていきますよね。

 

すると、『棒読み演技』は再現しようにも出来ないものになってしまうんです。

嬉しいような寂しいような・・・

 

初々しさを見せてくれるアユ役安斉かれんさんの棒読み演技って、かわいらしくてクセになりそうです(笑)

回を追うごとに演技に変化があらわれるのか、というところにも注目したいですね!

 

まとめ

アユに似ていると話題の安斉かれんさん。元々ファッションメディアに登場する事はあったようですが、その存在はあまり知られておらず、アユ役に抜擢された事で一気に注目を集めました。

 

しかし安斉かれんさんの演技は、とても上手とは言えないもの

演技力がイマイチかな・・・という意見も多いですが、彼女はまだまだ発展途上。

これからスゴイ事になる可能性もありますよ!大化けするかもしれません(笑)

 

そのうち、あの頃はこんな棒読み演技していたんだね、と懐かしがられる日が来る・・・かも?

期間限定の可能性もある初々しい『棒読み演技』は、今のうちにしっかり楽しんでおきましょう。

 

演技も本業の歌手も、今後のさらなる活躍を期待したいですね!

 

 

『M 愛すべき人がいて』についての記事はこちらもどうぞ!

M愛すべき人がいて田中みな実が眼帯をつけているのはなぜ?マサの美人秘書役で演技力にも注目

M愛すべき人がいて第1話のあらすじと感想!見どころと評価についても

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました