【キミ戦】使徒聖メンバーと能力まとめ!帝国の構造と八大使徒についても

『【キミ戦】使徒聖メンバーと能力まとめ!帝国の構造と八大使徒についても』のアイキャッチ画像 アニメ

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』に登場する帝国側の切り札『使徒聖』。

使徒聖構成員は現在11名、さらには『八大使徒』と呼ばれる幹部の存在もあります。

 

使徒聖のメンバーとその能力、『帝国』の構造や八大使徒についても解説します。

 

スポンサーリンク

【キミ戦】使徒聖のメンバーと能力

使徒聖は、天帝直属の『最高位戦闘員』、あるいは『天帝の直属護衛』です。

また、天帝直属である彼らは、自由裁量で処刑が認められた最高権力者でもあります。

 

使徒聖の逆鱗に触れれば、即処分される可能性もある、という事ですね。

 

最高位戦闘員、天帝の護衛・・・

そんな使徒聖の構成メンバーと能力を紹介します。

 

※現時点で不明なものは判明次第、追記いたします。

 

使徒聖第一席:騎士ヨハイム

使徒聖第一席『ヨハイム』は、甲冑とコートが一体化した戦闘衣を身に纏う騎士です。

 

頭髪は紅色。

細身の剣と『瞬(またたき)』の異名を持つヨハイムは、実はネビュリス皇庁生まれの星霊使いです。

つまり、星霊術を操ることができる帝国の騎士

 

使徒聖の第一席、星霊使い、今後の物語を大きく左右しそうな存在感がありますね。

 

使徒聖第二席

使徒聖第二席については、現時点では不明です。

 

使徒聖第三席:冥

使徒聖第三席『冥(めい)』は、野性味あふれる女性兵士です。

その五感は人間離れしており、鋭い八重歯がのぞく口元はまるで獰猛な獣のよう。

小柄な体に宿っているとは思えないほどの『パワー』は、体重100kgほどの兵士を片手で軽々と放り投げられるほどの凄まじいものなのです。

 

そんな『降りそそぐ嵐』の異名を持つ彼女の武器は、毎秒1000発の弾丸を発射するという艦載兵器、『暴嵐荒廃の王(ルインドキング・ハリケーン)』です。

 

使徒聖第四席:機構司令部マグナカッサ局長

使徒聖第四席の機構司令部『マグナカッサ』局長

現時点で判明しているのは、役職名と名前のみです。

 

使徒聖第五席:璃酒

 

ミスミス隊長の同期である使徒聖第五席『璃酒(りしゃ)』は、使徒聖でありながら『天帝参謀』という役割も持っています。

フルネームは璃酒・イン・エンパイア。

体力、戦闘技術にも長けており、見た目は秘書のように知的、一言でいうなら『万能の天才』。

 

ミスミスの同期という事で、璃酒もまた22歳です。

しかし、本人は『4回目の22歳』と言っているため、年齢に関しては重大な秘密がありそう。

 

天帝も100年間変わっていませんからね・・・

似たような存在なのかもしれません。

 

しかも、璃酒の体には『紡(つむぎ)』の星霊が宿っています。

帝国の使徒聖でありながら、星霊術をあやつる璃酒。

 

このあたり、帝国の良からぬ思惑が見え隠れしています。

 

使徒聖第六席

使徒聖第六席については、現時点では不明です。

 

使徒聖第七席

使徒聖第七席については、現時点では不明です。

 

使徒聖第八席:ネームレス


使徒聖第八席『ネームレス』。

使徒聖になってからも、暗殺者であった頃の『ネームレス』という通称を使用している彼は、帝国の刺客部隊から使徒聖に昇級した、銃を用いない格闘技能の達人です。

 

その見た目は明らかに異様で、体を覆っているのは頭から足先までの鈍色のコートスーツ。

声も電子音という徹底ぶり。

ただし、口数は少なめのようです。

 

暗殺者であり左手は義手、『神の見えざる手』という異名と何か関係があるのでしょうか。

 

使徒聖第九席:スタチュール

使徒聖第九席『スタチュール』は、『天獄』と呼ばれる監獄の門番をしている人物。

身長2mを超える大男です。

 

大きな体とは対照的に、食事は小さなパン1つなど。

なぜなら、彼の体は熱量変換率が常人の10倍以上という特殊なものだから。

常人のように食事をすれば、『栄養の摂りすぎ』であっという間に体が膨れ上がってしまいます。

 

また、常人のように体を鍛える目的での鍛錬も、同じようにすれば『鍛えすぎ』とな自壊するというとんでもない『筋肉成長作用』を持っています。

 

使徒聖第十席:サー・カロッソス・ニュートン研究室長

使徒聖第十席、オーメンの研究室長である『ニュートン』。

『オーメン』とは、星霊研究が禁忌とされる帝国で唯一、星霊研究が許されている機関です。

 

ニュートン室長、通称『もっとも不健康な研究員』。

その呼び名の通り、体つきは風が吹いたら折れそうなほど弱々しいものであり、使徒聖という最上位戦闘員でありながら戦うことはありません。

 

使徒聖第十一席:機工士ガルガンリィ

使徒聖第十一席の機工士『ガルガンリィ』。

現時点で判明しているのはその名前と、『不在(ノーヒア)』という異名のみです。

 

姿なくとも攻撃できるような能力があるのでしょうか・・・

 

元使徒聖:イスカ


使徒聖、これはかつて『イスカ』に与えられていた称号です。

しかし1年前、イスカは魔女脱獄事件の犯人として使徒聖の称号を剥奪されていますから、現在では『元』使徒聖という立場、ただの一般兵士のひとりです。

 

釈放されても、使徒聖という立場までは戻ってきませんでした。

まあ、『犯罪者』にあたるので無理もありませんが・・・

 

最年少で使徒聖の座に就いたものの、戦場へ赴く前にその役を解かれてしまった事が原因で、ネビュリス皇庁側にもイスカが『使徒聖』だったという記録がありませんでした。

 

イスカは黒鋼と白鋼の双剣を操り、星霊エネルギーを斬る事ができます。

対星霊使い特化の剣士でもあります。

 

元使徒聖筆頭:クロスウェル

イスカの師匠『クロスウェル』は、かつて使徒聖として帝国を守っていました。

しかも、元使徒聖『筆頭』。

 

黒鋼と白鋼の『星剣』をイスカに譲り渡した後は旅にでも出てしまったのか、行方がわかりません。

 

スポンサーリンク

【キミ戦】帝国の構造と八大使徒

デジタルのイメージ画像

 

通称『帝国』、別名は『機械仕掛けの理想郷』。

正規の名称は、第一要塞領域『天帝国』です。

 

この国の構造と、八大使徒と呼ばれている人物について説明します。

 

帝国は天帝ユンメルンゲンを頂点とする国

『天帝ユンメルンゲン』

その人物は帝国の首長であり象徴です。

 

天帝は国民には明かされない方法で選ばれてきましたが、そこに疑問を抱く者はいません。

現在の帝国の首都は、天帝の名を冠して『帝都ユンメルンゲン』。

 

天帝ユンメルンゲンは実は100年前より1度として変わった事がありません。

100年前から、と言えば、少なくとも普通の人間ではないという事ですよね。

それでも国民が疑問を抱かない理由は・・・

 

国民の前に姿を現している天帝は、実は『影武者』だから。

 

本物の天帝ユンメルンゲン、つまり天帝の正体を知る人物は、八大使徒や上位使徒聖以外にありません。

現在『天帝閣下』として国民の前に度々姿を現しているのは、髭を生やした体格のいい男性。

 

『本物の』天帝ユンメルンゲンが100年変わっていませんが、『影武者』の天帝ユンメルンゲンは交代を繰り返しています。

時々違う人が『天帝』になるから、国民は変に疑問を抱きません。

 

現在の影武者は、実に『9代目』となります。

 

帝国議会と八大使徒

天帝に代わって帝国の実権を握っているのは、『帝国議会』と呼ばれる帝国の最高意思決定機関です。

帝国議会の別名が『見えざる意思』、その由来はどんな地図にも議事堂の場所が記載されていない事に由来しています。

 

その帝国議会を統括しているのが8人の最高幹部、『八大使徒』と呼ばれる人物たち。

つまり、この8人によって帝国が動かされているという事でもあります。

 

八大使徒は議会に姿を見せることはなく、議会場の壁に設置されたモニターにぼんやりとした輪郭が映る程度(アニメ版ではモニターに映っているのは文字のみ)。

現段階では、八大使徒のその姿や能力についての描写はありません。

 

まとめ

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』の物語に大きく関わっている『帝国』。

帝国は主人公イスカの出身国であり、ヒロインの星霊使いアリスにとっては敵対国でもあります。

 

そんな帝国に君臨するのが、『天帝ユンメルンゲン』

帝国の実権を掌握している最高意思決定機関が『帝国議会』であり、帝国議会を統括する最高幹部が『八大使徒』と呼ばれる8人の人物です。

 

また、天帝には直属の『使徒聖』と呼ばれる戦闘員がおり、それぞれが圧倒的な能力の持ち主。

敵に回ればやっかいな人物ばかりで構成されています。

 

今後『帝国』は何処へ向かうのか、天帝や八大使徒の思惑はどこにあるのか、物語はますます盛り上がっていきそうです。

 

キミ戦については、こちらのまとめ記事もどうぞ!

相関図や登場人物についてまとめています。

【キミ戦】相関図と登場人物まとめ!帝国とネビュリス敵対の裏で繋がっているのは誰?
『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』では、物語が進むにつれ、単に敵国同士の関係とは言えない『帝国』と『ネビュリス皇庁』の姿が浮き彫りになってきます。 複雑になっていく登場人物同士の関係。 わかりやすく、相関...
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました