ラプンツェル子供時代の日本語声優は諸星すみれ!経歴や出演作品についても

スカイランタンの画像 映画・ドラマ

ディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルは、金色の長い髪と緑色の大きな目が魅力的なプリンセスですよね。

ラプンツェルの日本語版声優を務めたのは『中川翔子』さん、そう、しょこたんです。

 

そしてラプンツェルには悪女『ゴーテル』に育てられている幼少期のシーンもあり、かわいらしい声がとっても印象的なんです。

この子供時代のラプンツェルを演じているのは誰なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

ラプンツェルの子供時代は諸星すみれが演じている

出演時間は多くありませんが、ゴーテルに髪の毛をととのえてもらっているシーン、歌声と共に魔法の髪の毛が光ります。

この幼少期のラプンツェル、とってもかわいらしい声をしていると思いませんか?

 


子供時代のラプンツェルの声優を務めるのは『諸星すみれ(もろほしすみれ)』さんという方。

『魔法の花』を歌うシーンは見入ってしまいました(笑)

 


実は映画『塔の上のラプンツェル』では、数々のディズニーアニメと同じく『歌』が度々登場しますが、ラプンツェルの歌のシーンは中川翔子さんではなく、『小此木麻里』さんという方が代役を務めているんです。

しょこたんの声とソックリなので、全く違和感がありませんよね!

 

一方、子供時代のラプンツェルはセリフも歌もどちらも諸星すみれさんが演じています。

 

スポンサーリンク

諸星すみれの経歴・出演作品は?

子供時代のラプンツェル、声も歌もとってもかわいらしくて魅力的な諸星すみれさんですが、一体どのような方なのでしょうか?

 

諸星すみれの経歴

『諸星すみれ(もろほしすみれ)』さんは1999年4月23日生まれの21歳、神奈川県出身の人気声優さん。

『塔の上のラプンツェル』が日本で公開されたのは2011年ですから、当時はまだ小学生だったという事になりますね。

 

 

諸星さんは3歳の頃から『劇団ひまわり』に所属されており、子役として活躍、その後2006年からは声優としての活躍が目立つようになり、2009年頃からは声優を軸として活動しています。

幼いころから彼女の声の演技の評価は高かったようです。

 


2019年に歌手デビュー、2020年にはファーストシングルも発売されて、ますます活躍が期待されています。

 

諸星すみれの出演作品

『声優』としての諸星すみれさんの出演作品は数多く、諸星さんを知らなかったという方でも作品を挙げれば『ああ知ってる!』となるかもしれませんよ。

代表的なものを挙げてみます。

 

 

  • 『アイカツ!』星宮いちご役
  • 『アイカツスターズ!』如月ツバサ役
  • 『東京喰種トーキョーグール』笛口雛実役
  • 『ハイキュー!!』谷地仁花役
  • 『文豪ストレイドッグス』泉鏡花役
  • 『約束のネバーランド』エマ役
  • 『トイ・ストーリー3』ボニー役
  • 『シュガー・ラッシュ』ヴァネロペ役
  • 『アナと雪の女王』アナ(幼少期)役

 

 


諸星さんの出演作品のほんの一例ではありますが、知っている作品はありましたか?

幼い声、かわいい声での出演が多いようですが、彼女の声を聞けば納得ですね!

 

まとめ

ディズニーアニメ『塔の上のラプンツェル』。

ディズニープリンセスの中でも一番目が大きいと言われる『ラプンツェル』、王子様ではないけれどイケメンの『フリン・ライダー(ユージーン)』、まるで魔女のような『ゴーテル』、馬の『マキシマス』やカメレオン『パスカル』など魅力的なキャラクターが多く登場する作品です。

 


もちろん主人公を演じる中川翔子さんの声はとっても素敵ですが、物語の序盤でしか喋る姿を見られない幼少期のラプンツェルは、わずかな時間の出演とは思えないほど印象的。

幼さを感じるかわいらしい声、子供らしい歌声、序盤だけではもったいないと感じてしまいます。

 

『塔の上のラプンツェル』、子供時代のラプンツェルが登場するシーンは必見!

きっと心に残る場面になりますよ。

 

 

塔の上のラプンツェルのイケメン『フリン・ライダー』についての記事はこちら

塔の上のラプンツェル・フリン(ユージーン)にモデルはいる?似ていると話題の人物まとめ

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました