M愛すべき人がいて田中みな実が片目で眼帯をつけているのはなぜ?マサの美人秘書役で演技力にも注目

光と影のイメージ画像 映画・ドラマ

フリーアナウンサーの『田中みな実』さんが出演するドラマ『M 愛すべき人がいて』では、謎めいた美人秘書役という事以上に違和感が半端ない『眼帯』が話題です。

田中みな実さん演じるマサの秘書『姫野礼香』は、なぜ眼帯を付けているのでしょうか?

 

そして『狂気が回を追うごとにエスカレートしていく』という姫野礼香を田中みな実さんがどのように演じていくのか、過去に話題になったような怪演を見せてくれるのか、非常に楽しみな作品です。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいての田中みな実が片目で眼帯をつけているのはなぜ?

おそらくドラマ内で明かされていくであろう『眼帯の謎』

礼香とマサとの間には何らかの過去があり、その過去に関係する『眼帯』のようです。

 

眼帯の理由はケガが有力

片目を隠している理由として考えられるのは、

  • ケガ
  • 病気
  • 異常な感じを出すため

などが考えられます。確かに異常さは感じますが『ドラマの内容と関係のない眼帯』とは考えにくいので、ケガまたは病気で片目、もしくは目の部分に何らかの見せたくない秘密を抱えているのかもしれませんね!

 

 

そしてマサとの過去に関係あるとすると、マサに関係する何らかの事故でケガをした可能性が高いのではないでしょうか?

第1話の放送では、マサに『私の目の代わりになるって言ったよね?』と迫っていますから、眼帯をしている片目は視力を失っている、もしくはほとんど見えていないのかもしれません。

 

もしくは、ケガをしたけれど実は完治していて、ケガを理由にマサに迫っている女性でしょうか。

だとしたら、計画的すぎて怖いですね・・・

 

追記:第4話視聴後・田中みな実(姫野礼香)が片目で眼帯をしている理由

第4話では、ついに片目を眼帯で覆っている理由が判明しました。

眼帯をしている理由は、『片目にケガをしたから』が正解!

 

ケガの状況を詳しく説明すると・・・

田中みな実さんが演じる『姫野礼香』はマサの結婚式に出席、飲みすぎているマサに声を掛けた際にマサと接触。

バランスを崩して階段から転げ落ち、持っていたグラスが目に刺さってしまった。

 

割れたワイングラスの画像

 

これが眼帯をしている理由でした。

しかもその様子から察するに、視力、ひょっとしたら眼球も失っているかもしれません。

 

 

・・・ただ、あの姫野礼香です。

これが本当にただの事故だったのかどうか、疑ってしまいますよね・・・

もし、この時点では礼香の気持ちがマサに向いていなかった場合、この事故をキッカケにして、マサに対しての想いを募らせていったことになります。

だってマサは礼香の目の代わりになってくれるって言っちゃいましたから。

 

一方で、この事故の時点で既に礼香がマサの事を好きだった場合、事故そのものが礼香によって仕組まれたものの可能性もあります。

 

だって、あの狂気の女、姫野礼香です。

マサがそばにいてくれるなら片目を失うくらいなんでもない、という考え方をしそうです。

目的のためには手段を選ばない女、それが姫野礼香なんですから。

 

気になる眼帯の形と色

色や形も『コスプレ?』と思ってしまうよう不思議な眼帯、田中みな実さんが付けている事で怪しげな雰囲気が増しています。

 

布製には見えない、固い素材で出来ているように見える眼帯。

目から浮いているのも気になります。

『鳩サブレ?』、『みかん?』、『銘菓ひよこ?』、『博多通りもん?』と話題になっているように、くすんだオレンジ色にも意味があるのかもしれませんね。

 

今後明かされるであろう『眼帯』の謎、目が離せません。

 

追記:L礼香の真実徹底紹介SP視聴後・眼帯の形と色の理由

不思議な形の眼帯と、一般的にはなかなか選ばないような色合い。

この眼帯について、田中みな実さんは『L礼香の真実 徹底紹介スペシャル』内で語っていらっしゃいました。

 

田中さんによると、原作には登場しない人物『眼帯をした姫野礼香』という役のため、まず最初に行われたのは『眼帯のフィッティング』だったとか。

 

そこで色々な眼帯を試着し、黒でもなく白でもなく・・・の末に決まったのが、あのオレンジ色っぽい眼帯。

つまり、田中みな実さんの目にフィットする眼帯であり、イメージ通りでしっくりくる色合いのものが姫野礼香の眼帯になった、というワケです。

 

いや、でもこの眼帯、当たりですよね!

ただの白い眼帯だったら全然話題にならなかったのではないでしょうか。

 

もし黒いアイパッチだったとしたら、眼帯部分が悪目立ちしてしまうかもしれません。

薄いオレンジ色が田中みな実さんの髪の毛や肌の色ともマッチして、もはや体の一部のように見えてきています。

 

スポンサーリンク

M愛すべき人がいて田中みな実の強烈演技力にも注目

田中みな実さんと言えば『元TBSアナウンサー』であり、『ぶりっこ』のイメージが強いかもしれません。

幼少期を海外で過ごされていた田中さんは、モデルの仕事の経験もあり、青山学院大学の『ミス青山コンテスト2007』で準ミスに選ばれるほどの美貌の持ち主。

女性からは『ぶりっこ』の部分のウケが悪いかもしれませんが、2019年の『奪い愛、夏』で演じた井川瞳役では、狂気に満ちた演技の他、艶っぽいセクシーさも話題となりました。

 

 

そして今回の『M 愛すべき人がいて』での『謎の眼帯を付けた、アユに執拗な嫌がらせをするマサの美人秘書』という、最初からツッコミ要素満載の役どころは田中さんにピッタリなのではないでしょうか。

田中さんは私生活でも『重たい女』である事を告白されていますが、『嫉妬に駆られてアユに執拗な嫌がらせをする』という役どころにも、実体験が活かされるのかもしれません。

 

ガラリと豹変するような怪演を見せてくれる田中みな実さん。

演技が怖いと評価は上々(?)です。

 

 

回を追うごとに増す『狂気』と『怪演』に注目です。

 

まとめ

浜崎あゆみ誕生の物語『M 愛すべき人がいて』は、歌姫誕生の秘話が描かれるとともに、芸能界の裏側、ドロドロとした愛憎劇が描かれています。

そこに必須ともいえる強烈な印象のキャラクター『姫野礼香』が投じられ、それをアナウンサーでありながら演技の評価も高い『素が強烈』のキャラクター『田中みな実』が演じる事によってどんな化学反応が起きているのか、嫌でも期待してしまいますよね。

 

眼帯の謎はいつ明かされるのか、田中みな実さんの演技は最終的にどのくらいの『狂気』を感じることになるのか、今後も大きな話題になりそうです。

 

 

『M 愛すべき人がいて』についての記事はこちらもどうぞ!

M愛すべき人がいて・あゆ役安斉かれんの演技が残念?棒読みで下手すぎると話題?

M愛すべき人がいて第1話のあらすじと感想!見どころと評価についても

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました