【シャーマンキング】X-LAWSキャラクター一覧!メンバーの持ち霊・天使についても

スポンサーリンク
『【シャーマンキング】X-LAWSのキャラクター一覧』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『シャーマンキング』の物語は、シャーマンファイト本選あたりで急激にキャラクターが増えてくるので、把握が大変になりますよね。

 

今回はそんなシャーマンファイト参加チームであり、3大勢力のひとつ『X-LAWS(エックス ロウズ)』のメンバーと、その持ち霊について紹介していきます。

 

【シャーマンキング】X-LAWSキャラクター一覧

『シャーマンキング』に登場するX-LAWSメンバーのチーム分け

 

『X-LAWS』メンバーは、死亡者・脱退者も含めて全部で11人。

ただし、シャーマンファイト本選には出場していないメンバーもいます。

 

本選トーナメントでは、『X-Ⅰ』『X-Ⅱ』『X-Ⅲ』の3つのチームに分けられ、各チーム3名ずつ、合計9名での参戦となりました。

 

アイアンメイデン・ジャンヌ

 

X-LAWSと言えば、聖・少・女アイアンメイデン・ジャンヌですよね!

メイデンは自ら拷問器具の中に納まり、辛く苦しい思いをする事で巫力を増加させている少女。

X-LAWSのリーダーでもあります。

 

当初はX-LAWSの『正義』を疑うことなくシャーマンファイトに参加。

平和のため、という理由で相手を殺害してしまうという『聖・少・女』らしからぬ一面も見せていました。

 

しかしその後『X-LAWS』や自分自身の本当の姿を知り、殺害に関して取り返しのつかない事をしてしまったという思いに駆られるなどの心情の変化が見られるようになります。

 

シャーマンファイト本選トーナメントでは『X-Ⅰ(エックス ワン)』チームに所属。

『ナイルズ』チーム、アナテル・ポッキを相手に、圧倒的な力量差を見せつけました。

 

マルコ

 

マルコは『X-LAWS』の中心的存在であり、天使隊隊長。

『X-LAWS』リーダーはメイデンではありますが、実際に組織を動かしているのはマルコです。

 

性格はマジメで頭が固く、かなり厳しい様子も見せていますが、実はX-LAWSに関する大きな秘密を抱えている人物。

 

彼の本気モードの時の戦闘服は、ホットパンツ。

マルコにとっては『最強』イメージの服装ですが、見た目で周囲はドン引きしています・・・

 

シャーマンファイト本選トーナメントではメイデン、リゼルグと共に『X-Ⅰ』チームに所属して戦いました。

 

クリス・ブンスター

クリス・ブンスターは元軍人で、両足はハオにより焼かれたため義足。

ハオ組のブロッケン・マイヤーの体のように、彼の義足はオーバーソウルで支えています。

 

シャーマンファイト本選では『X-Ⅲ(エックス スリー)』のリーダーを務め、体を貫かれながらも強化型手榴弾『ハンドグレネードX』を用い、酸素を媒介とするスピリットオブファイアを倒そうとした人物。

試合のリングに張り巡らされたバリアを利用、リング内で手榴弾を爆発させ、スピリットオブファイアの媒介である酸素が燃え尽きることを狙った戦法を試みました。

 

ケビン・メンデル

ケビン・メンデルは、仮面を被り素顔を隠している男性。

元オーストリア憲兵特殊部隊コブラユニットの狙撃手です。

 

彼が素顔を見せないのは、10年前にハオによって全身を焼かれ、やけど跡が残ってしまっているから。

両手も義手となっており、中には銃が仕込まれています。

 

ハオへの恨みを晴らすためにX-LAWSに加入。

『X-Ⅲ』チームメンバーとして、ブンスター、ミイネと共にシャーマンファイト本選で戦いました。

 

ミイネ・モンゴメリ

ミイネ・モンゴメリは、X-LAWSの女性メンバーです。

元スイス陸軍山岳部隊隊員の彼女、他のメンバーと同じく、ハオとの戦いに於いての死を恐れる事はありません。

 

最終目的はハオを倒す事、そのための情報を集めること。

『X-Ⅲ』チームメンバーとして、ブンスター、ケビンと共に本選トーナメントに参加しました。

 

ジョン・デンバット

元ブリティッシュスペシャルエアサービス隊員のジョン・デンバット。

『X-Ⅱ(エックス ツー)』チームのリーダーでもありますが、本選で試合をする事はありませんでした。

 

ハオ討伐のために宇宙にまで持霊を飛ばし、無断で人工衛星に扮した実験兵器を使用するという大胆な作戦を仕掛けた人物。

大がかりな兵器を利用したジョンの攻撃ですが、ハオを倒せなかっただけでなく、一般人にシャーマンファイトの存在を知られてしまうかもしれないという危機を招いてしまいました。

 

ポーフ・グリフィス

元デルタフォース隊員のポーフ・グリフィス。

『X-Ⅱ』チームメンバーの一人であり、デンバット、ラーキと共にX-LAWS天使隊隊長のマルコに無断でハオを討ちに出た人物です。

 

そして、母を思い密かに涙するハオを見てしまったために、ハオの怒りに触れました。

 

ラーキ・ディラック

元デルタフォース隊員のラーキ・ディラックは、『X-Ⅱ』チームのメンバー。

 

リーダーに従い『X-Ⅱ』単独でハオを討ちに出ますが、心を読むハオを相手に奇襲が上手くいくとは思えないという事をデンバットに進言した人物でもあります。

 

ハンス・ライハイト

X-LAWSの武器庫番を務めるハンス・ライハイトは、高い実力を持ちながら、攻撃的性格ゆえに主力メンバーから外された人物。

シャーマンファイト本選トーナメントには出場していません。

 

実は熱心なメイデン信者でもある彼。

彼にとってメイデンが『聖・少・女』ではなく『ただの少女』であった事は、受け入れがたい事実でした。

 

聖少女ではないメイデンの存在など認めない・・・

その歪んだ感情は、メイデンをシャーマンファイトが行われている島ごと消そうとするような行動に表れています。

 

ラキスト・ラッソ

 

元X-LAWSメンバーであり、X-LAWS創始者。

ひとりぼっちだった幼少期のマルコの親代わりだった人物であり、マルコと同じくX-LAWSの秘密を知る人物。

 

彼の背中にはX-LAWSの文字が刻まれていますが、ハオに敗北後、『正義』のあり方に疑問を感じ、X-LAWSを脱退しました。

 

シャーマンファイトへは、ハオとともに『星組』メンバーとして参加しています。

 

リゼルグ・ダイゼル

 

両親をハオによって殺害されたリゼルグ・ダイゼルは、パッチ村探しの際に葉たちと出会い、しばらく行動を共にしていた人物です。

ハオに復讐をするためにシャーマンファイトに参加しましたが、葉たちと出会った後に『打倒ハオ』を掲げるX-LAWSと出会い、葉たちから離れてX-LAWSに入隊しました。

 

本選トーナメントでは『X-Ⅰ』メンバーとして登場し、ナイルズメンバー3人を相手に容赦のない戦いを見せたリゼルグ。

 

葉たちと行動を共にしていた時からは考えられないような言動が、リゼルグ大好きの竜を悲しませました。

【シャーマンキング】X-LAWSの目的や秘密は?


シャーマンファイト本選トーナメントの3大勢力のひとつ『X-LAWS』は、ハオを打ち破るために存在している組織です。

 

何と言っても、『X-LAWS』のメンバーはハオに対する恨みを持つ者ばかり。

打倒ハオの共通目的を持った集団です。

 

強く凛々しい『X-LAWS』ですが、メンバーには知らされていない、とんでもない秘密があったようです。

 

X-LAWSの目的

『X-LAWS』のX(エックス)は10、LAW(ロウ)は法、Sは複数形を表し、10の法の下に正義を行使するチームとして存在します。

 

X-LAWSの目的は1つ。

忌まわしき悪の元凶ハオを倒す事。

 

ハオを倒すために結成された正義集団X-LAWSのメンバーは皆、何らかの形でハオの被害に遭っており、理由は様々あるもののハオを倒すという目的が一致しています。

ハオに恨みを持っているからこそ、彼らはどんな犠牲を払ってでもハオを倒そうとしているのです。

 

彼らがシャーマンファイトに参加したのは、スピリットオブファイアの媒介を探るため。

 

相当な戦闘力を持つX-LAWSであっても、外でハオを倒すのは無理である事を知っています。

だからこそ敢えて『試合』に参加して、ハオを倒すためのデータを蓄積しようとしているのです。

 

X-LAWSの秘密

X-LAWSは、神クラスの持霊シャマシュを持つ聖・少・女アイアンメイデン・ジャンヌを中心とするチーム。

メンバーは皆、メイデンをX-LAWSの象徴として崇めています。

メイデンを信じているからこそ、己の身体を犠牲にする事ができるのです。

 

しかし・・・

肝心のメイデンの正体は、ラキストとマルコが探し当てたという、人より少しだけ思い込みが強くて人より少しだけ霊感があるだけの少女。

つまりメイデンは『聖・少・女』などではなく、ただの少女が祀り上げられていただけ。

 

天使の正体はスーパーカー

マルコの正体は車両販売店の社長・・・

 

この秘密を知っていたのは、X-LAWS立ち上げ時にいたラキストとマルコだけ。

X-LAWSとメイデン、マルコの正体を知ったからこそ、『X-Ⅱ』チームはマルコを信頼する事ができなくなり、単独でハオを討ちに出てしまったのです。

 

自分が聖少女などではなかった事を知ったメイデンも『事実』を受け止め、自分やマルコが何者であっても世に法は必要であるとし、新生X-LAWSとして新たな一歩を踏み出していく事になりました。

 

スポンサーリンク

【シャーマンキング】X-LAWSメンバーの持ち霊・天使一覧

『X-LAWS』メンバーは、それぞれが打倒ハオの強い思いを抱えています。

ハオを葬るための組織がX-LAWSであり、メンバーは天使の姿をした持霊と共に戦っています。

 

ちなみに、メンバーの持霊となっている『天使』は、スーパーカーなどの車輛をベースに天使の一部を組み込んだ機械的なものであり、本物の天使ではありません。

 

アイアンメイデン・ジャンヌ:シャマシュ

X-LAWSリーダー・メイデンの持霊はシャマシュ神、人類に初めて法を与えたという正義のかみさまです。

 

メイデンが纏っている痛そうな鎧は、媒介である拷問器具『アイアンメイデン』の顔部に霊の一部を取り憑かせてオーバーソウルさせたもの。

シャマシュには治癒・蘇生能力があり、拷問器具によって傷ついたメイデン自身の傷も、瞬時に癒しています。

 

また、攻撃用拷問器具を具現化する時の媒介には『ネジ』を使用。

具現化刑具(オーバーソウル スキャッフェルド)の『ジベット』、『審問椅子』、『アペガ像』、『ギロチン』での攻撃はメイデンの可愛らしい顔に似合わぬシロモノとも言えます。

 

メイデンは、X-LAWSの中で唯一『天使』を持霊としていません。

 

マルコ:ミカエル

 

マルコの持霊は天使ミカエル。

ミカエルは『神に似たもの』と言われる大天使、フルオート9から射出される弾丸にオーバーソウルさせています。

 

ミカエルのベースとなっている車輛は、フェラーリテスタロッサ92年型。

91年で生産終了しているはずのテスタロッサの『92年型』という事で、マルコ自慢の一品です。

 

ミカエルは盾と剣を持ち、盾には審判を思わせる天秤が描かれています。

 

クリス・ブンスター:メタトロン

 

ブンスターの持霊は天使メタトロン。

メタトロンは『天使たちのリーダー』と言われる存在です。

 

ブンスターが担いでいるランチャーから射出されるミサイルにオーバーソウルさせており、ベースとなっている車輛は戦時の特殊車両、自身が使用していたハマーH1。

 

メタトロンは、メイスタイプのモーニングスター、パワータイプを連想させる牽引フックが模された足が特徴的です。

 

ケビン・メンデル:レミエル

 

ケビンの持霊・天使レミエルは、復活を待つ魂の管理を司る天使です。

 

ケビンの義手に仕込まれた銃から射出される弾丸にオーバーソウルさせており、レミエルのベース車輛はメルセデスベンツ300SLクーペ。

ケビンの義手と似た機械的な手が、レミエルの特徴とも言えます。

 

ミイネ・モンゴメリ:ガブリエル

 

ミイネの持霊は天使ガブリエル。

ガブリエルは、神の言葉を人間に伝える天使です。

 

ルガーから射出される弾丸にオーバーソウルさせており、ガブリエルのベースとなっている車輛はアルファロメオジュリエッタSZ(スプリント・ザガート)。

 

全体的に柔らかいフォルム、手に持った鞭とハート型の盾が特徴的です。

 

ジョン・デンバット:ラファエル

 

デンバットの持霊は、『癒しを行う輝ける者』の意味を持つ天使ラファエルです。

 

物語中では、実験兵器『SDI X線レーザー』を宇宙から発射させた天使。

グレネードランチャーから射出される弾丸を媒介にオーバーソウルしています。

 

ラファエルのベースとなっている車輛はアストンマーティンDB4であり、胸部にはDB4のグリルを思わせるパーツがついています。

 

ポーフ・グリフィス:サリエル

 

ポーフの持霊は天使サリエル、『神の命令』の意味を持つ天使です。

 

レミントンライフルから射出される弾丸が媒介であり、ベース車輛はポルシェ911ターボ。

 

サリエルは細身で、全体的に『眼を象徴するデザイン』があしらわれています。

 

ラーキ・ディラック:ウリエル

 

ラーキの持霊は天使ウリエル、『神の炎』を意味する天使です。

 

バズーカから射出されるロケット弾が媒介となっており、ベース車輛はフォードGT40。

ウリエルはガッシリとした体つきが特徴的で、棘付きの鉄球が鎖で繋がれたモーニングスターのような武器を持っています。

 

ハンス・ライハイト:アザゼル

 

ライハイトの持霊は堕天使アザゼル。

ラキストのルシフェルとともに、機動天使の試作機です。

 

ステア―AUGから射出される弾丸を媒介としてオーバーソウルします。

スピリットオブファイアを超える霊力を持つため、ライハイトですら巫力を絞り出して3秒ほどしか扱う事ができません。

ベース車輛は戦時中に活躍した戦車群、キャタピラーのような足部と、戦車砲を思わせる手が特徴的です。

 

ラキスト・ラッソ:ルシフェル

 

ラキストの持霊は堕天使ルシフェル。

機動天使の中でも最強クラスの機体です。

 

コンプハンターから射出される弾丸にオーバーソウル、ベース車輛はラキストの愛車ランボルギーニカウンタックLP400。

 

黒い機体がルシフェルの特徴、手に持つ『ルシファーズハンマー』で攻撃します。

 

リゼルグ・ダイゼル:ゼルエル

リゼルグの持霊は精霊のモルフィン、そしてX-LAWSに加入した事で与えられた天使ゼルエルです。

ゼルエルは『神の腕』とも呼ばれる、戦を司る天使で、小型拳銃から射出される弾丸にオーバーソウルします。

 

ベース車輛はロータスエリーゼスポーツであり、ゼルエルはスピード特化の機体となっています。

レイピアのような細身の剣で戦います。

 

まとめ

『シャーマンキング』のシャーマンファイトに登場する『X-LAWS』はハオを倒すためだけに結成された正義の天使集団。

 

しかし本当のX-LAWSの姿は・・・

  • 『聖・少・女』は、ラキストとマルコによって仕立て上げられた普通の少女
  • 『天使』の正体はスーパーカーなどの車輛

 

真実を知ってしまったメイデンですが、自分やマルコが何者であっても世に法は必要であるとし、新生『X-LAWS』として平和な世の中を目指す事となりました。

 

『X-LAWS』メンバーとして登場するキャラクターと持霊は下記の通り。

ちなみに、持霊となっている『天使』とは、スーパーカーなどの車輛に宿る付喪神(九十九神)に天使の一部を組み込んだという機械精霊です。

 

  • アイアンメイデン・ジャンヌ:シャマシュ神
  • マルコ:ミカエル(フェラーリテスタロッサ92年型)
  • クリス・ブンスター:メタトロン(ハマーH1)
  • ケビン・メンデル:レミエル(メルセデスベンツ300SLクーペ)
  • ミイネ・モンゴメリ:ガブリエル(アルファロメオジュリエッタSZ)
  • ジョン・デンバット:ラファエル(アストンマーティンDB4)
  • ポーフ・グリフィス:サリエル(ポルシェ911ターボ)
  • ラーキ・ディラック:ウリエル(フォードGT40)
  • ハンス・ライハイト:アザゼル(戦車)
  • ラキスト・ラッソ:ルシフェル(ランボルギーニカウンタックLP400)
  • リゼルグ・ダイゼル:ゼルエル(ロータスエリーゼスポーツ)

 

X-LAWSメンバーの持霊たちは、本物の天使ではないにしても、機械的フォルムがカッコよくて印象的。

服装はともかく、ラキストやマルコのスーパーカーへの愛とセンスを感じますね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました