トイストーリー3の怖い猿の名前は?モデルのサルのおもちゃの評判についても

おもちゃで遊ぶ子供のイメージ画像 映画・ドラマ

『トイストーリー3』のサニーサイド保育園の監視役、シンバルを持った不気味なサルは子供が見たら泣いてしまうレベルの怖さですよね。

薄暗い監視室の中でじっと画面を見つめているサル・・・

サルの顔に監視カメラの画面の光がぼんやりと反射して、より不気味さを増しています。

 

こんな怖いおさるさん、本当に子供のおもちゃなのでしょうか?

 

今回は監視役のサルの名前とモデルとなったおもちゃの評判について紹介します。

 

スポンサーリンク

トイストーリー3の怖い猿の名前は?

数々の新しいおもちゃたちが新登場する『トイストーリー3』の中でも、変な意味でとても印象的な猿のおもちゃ。

このおサルさんに名前はあるのでしょうか?

 

トイストーリー3での猿の呼び名は猿

逃げようとしてもサニーサイド保育園からは逃げられない、それはどんな動きにもすばやく反応する『猿』がガッツリ監視カメラで見張っているからです。

この監視役のおさるさん、見た目がとっても怖いサルは、『猿(Monkey)』と呼ばれています

 


『猿』が名前というよりも、特に名前らしいものが付いていないという事かもしれません。

作品中でも『あの猿を何とかしないと・・・』のように、『猿』という名称以外で呼ばれている場面は無く、英語での字幕も『Monkey』以外には見当たりませんでした。

 

おさるさんと呼ぶにはちょっと怖いし、『猿』と呼ぶのも可愛くないのが残念です・・・

 

モデルになった猿のおもちゃの名前はわんぱくスージー

楽器のシンバルを両手に持って、充血しているように見える目が飛び出すサルのおもちゃ『猿』。

これは昭和の時代に実在したおもちゃがモデルになっています。

 

 

昭和の子供が遊んでいた当時の名前は『わんぱくスージー』。

日本のおもちゃだったんですね。

海外では『Musical Jolly Chimp』という商品名で売られていました。

 

さすがモデル、服装も目の赤さも『トイストーリー3』の『猿』そのもの。

現在は『おさるのシンバルくん』という名前で『わんぱくスージー』を忠実に再現したものが売られているようです。

 


ところで『わんぱくスージー』、海外では『陽気なおサルさん』くらいの商品名だったって事ですよね。

だから『トイストーリー3』の監視役のおサルさんの呼び名もそのまま『猿』になったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

トイストーリー3の猿のモデルのおもちゃの評判は?

サニーサイド保育園から脱走しようとするおもちゃを監視している『猿』は、実在しているおもちゃがモデルになっている事がわかりましたね。

トイストーリー3に出てくる猿そのものの姿をしているおもちゃですが、おもちゃとしての評判はどのようなものなのでしょうか。

 

評価は『怖い』というものも多いですが、トイストーリー3に登場したおもちゃだからなのか、『欲しい』という声もあるようです。

 

わんぱくスージーが怖いという意見

やはり見た目が子供のおもちゃのような気がしません・・・

可愛らしくないというか、おさるさんがリアルすぎませんかね。

 

 

シンバルをシャンシャン打ち鳴らすだけならともかく、頭をたたくようにポンっと触れると歯と目をむき出して怒るという仕掛けは、子供にとっては恐怖の対象にしかならないような気がします(汗)

 

わんぱくスージーが欲しいという意見

トイストーリー3に登場したためか、怖いサルのおもちゃという印象を覆すように、『かわいい』、『欲しい』という方も多くなったようです。

しかし古いおもちゃのため、なかなか買う事ができずに、お値段も高くなるようです。

 

 

どうしても『わんぱくスージー』が欲しい!という方以外は、『おさるのシンバルくん』をおすすめします。

 

わんぱくスージーとおさるのシンバルくんの違い

『わんぱくスージー』を忠実に再現した現代版の『おさるのシンバルくん』ですが、やはり『違う』と感じる部分もあるようです。

確かに見た目は似ていますが、なんとなく『おさるのシンバルくん』のほうが表情がカワイイ(笑)

 

怒ってむき出した歯も目も、おさるのシンバルくんのほうが不気味さを感じずソフトな印象、『おもちゃらしさ』があるように思えます。

キレイだからなのでしょうか

 

『わんぱくスージー』のほうが、むき出した歯も目も怖い感じがします・・・

 

まとめ

サニーサイド保育園のシーンで子供が怖がる猿のおもちゃ、いや、子供でなくてもちょっと不気味ですよね。

あんな『猿』が暗闇の中に突然現れたら・・(泣)

 

そんなサニーサイドの監視役の猿のモデルは、昭和のおもちゃ『わんぱくスージー』、海外での販売の際は『Musical Jolly Chimp』という名前でした。

 

その名の通り、サニーサイドに平和が訪れた後には、ファンキーなサングラスを身に付けてリズムをとっている姿が楽しそう。

最初からこの姿なら怖くなかったのに!

 

トイストーリー3の怖い猿のおもちゃを見て懐かしい気分になった方も、初めて見て恐怖を感じた方も、現代版の『おさるのシンバルくん』は比較的おだやかな顔をしています。

もし店頭にならんでいても怖がらないでくださいね(笑)

 

 

 

トイストーリー3についての記事はこちらもどうぞ!

トイストーリー3のストレッチの声優はウーピー・ゴールドバーグ!出演作品と日本語声優についても

トイストーリー3大人に成長したシドが再登場するシーンはどこ?場面の解説も

トイストーリー3ウッディは付箋メモに何を書いた?ダンボールの住所の理由も

トイストーリー3の見どころは?泣ける物語の好きなシーンと評価についても

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました