トトロのネコバスの正体と行先一覧!めいの名前が表示された理由についても

クスノキのイメージ画像 映画・ドラマ

フワフワモフモフで誰もが一度は乗ってみたいと感じてしまう『ネコバス』。

お父さんを待っていたバス停で見かけたネコバスはビュウっと風のように現れて、トトロを乗せて走り去っていきました。

 

しかしその後、ネコバスは行方不明になったメイのところにサツキを、お母さんにトウモロコシを届けるために七国山病院へ2人を連れて行ってくれましたね。

 

この不思議な生き物『ネコバス』の正体は何なのか、ネコバスに表示される行先一覧と、『めい』という名前が表示された理由についても書いていきます。

 

スポンサーリンク

トトロのネコバスの正体とは

決して可愛らしいという印象ではないネコバス。

ネコらしいと言えばネコらしいですが、ジロッと見られたメイは若干後ずさりしています(笑)

目が光って足が12本、このネコバスの正体に迫ります。

 

ネコバスは妖怪がモデル?

ネコバスの正体は、『化け猫』のようです。

化け猫って、妖怪ですよね。

ネコが妖怪に変化したものが『化け猫』だとされています。

 

特有のふわっふわでモフモフの感触は残しつつ化け猫に変化したネコが、バスになった。

なかなか複雑ですね(笑)

 

宮崎駿監督の話をまとめると、ネコバスも昔はただの『化け猫』だったけれど、『バス』を見て面白いと思ったので真似をした。

 

つまり『ネコバス』は、バスの真似ごとをしている化け猫、という設定。

 

目が光ってヘッドライトの役割をし、ムカデのごとく流れるように足を動かして、かなりの速さで走っています。

なかなか高性能のバスですね(笑)

 

トトロとネコバスの関係

トトロがバス停で待っているとやってくるネコバスですが、大きなクスノキのてっぺんでトトロが呼ぶ事によっても現れるようです。

他に乗客はいないようなので、普段からトトロしか利用していないのかもしれませんよね。

 

バスが面白いと思って真似ている化け猫のネコバス。

昼間は寝て、夜はコマに乗って空を飛んだりオカリナを吹いたり、面白いと感じることをしているトトロ。

 


きっとトトロにとっては、ネコバスに乗るのもお気に入りの行動のひとつなのでしょう。

 

仲間や友達という関係より、単に『楽しい事と思えることが一致している』関係、と捉える方がしっくりきます。

 

サツキをメイのところに連れて行ってくれたのも、サツキとメイをお母さんの入院する病院に連れて行ってくれたのも、単にバスの真似ごとが楽しめるから、という理由からなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

トトロのネコバスの行先一覧

サツキを乗せたネコバスは、様々な行き先を表示させた後、『めい』の名前を表示します。

今でこそバスのフロント部分の行先表示ってLEDが使われていますけど、昔はネコバスのようにカタカタっとめくれるように表示が変わっていく方式だったのです。

 

そんなネコバスに表示される行先を拾い出してみました。

 

ネコバスの行先は9種類

ネコバスが『塚森』から『めい』を表示する間にある行先は5つ。

その後『七国山病院』を表示させ、最後は『す』になります。

 

つまり、

『塚森』『長沢』『三ツ塚』『墓道』『大社』『牛沼』『めい』

それから『七国山病院』『す』全9種類ですね。

 

 

この中で、舞台となった埼玉県所沢市に実際にある地名は『牛沼』。

 


『長沢』や『三ツ塚』などもありそうな名前ではありますが、見つかりませんでした。

 

行先にめいの名前が表示された理由

サツキを乗せたネコバスは、すでに知っていたのかサツキの心を読んだのか、行先を『めい』と表示します。

『めい』のところまで乗せていってくれる、そう安心できるシーンですよね。

 

途中には、まだ行方不明のメイを探す近所の人たちの姿が見えますが、ネコバスに乗ったサツキの姿は見えていません。

ただ強い風がビュウっと音を立てて通り過ぎるだけ・・・

 

まだメイの無事を知らない近所の人たちと違って、視聴者はすでにネコバスが『めい』のところに連れて行ってくれるという事を知っています。

これが、宮崎監督の狙いだったのだとか。

 


つまり、無事かどうかわからないメイがいて、心配するサツキがいて、それだと小さい子が安心できない。

 

でも『めい』と表示させる演出をすることで、子供でも『これからメイのところに行く』のだと想像できる。

『めい』の表示が出る事で、その後の展開を安心して見ていられる、というワケです。

 


このネコバスに乗って疾走する時の音楽も、軽快で楽しいですよね。

 

まとめ

一度は乗ってみたいという意見も多い『ネコバス』。

あのフワフワなシートに座ってみたい。

 

そんなネコバスの正体は、実は『化け猫』。

しかも化け猫がバスの真似をしているのが『ネコバス』なのだとか!

 

サービスなのか楽しんでいるだけなのか、ネコバスはサツキを『めい』のところへ、サツキとメイを『七国山病院』へ運んでくれました。

 


カタカタっと行先表示を変える様子も面白い。

ネコなのに、ちゃんとバスですね(笑)

 

物語の最初の部分、持っていた薪を飛ばされてしまったサツキのすぐそばを通ったのが、ネコバスだったのでしょう。

 

風のように走るネコバス。

強い風がビュウっと吹いた時、ネコバスの姿を探してしまいそうですね!

 

 

トトロの正体はおばけ?都市伝説・死神説やサツキとメイには見えた理由も考察
『となりのトトロ』のトトロって、結局何者なの?って考えた事がある方、多いのではないでしょうか。 気になりますよね。 大人には見えていなくて、メイでもサツキでも会いたいから会えるような存在でもない。 そんなトトロの正...
トトロのまっくろくろすけの引っ越し先はどこ?移動の効果音や鳴き声・曲についても
サツキとメイが引っ越してきた、洋風と和風がミックスされたような古い家・・・ 長い間空家になっていたその家には、『ススワタリ』が住んでいるようでした。 お父さんが言うところの『まっくろくろすけ』。 それは集団で生活し...
トトロのお母さんの病気や入院の理由は?七国山病院のモデルや引っ越しのワケも
『となりのトトロ』では、冒頭からお母さんの姿は無く、引っ越し完了後にお母さんは何らかの理由で入院している事が語られます。 お母さんが不在の間に草壁家はとんがり屋根の洋風と和風がミックスされたような家に引っ越し、サツキはお母さんの代わり...
トトロのエンディングの赤ちゃんはメイの弟か妹?お母さんの入院は妊娠だった?
『となりのトトロ』を観終わって感動のまま、エンディングへ・・・ なぜかそこには見知らぬ赤ちゃんが登場しています。 トトロのエンディングに登場する赤ちゃんは一体誰なの?って気になる人、多いですよね。 トトロのエン...
トトロのおばあちゃんの方言はどこのもの?メイやサツキに親切な理由は?
『となりのトトロ』に登場するサツキの同級生かんたのおばあちゃん。 メイやサツキとはただのご近所さんの関係であるにも関わらず、とっても頼りになりますよね。 独特のイントネーションで喋るおばあちゃんですが、この方言ってどこの...
トトロでメイがとうもろこしをお母さんへ持っていくのはなぜ?最後会わないで帰った理由を解説
『となりのトトロ』の4歳児メイは、とうもろこしを『とうもころし』なんて言い間違えたりしてとても可愛いですよね。 おばあちゃんの畑で収穫してからずっと抱えていた大きなとうもろこし。 でも、なんでメイはとうもろこしを抱えたま...
トトロのお父さん役の声優が下手?糸井重里が棒読みでも起用された理由
『となりのトトロ』のお父さん役の声優さん、他のキャラクターとはちょっと違った感じがしませんか? キャラクターらしくないというか、演じているにしてはイマイチかなぁ・・・とか。 棒読みっぽい喋り方、もちろんわざと『棒読み風』...

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました