トイストーリー3の見どころは?泣ける物語の好きなシーンと評価についても

おもちゃで遊ぶ子供のイメージ画像 映画・ドラマ

『トイストーリー3』は2010年に公開され、大人気となった『トイストーリー1』、『トイストーリー2』の続編です。

続編が公開されるにつれて、一番最初の作品が良かったのに・・・という声が挙がる映画も少なくないですが、この『トイストーリー3』はシリーズ最高傑作なのではないかと言われるほどの物語。

 

トイストーリーシリーズの1と2を観た人なら確実に泣ける作品、観ていなかったとしてもすぐに理解できる感動物語です。

今回はこの『トイストーリー3』の見どころと好きなシーンの紹介、作品の評価についても書いていきますね。

 

スポンサーリンク

トイストーリー3の見どころ&好きなシーンを紹介

トイストーリーシリーズの3作目、『トイストーリー3』はアンディのおもちゃであるウッディたちの友情と、大人になったアンディとの関係、おもちゃとしての新しい人生を描いた作品になっています。

そんな『トイストーリー3』の見どころと、個人的に大好きなおすすめシーンを紹介していきますね。

 

幼かったアンディは青年に成長

ウッディたちといつも一緒にあそんでくれたアンディも、時と共に大人になりました。

そしていよいよ大学生活が始まるのを機に、家を出ていくようです。

 

そんなアンディの巣立っていく様子は物語の見どころと言って良いでしょう。

 

アンディの母親の寂し気な表情は、特にお子さんをお持ちの方であれば自分と自分の子供を重ね合わせて、より一層心に響きますよね。

 

そこまでの日々を振り返るかのような回想シーンは寂しくも素敵です。

おもちゃで遊んでいるアンディの姿を撮影する母親、そこにはウッディたちも映っています。幼いアンディ、アンディと遊ぶウッディたち・・・楽しくもあり、この後に訪れる別れを強く感じさせる印象的なシーンとなっています。

 

新しい人生の模索

本当は屋根裏部屋にしまわれるはずだったバズやジェシーたちは、捨てられてしまうピンチを切り抜け、保育園へ寄付されるおもちゃの中に紛れ込みます。

サニーサイド保育園には子供たちがいっぱい!いつでも子供たちと遊ぶ事ができそう。

アンディのおもちゃとしてではなく、新しく保育園の子供たちのおもちゃとなって過ごしていく。このサニーサイド保育園の中での出来事が見どころのひとつです。

 

おもちゃたちを束ねるくまのぬいぐるみ『ロッツォ』や、色男の『ケン』。

しばらくの間アンディと遊んでもらえなくて寂しかったのでしょう。たくさんの子供たちに期待を膨らませますが実際は・・・?

『イモムシ組』の子供たちはいわゆる『赤ちゃん』。おもちゃたちが掴まれたり投げられたり、なめられたりふりまわされたりしているシーンは思わず「痛そう・・・」と同情してしまいます。

 

絶体絶命の大ピンチ

サニーサイド保育園でのロッツォとの争いの末に、ゴミ収集車でゴミ処理場に連れてこられてしまったウッディたち。そこでもロッツォの裏切りに遭い、焼却炉へと運ばれて行ってしまいます。

このゴミ処理場からの脱出が見どころのひとつ。

 

絶体絶命の大ピンチ、迫りくる炎・・・

 

もう運命からは逃れることはできない、そう感じたウッディたちはお互いの手を握り運命の時を受け入れようとするシーンは忘れられません。

『トイストーリー1』からずっと描かれていた友情が、より強く、より印象的に描かれています。

 

アンディとの別れ

『トイストーリー3』の見どころは何と言っても、『トイストーリー2』で一部示唆された、もしアンディが大人になった時は・・・という『いつか来るその時』が描かれた部分。

大好きだったアンディが、時の流れとともにおもちゃで遊ばなくなっていく。過去には大人になったエミリーとの別れを経験したジェシーも、再び『その時』を経験する事になってしまうのかもしれない・・・考えただけでも、とても切ない物語です。

 

いよいよアンディが旅立つ日、アンディはボニーと一緒に『最後のごっこあそび』をしてくれます。

 

ウッディたちがどんなに望んでいたことか・・・

ボニーと一緒に幼かった頃のアンディが戻ってきたかのようにウッディたちで遊ぶシーンが好きな人は多いでしょう。

涙なしでは観られません。

 

トイストーリー3が泣けるという人続出!思い出しても涙腺崩壊の物語

別れと絆がテーマになっているこの作品、実は思い出しても泣けてしまうという人が多いんです。

そして、私もその気持ち、わかります!

回想に始まり、大好きなアンディとの別れの時が近づくおもちゃたち、同じおもちゃの裏切りによって、さらに強く描かれる友情、ラストシーンは大号泣ですから。

 

もうね、『トイストーリー』って聞いただけで心がキュンとなりますよ(笑)

 


こんな感じで、みなさん涙腺崩壊しているようです。

思い出しても泣ける、何度観ても泣ける映画ってのもスゴイですよね。ラストを知っていたとしても、ラストを知っているからこそ泣けてしまうんですから!

 

スポンサーリンク

トイストーリー3の評価は高い

『トイストーリー3』を観てあんまりおもしろくなかった・つまらなかったという人は、少なくとも私の身近にはいませんし、実際に評価も高いようです

 

ただ、泣けすぎるからあんまり観たくない・・・という人は、います(笑)

あと、焼却炉のシーンや、見張りの猿のおもちゃがコワいと感じる人は一定数いらっしゃるようです。

 

しかし面白い事に、この『トイストーリー3』を観ると、もう一度原点に戻って『ウッディ』と『バズ』との出会い、『ジェシー』や『ブルズアイ』との物語も観たくなってしまうんですよね。

そしてまた『トイストーリー3』に戻ってきて号泣(苦笑)

 

続編が出るたびに大きな話題となり、そして期待を裏切らない作品になっていく『トイストーリーシリーズ』。作品から感じる事は年齢によっても異なるとは思いますが、全体的にわかりやすく、大人も子供もみんなが楽しめる作品という事で評価が高いのかもしれませんね。

 

まとめ

子供の頃は「いつか大人になる」ってわかっていたけれど、大人になってしまうと「いつ大人になったんだろう?」ってわからなくなりませんか?

 

少年アンディが、やがて青年になっていく・・・

 

そんな過程を過去の自分と重ね合わせて観る事ができる『トイストーリー3』は、懐かしさが入り混じる、悲しくも前を向いて進む気持ちになれる作品となっています。

『トイストーリー3』を観た事のある人も、そうでない人も、優しい気持ちを思い出したい時にぜひ観てほしい涙腺崩壊必至の物語、おすすめです。

 

 

トイストーリーに関する記事はこちらもどうぞ!

トイストーリー1の物語をウッディ目線で簡単にあらすじをおさらい!感想や評価についても

トイストーリー1が伝えたいこととは?人生観やメッセージ性についても

トイストーリー2が伝えたい事・メッセージとは?子供がおもちゃから学ぶこと

トイストーリー4が伝えたいこと・メッセージとは?大人にこそ必要な大切な気持ち

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました