トトロのエンディングの赤ちゃんはメイの弟か妹?お母さんの入院は妊娠だった?

クスノキのイメージ画像 映画・ドラマ

『となりのトトロ』を観終わって感動のまま、エンディングへ・・・

なぜかそこには見知らぬ赤ちゃんが登場しています。

 

トトロのエンディングに登場する赤ちゃんは一体誰なの?って気になる人、多いですよね。

 

スポンサーリンク

トトロのエンディングに登場する赤ちゃんはメイの弟か妹?

『となりのトトロ』のエンディング中に登場する赤ちゃんは、草壁家の新しい家族、つまりメイの弟か妹なのでしょうか?

お母さんの入院や退院の状況から考察していきます。

 

トトロのエンディングに見知らぬ赤ちゃんが登場

エンディングはお母さんがタクシーで帰宅するところから始まります。

どうやら季節は秋~冬のころ。

サツキとメイがトトロと出会ったのは夏ですから、そのすぐ後の秋という事でしょう。

 

秋の木の実のイメージ画像

 

無事に退院できて大喜びのサツキとメイ、徐々に日常生活が戻ってきたようですね。

 

家事から解放されて、友達と遊ぶ事も多くなったサツキですが、なぜかメイの傍にはちょこんと座る赤ちゃんの姿が・・・

なぜエンディング中に突然登場したのでしょうか。

 

エンディングの赤ちゃんは誰?

エンディング中の赤ちゃんを見て、あれはメイの弟か妹じゃないかと感じる人も多いと思います。

確かに、家族が増えていたら素敵ですね。

 

秋の公園でお座りしている赤ちゃんのイメージ画像

 

でも帰宅時にタクシーから降りてきたお母さん、手ぶらでした・・・

 

お風呂もサツキとメイの3人で、寝る前の絵本も3人だけです。

つまり、エンディングに登場する赤ちゃんは、メイの弟でも妹でもないと考えられます。

 

では、なぜそんな見知らぬ赤ちゃんを登場させたのか。

これについては、メイが一番のチビではなく、お姉さんになった事を意味しているのではないでしょうか。

 

近所にはたくさんの子供が住んでいます。

一緒に遊んだり、時にはケンカしたり。

そんな子供同士のコミュニティの中にいる、『メイよりも年下の子供』

 

秋の公園で遊ぶ子供たちのイメージ画像

 

今まではお姉ちゃんであるサツキや、近所のかんた、同級生のみっちゃんに守られて可愛がられるだけの存在だったメイにも、ついに『面倒を見なければならない』子分、いや弟分・妹分が出来たんです。

 

年下の子の面倒を見るというお姉さん的役割が、いよいよメイにも回ってきた事を描いているのでしょう。

 

スポンサーリンク

トトロのお母さんの入院は妊娠ではない

メイとサツキのお母さんは長い間『病気で』入院生活をしていました。

ようやく退院して家に戻ってきた時、季節はすっかり変わって秋。

ドングリ拾いや焼き芋が楽しめる季節になっていたようです。

 

エンディングに赤ちゃんが登場する事で、お母さんの入院の理由は『妊娠』だと考える方も多いですが、妊娠ではなく、『病気』という設定となっています。

 

お母さんは妊娠ではなく病気で入院していた

サツキはお母さんの入院理由を『風邪のようなもの』と聞かされていました。

物語中にはハッキリと病名は出てきませんが、サツキがお母さんを心配するような理由での入院。

つまり、『病気』が原因の入院と考える方が自然です。

 


体調を崩してしまって、一時的に退院できる日に帰ってこられなくなってしまった時、サツキは不安のあまりおばあちゃんの前で号泣してしまいます。

お母さんを心配して号泣しているワケですから、やはりお母さんが『病気』だという認識で間違いないと考えられます。

 

お母さんの入院が妊娠ではないと考えられる理由

入院の理由に『妊娠』説もあるお母さん、ここではお母さんの入院が『病気』であり、妊娠とは考えにくい理由を挙げていきます。

 

草壁家の新居

まず、草壁家が引っ越してきた空家、あそこは裏設定で『結核患者が療養するための別荘』となっています。

しかも、その人が死んでしまったために使われなくなり、長い間空家になっていたのだとか。

 


お母さんの入院中に、しかも赤ちゃんを連れて帰ってくるかもしれない家として選ぶとは思えませんし、赤ちゃんが生まれる直前に、しかもお母さん抜きで引っ越しをするとも考えにくいでしょう。

 

引っ越した家には赤ちゃん用品が見当たらない

そろそろ退院が近い事は、一時退院で徐々に慣らすという表現からも間違いないでしょう。

もし入院が『妊娠』だとしたら・・・

帰ってくるはずの赤ちゃんのためのものが、全く見当たりません。

 

ベビーベッドなどは無いにしても、おしめや赤ちゃんのおもちゃくらいは準備するのではないでしょうか。

 

畑の野菜

太陽をいっぱい浴びて育ったおばあちゃんの畑の野菜。

『体にもいい』と聞いてメイやサツキは、おかあさんの病気にもいいのかを聞いています。

 


もしお母さんが妊娠のために入院しているのだとすれば、お母さんの病気にも、という言い方はしません。

例え妊娠中に何らかの病気になったための入院であっても、『お母さんと赤ちゃん』にもいいのかどうかを聞くでしょう。

 

エンディングの季節は秋

退院したお母さんはタクシーで帰宅しています。

でも、手ぶらです。赤ちゃんを連れている様子はありません。

 

もしまだ『産んでいない』状態だとしても、秋にお座りしている赤ちゃんがいるのは不自然かな、と思います。

お座りするのって、だいたい生後6か月頃からですからね・・・

 

メイとサツキの間にも赤ちゃんの話題がない

お母さんのおなかに赤ちゃんがいる、そういう事になったら、サツキとメイだって生まれてくるのを楽しみにしていると思います。

それなのに、そんな話題は一切無し。

 

あのような友達感覚のお父さんですから、『聞かされていない』とも考えられません。

 

まとめ

エンディングに登場する赤ちゃんは、メイの弟でも妹でもない、おそらく近所で生まれた赤ちゃんでしょう。

子供同士のコミュニティの中で、自然に『小さい子』と関わるようになっていった様子を描いているのだと思われます。

 

そのため、やはりお母さんの入院理由も『妊娠』ではなく、『病気』、しかも結核説が濃厚です。

 

ただ、家族が増えるって素敵な事ですよね。

メイもお姉さんになって、面倒を見られる側ではなく、面倒を見る側へと成長した。

エンディングの赤ちゃんと、その赤ちゃんや小さい子を連れているメイの姿は、その後の草壁家の伏線なのかもしれません。

 

ひょっとしたら、そのうちメイの『本当の』弟か妹が誕生するかもしれませんね!

 

 

トトロのお母さんの病気や入院の理由は?七国山病院のモデルや引っ越しのワケも
『となりのトトロ』では、冒頭からお母さんの姿は無く、引っ越し完了後にお母さんは何らかの理由で入院している事が語られます。 お母さんが不在の間に草壁家はとんがり屋根の洋風と和風がミックスされたような家に引っ越し、サツキはお母さんの代わり...
トトロの正体はおばけ?都市伝説・死神説やサツキとメイには見えた理由も考察
『となりのトトロ』のトトロって、結局何者なの?って考えた事がある方、多いのではないでしょうか。 気になりますよね。 大人には見えていなくて、メイでもサツキでも会いたいから会えるような存在でもない。 そんなトトロの正...
トトロのネコバスの正体と行先一覧!めいの名前が表示された理由についても
フワフワモフモフで誰もが一度は乗ってみたいと感じてしまう『ネコバス』。 お父さんを待っていたバス停で見かけたネコバスはビュウっと風のように現れて、トトロを乗せて走り去っていきました。 しかしその後、ネコバスは行方不明にな...
トトロでメイがとうもろこしをお母さんへ持っていくのはなぜ?最後会わないで帰った理由を解説
『となりのトトロ』の4歳児メイは、とうもろこしを『とうもころし』なんて言い間違えたりしてとても可愛いですよね。 おばあちゃんの畑で収穫してからずっと抱えていた大きなとうもろこし。 でも、なんでメイはとうもろこしを抱えたま...
トトロのまっくろくろすけの引っ越し先はどこ?移動の効果音や鳴き声・曲についても
サツキとメイが引っ越してきた、洋風と和風がミックスされたような古い家・・・ 長い間空家になっていたその家には、『ススワタリ』が住んでいるようでした。 お父さんが言うところの『まっくろくろすけ』。 それは集団で生活し...
トトロのおばあちゃんの方言はどこのもの?メイやサツキに親切な理由は?
『となりのトトロ』に登場するサツキの同級生かんたのおばあちゃん。 メイやサツキとはただのご近所さんの関係であるにも関わらず、とっても頼りになりますよね。 独特のイントネーションで喋るおばあちゃんですが、この方言ってどこの...
トトロのお父さん役の声優が下手?糸井重里が棒読みでも起用された理由
『となりのトトロ』のお父さん役の声優さん、他のキャラクターとはちょっと違った感じがしませんか? キャラクターらしくないというか、演じているにしてはイマイチかなぁ・・・とか。 棒読みっぽい喋り方、もちろんわざと『棒読み風』...

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました