ムーランの実写とアニメの違いは?不死鳥や悪役魔女との関係も

不死鳥のイメージ画像 映画・ドラマ

ディズニー映画実写版『ムーラン』の配信が2020年9月4日から開始されましたね。

 

配信されているのはディズニー公式動画配信サービスの『ディズニープラス』。

ディズニープラスの月額会費700円(税抜き)とは別に、追加料金の2,980円(税抜き)を支払う事で実写版『ムーラン』の視聴が可能になります。

 

実写版『ムーラン』を実際に視聴しての実写版とアニメ版の違いはどこだったのか、また、気になる不死鳥(鳳凰)や悪役となる魔女シェンニャンとムーランの関係についても説明します。

 

スポンサーリンク

ムーラン実写とアニメの違いは?

ディズニー映画『ムーラン』の実写版とアニメ版での違いを挙げてみます。

アニメ版のファンから見れば、残念に思う部分もあるかもしれませんが、実写版ならではの良さが感じられました。

 

ムーランの男装時の名前が違う

アニメ版『ムーラン』では、男の姿になったムーランは『ピン』と名乗っています。

突然名前を聞かれて悩んだ末に、無理やり答えた名前でした。

 

一方の実写版『ムーラン』では、男装時『ピン』ではなく、『ファ・ジュン』と名乗っています。

つまり、ファ家の『ジュン』ですね。

 

登場キャラクターが違う

アニメ版『ムーラン』と比較すると、アニメで重要人物と思われるキャラクターにも変更がありました。

アニメ版で登場して、実写版には登場しないキャラクターと、代わりになっているキャラクターを紹介します。

 

ファ家の元守り神のムーシュー

 

アニメ版『ムーラン』に登場した龍のような姿のファ家の元守り神『ムーシュー』は、小さくて陽気なキャラクター。

いかにもディズニーアニメらしい、と言えるキャラクターでもあります。

 

戦いの場に行くムーランを(成り行きで)守るために、ムーランにくっついていったのでしたよね。

 

そんなアニメ版の重要キャラクター『ムーシュー』は、実写版には登場しません。

もしムーシューが実写版に登場していたら、ドタバタ系の愉快な映画になったかもしれませんね。

 

実写版ではムーシューの代わりに、静かにムーランを見守る存在として『不死鳥』が登場します。

 

隊長リー・シャン

アニメ版でムーランの恋の相手であり、討伐隊隊長『リー・シャン』は実写版には登場しません。

恋の相手が登場しないってどういう事?となってしまうアニメ版ファンもいらっしゃいますよね。

 

実写版ではリー・シャンのような存在の帝国軍新兵の『ホンフイ』と、帝国軍司令官『タン』が登場しています。

 

『リー・シャン』が、『ホンフイ』と『タン司令官』に分かれたようなイメージです。

 

『ホンフイ』は、最初はムーランに警戒されていたものの、徐々に信頼し合う仲になっていきます。

『タン司令官』は帝国軍の中で特に腕の立つ、頼れる存在です。

 

アニメ版の敵役シャン・ユー

アニメ版に登場する『シャン・ユー』は、実写版には登場しません。

登場しないというとちょっと違うのかもしれませんが、実はシャン・ユーという名前自体は遊牧民の王を意味しているもので、キャラクターそのものの名前ではないようです。

 

シャン・ユー的な存在として実写版に登場するのが『ボーリー・カーン』。

ボーリー・カーンは、過去に父親を殺した皇帝に恨みを持っている人物です。

 

アニメ版のシャン・ユーがハヤブサを従えていたように、ボーリー・カーンの傍にはその姿を鳥に変える事ができる魔女『シェンニャン』がいます。

 

ムーランのおばあちゃん

アニメ版に登場していたムーランのおばあちゃんは、実写版には登場しません。

アニメ版ではなかなかいい味をだしていましたけど・・・

 

その代わり、実写版ではムーランに『シウ』という名前の妹が登場しています。

女の子ばかりの家で息子がいない、という部分を強調したのでしょうか。

 

妹『シウ』は男勝りのムーランと違って、屋根の上を飛んだり跳ねたりする事はありません。

虫のクモが大嫌いの、いかにも女の子というキャラクターです。

 

一部内容が変更されている

ネタバレとなってしまうため多くは書きませんが、実写版ムーランでは、アニメ版から内容が変更されている部分がいくつか見られます。

 

例えば、実写版冒頭の、ムーランに武術の才能があると思わせるようなシーン。

子供のうちから、まるで鳥ような身のこなしを習得しています。

 

それを実写版では『気』と呼んでいるようですね。

 

女の子だから『気』を隠さなければならない、女の子に戦う力はいらない。

つまり実写版では、男にも負けない力と才能を持っている『ムーラン』が、女である事以外にも、その能力を隠しているという設定になっています。

 

これが、実写版のテーマでもありますね。

『アナと雪の女王』のエルサを思い起させます。

 

実写ムーランのネタバレあり感想はこちらの記事をどうぞ!

ムーラン実写版のネタバレと感想!アナ雪エルサとの共通点も
いよいよディズニー映画実写版『ムーラン』の配信が開始されました。 実写版のムーランの視聴ができるのは、現時点ではディズニー公式動画配信サイトの『ディズニープラス』のみ。 しかもディズニープラスの会費以外に追加料金が必要という泣か...


ラストが違う

アニメ版では、男の姿で戦いに参加し、途中女性であることがバレてしまっても、最終的には皇帝の命を救う事になるムーラン。

それなのに実家に戻れば、『男でも連れて帰りゃいいのに』なんて言われようです。

 

あくまでもアニメ版では、女性であるムーランの幸せは『王子様』と結婚する事なのでしょう。

 

待ってましたと言わんばかりにラストシーンに登場する隊長『リー・シャン』。

2人の恋が始まる予感しかしませんでしたね。

 

しかし、実写版では・・・

『王子様』との結婚はありません。

 

実写版では女の子の幸せは結婚、という流れを大いに打ち破り、ありのままの姿で生きる女性を描いたのが実写版『ムーラン』というわけです。

 

ディズニープラス公式ページはこちら

 

ムーランと不死鳥の関係

 

ディズニー実写版『ムーラン』では、アニメ版に登場したファ家の元守り神で龍(ドラゴン)の姿をしたムーシューが登場せず、代わりに先祖の使いである不死鳥(鳳凰)が登場します。

この不死鳥はムーシューと違って、積極的にムーランと関わる事も喋る事も調子に乗る事もありません。

 

道に迷った時、魔女と対峙して負けた時、ムーランとして使命を果たそうとする時、皆がムーランを認めた時・・・

 

そこにはいつも不死鳥の姿がありました。

不死鳥の姿を見たムーランは、きっと勇気づけられた事でしょう。

 

実写版ムーランにおける不死鳥は、『ムーラン』という存在を認め、見守り、さらにムーランの心の拠り所だったと言えます。

 

スポンサーリンク

ムーランと悪役魔女シェンニャンとの関係


実写版『ムーラン』に登場し、アニメ版には登場しないキャラクター『シェンニャン』。

魔女シェンニャンは強い『気』の力を持ち、その強大すぎる力ゆえに周囲から恐れられた人物です。

 

ディズニーヴィランズとしての存在

『魔女』であるシェンニャンは、ディズニーアニメで言うところの『ディズニーヴィランズ』の1人でしょう。

自らの居場所を求め、『ボーリー・カーン』のもとでその力を存分に発揮しています。

 

皇帝を守るムーランにとっては、皇帝の命を狙う『敵』。

シェンニャンは鳥に姿を変えて空を飛び、魔法を操ります。

 

しかもその強さは圧倒的で、武術の才能あふれるムーランでさえもわずかにシェンニャンの皮膚を傷つける程度。

実際には手も足も出ませんでした。

 

ムーランの鏡としての存在

魔女『シェンニャン』は、その圧倒的すぎる力ゆえに、自らの居場所を失ってしまった悲しい人物でもあります。

 

力を見せれば、周囲が恐れる。

ひとりの『女性』としては見られない。

 

魔女は、女性という事を隠し兵士として戦っている男装のムーランと、誰にも受け入れられない自分を重ねているのでしょう。

 

一方のムーランにとっては、敵であると同時に、自らの姿を映した鏡とも言える存在なのではないでしょうか。

 

自らを偽る自分と、自分を隠さない魔女。

男たちの中に紛れるようにしている自分と、自分の居場所を見出そうとする魔女。

 

ムーランは魔女の言葉を受けて、『女性である自分』を隠すことをやめました。

つまり、ムーランは『自分』を乗り越えたんです。

 

『偽りの姿』を捨てる事。

『ありのままの自分』でいる事。

 

ムーランに本当の自分の大切さを教えてくれたのが、魔女シェンニャンだったという事ですね。



 

まとめ

女性でありながら男性として兵士になり、戦いの場に身を置く『ムーラン』。

キッカケは、息子のいないファ家から『男性』として招集された父『ファ・ズー』を思っての事でした。

つまり、親孝行のためだったのですね。

 

そんな『ムーラン』のアニメ版と実写版の大きく違うところは、登場キャラクター、内容、ラストシーンでしょう。

 

ただし、期待していたものと違う、というよりは『より良いものになった』という印象を受けました。

1998年に公開されたアニメ版『ムーラン』が時を経て、現代向けになったようなイメージです。

個人的な感想を言えば、アニメ版よりも実写版のほうが面白いと感じました。

 

 

日本ではあまり人気がなかったというディズニーアニメ版『ムーラン』。

実写版『ムーラン』は多くの人に受け入れられる映画として生まれ変わっています。

 

気になる方はぜひ、『ディズニープラス』をチェックしてみてくださいね。

ディズニープラス公式ページ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました