トトロのお母さんの病気や入院の理由は?七国山病院のモデルや引っ越しのワケも

クスノキのイメージ画像 映画・ドラマ

『となりのトトロ』では、冒頭からお母さんの姿は無く、引っ越し完了後にお母さんは何らかの理由で入院している事が語られます。

お母さんが不在の間に草壁家はとんがり屋根の洋風と和風がミックスされたような家に引っ越し、サツキはお母さんの代わりとして家事やメイの世話を頑張っていますよね。

 

そんなサツキやメイのお母さんの病気は一体どのようなものなのでしょうか。

入院先の『七国山病院』のモデルや、草壁家の引っ越しの理由にも迫ります。

 

スポンサーリンク

トトロのお母さんの病気と入院の理由

『となりのトトロ』作品中では、ハッキリと病名が語られる事はありません。

サツキには『風邪のようなもの』と説明されているお母さんの病気、入院しなければならないような病気は一体どのようなものなのでしょうか。

 

お母さんの病気は結核説が濃厚

サツキとメイのお母さんの病気は、『結核』説が濃厚です。

同じくスタジオジブリの宮崎駿監督作品の『風立ちぬ』で菜穂子が命を落とした、あの病気ですね。

 

一時退院が見送られたお母さんの事を心配して号泣するサツキ。

『お母さん、死んじゃうかもしれない。』

 

 

子供のサツキにでも理解できるくらい深刻な病気、つまり結核である可能性が高いというワケです。

 

ただ、日が経つにつれて病気が悪化していくように見えた菜穂子と違い、サツキとメイのお母さんには咳が酷く出たり、吐血するようなシーンは見られず、最終的には退院して家族そろって新しい家で生活できるようになります。

この辺りは、小さな子供も見るアニメーションとしての配慮なのかもしれません。

 

お母さんは結核で長期入院をしている

今でこそ結核は適切な治療で治るものという認識ですが、昭和20年代頃までは治療法が無く、治らない『死の病』として恐れられた病気でした。

 

その後は薬やワクチン、生活水準の向上によって激減しましたが、それでも『となりのトトロ』の昭和30年代頃の結核は『長い入院治療を必要とする特別な病気』であり、だからこそサツキとメイのお母さんも長い入院生活をしているのでしょう。

 

 

ちなみに、お母さん『妊娠説』もありますが、私はこれは違うと思っています。

なぜ妊娠説があるのかというと、エンディング中に登場するメイより小さな赤ちゃん、その赤ちゃんとメイが手を繋いだりしてメイが面倒を見ている様子から。

 

エンディングでの季節は、お母さんの退院後すぐの秋頃でしょうか。

タクシーで帰宅したお母さんは、どう見ても赤ちゃんを連れていませんし、第一赤ちゃんが生まれるとなればサツキもメイも、お父さんやかんたのおばあちゃんだって、赤ちゃんの話題で持ちきりになるはずです。

 

そういう理由から、やはりお母さんの入院の理由は、妊娠説ではなく結核説が濃厚でしょう。

 

トトロに登場する七国山病院のモデル

サツキとメイのお母さんは、どうやら『七国山病院』という名前の病院に入院しているようです。

狭山丘陵のあたり、埼玉県所沢市周辺を舞台としている『となりのトトロ』ですが、『七国山病院』のモデルとなった病院はあるのでしょうか。

 

七国山という地名は存在しない

残念ながら、『七国山病院』という病院は実在しません。

さらに、『七国山』という地名も架空のものです。

 

では、なぜ『七国山病院』なのか・・

 

実は『七国山』は存在していませんが、地名としての『八国山』は存在します。

八国山を、『七国山』と言い換えて病院の名前にしたようです。

 

それを暗示するように、引っ越し時にすれ違ったバスの行先は『八国山』と書かれ、その後は同じルートを運行しているはずのバスの行先が『七国山』になっています。

 

ちなみにサツキたちの新しい引っ越し先である『松郷』は、埼玉県所沢市に実在していますよ。

 

七国山病院のモデルは東村山の新山手病院

サツキとメイのお母さんが入院している『七国山病院』のモデルは、東京都東村山市にある『新山手病院』なのだとか。

新山手病院のホームページにも、バッチリ『となりのトトロに登場する病院のモデルにもなった・・・』という記載がありました。

 

 

八国山緑地が背に広がる場所にある新山手病院。

自然豊かな場所が、肺の病気を患うお母さんの治療に適した環境だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

草壁家が引っ越してきたワケ

お母さんが入院しているのに、わざわざ引っ越すってどういう事?と感じた方もいらっしゃるかもしれません。

どうせ引っ越すなら退院後に・・・と考えてしまいますが、草壁家の引っ越しにはちゃんとした理由があったのです。

 

結核を患っていると思われるサツキとメイのお母さんは、『七国山病院』に入院しています。

 

その『七国山病院』から遠くなく、しかも空気が良いところ。

退院したお母さんを迎え入れるため、入院している間に引っ越しをしたのです。

 

 

でもこの家、実は『裏設定』があるのだとか。

『裏設定』については、『ジブリの教科書3』に詳しく書かれています。

 

大まかに言えば、あの家は元々結核の患者を療養させるための別荘だったけれど、その患者さんが亡くなってしまって家自体が用無しになってしまった、というもの。

 


だから空家になっており、そこへ草壁家が引っ越してきた。

妙に日当たりが良かったりするのも、この『結核療養のための』という裏設定のためなのだそうです。

 

 

この裏設定からも、お母さんが患っているのは『結核』である可能性が高いですね。

 

まとめ

『となりのトトロ』に登場するサツキとメイのお母さん。

ずっと入院しているというお母さんですが、その病気は『結核』説が濃厚です。

 

その理由は、サツキが不安になって泣いてしまうほどの病気である事、そして、草壁家が引っ越してきた家には『裏設定』があって、元々その家は結核療養のために作られた別荘であった事。

だからこそ退院したお母さんを療養させるために、お母さんが入院している間にその家に引っ越しをしたのです。

 

エンディングでは退院したお母さんの姿がありました。

お母さんが戻ってきたことによって、サツキはきっと肩の荷が下りた事でしょう。

 

今後は家事に追われる事もなく、目いっぱい友達と遊ぶ事ができそうですね!

 

 

トトロのエンディングの赤ちゃんはメイの弟か妹?お母さんの入院は妊娠だった?
『となりのトトロ』を観終わって感動のまま、エンディングへ・・・ なぜかそこには見知らぬ赤ちゃんが登場しています。 トトロのエンディングに登場する赤ちゃんは一体誰なの?って気になる人、多いですよね。 トトロのエン...
トトロの正体はおばけ?都市伝説・死神説やサツキとメイには見えた理由も考察
『となりのトトロ』のトトロって、結局何者なの?って考えた事がある方、多いのではないでしょうか。 気になりますよね。 大人には見えていなくて、メイでもサツキでも会いたいから会えるような存在でもない。 そんなトトロの正...
トトロのネコバスの正体と行先一覧!めいの名前が表示された理由についても
フワフワモフモフで誰もが一度は乗ってみたいと感じてしまう『ネコバス』。 お父さんを待っていたバス停で見かけたネコバスはビュウっと風のように現れて、トトロを乗せて走り去っていきました。 しかしその後、ネコバスは行方不明にな...
トトロでメイがとうもろこしをお母さんへ持っていくのはなぜ?最後会わないで帰った理由を解説
『となりのトトロ』の4歳児メイは、とうもろこしを『とうもころし』なんて言い間違えたりしてとても可愛いですよね。 おばあちゃんの畑で収穫してからずっと抱えていた大きなとうもろこし。 でも、なんでメイはとうもろこしを抱えたま...
トトロのおばあちゃんの方言はどこのもの?メイやサツキに親切な理由は?
『となりのトトロ』に登場するサツキの同級生かんたのおばあちゃん。 メイやサツキとはただのご近所さんの関係であるにも関わらず、とっても頼りになりますよね。 独特のイントネーションで喋るおばあちゃんですが、この方言ってどこの...
トトロのまっくろくろすけの引っ越し先はどこ?移動の効果音や鳴き声・曲についても
サツキとメイが引っ越してきた、洋風と和風がミックスされたような古い家・・・ 長い間空家になっていたその家には、『ススワタリ』が住んでいるようでした。 お父さんが言うところの『まっくろくろすけ』。 それは集団で生活し...
トトロのお父さん役の声優が下手?糸井重里が棒読みでも起用された理由
『となりのトトロ』のお父さん役の声優さん、他のキャラクターとはちょっと違った感じがしませんか? キャラクターらしくないというか、演じているにしてはイマイチかなぁ・・・とか。 棒読みっぽい喋り方、もちろんわざと『棒読み風』...

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました