朝ドラ・エールの怖そうな音楽学校の先生役は高田聖子!経歴と性格についても

音楽をイメージした画像 映画・ドラマ

NHK連続テレビ小説『エール』で音が入学を希望している音楽学校は、どうやらとってもスパルタな雰囲気が漂っていましたね。

厳しさをうかがわせるのが、音楽学校で説明をしていた『先生』です。

 

『世界に通用しない人物はいらない』

『すぐに出ていってください』

 

こんな怖そうな先生の音楽学校、音楽の世界は厳しいんですね。

 

ところでこの先生役の女性、一体誰なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

朝ドラ・エールの音楽学校の先生は高田聖子

朝ドラ・エールの音が受験する音楽学校教師、キビシイ事を言い放ったのは『高田聖子(たかだしょうこ)』さん。

高田さん演じる先生は、なんだか怖そうです。

 

高田聖子のプロフィール

高田聖子さんは1967年7月28日生まれの52歳、奈良県出身の女優さんです。

読み方は、『せいこ』ではなく『しょうこ』、たかだしょうこさん。

 


1998年から1999年に放送されたNHK連続テレビ小説『やんちゃくれ』で主人公『水嶋渚』の姉役『水嶋濤子』を演じ、その名が知られる事に。

 

劇団☆新幹線に所属し、自らも所属劇団とは違った試みに挑戦するために立ち上げたユニット『月影十番勝負』を2006年までプロデュース、2008年に『月影番外地』として復活、主宰されています。

 

お父様は高田良信さん(聖徳宗法隆寺長老、第208世管主)で、高田さん本人も法隆寺で生まれ育ったというスゴイ経歴の持ち主。

元夫は俳優の高杉亘(たかすぎこう)さん、高田さんと離婚した後は一般の方と再婚されました。

 

高田聖子の過去の出演作品

高田聖子さんの過去の出演作品の一部を紹介します。

 

  • 1998年から199年放送の小西美帆さん主演、NHK連続テレビ小説『やんちゃくれ』の水嶋濤子役
  • 1999年の田中美佐子さん主演『OUT』の城之内邦子役
  • 2001年の堂本剛さん主演『向井荒太の動物日記 〜愛犬ロシナンテの災難〜』の前田早苗役
  • 2002年の松岡昌宏さん主演『ナースマン』の長谷川節子役
  • 2002年から2003年にかけて放送された『忍風戦隊ハリケンジャー』の日向おぼろ役

など。

 

その後も唐沢寿明さん主演の『メイドインジャパン』で弁護士役、松坂桃李さん主演の『探偵・日暮旅人』では第3話に登場の警察役など、ちょっとした役でも多くの作品に出演されています。

 

主な活躍の場は、所属する『劇団☆新幹線』の舞台公演、自らが主宰する『月影番外地』の舞台公演などで、精力的に活動されているようですね!

 

スポンサーリンク

高田聖子の性格は?

なんだかとっても怖くて厳しそうな音楽学校教師役ですが、素顔の高田さんはどのようなかたなのでしょうか?

お写真だけ拝見すると、とっても優しそうに見えますよね!

 


笑顔がとっても素敵、おおらかで優しい先輩、という印象。

 


ブログにもお料理の写真がたくさんアップされていますから、料理がお上手なのでしょうね!

 

 

演劇仲間とのお写真からは、少なくとも『エールの音楽学校教師』のようなキツイ感じではなさそうです。

しかし、音楽と同じく演技の世界も厳しいのは当たり前、『厳しさの中にも優しさがある』、付いていきたくなるタイプかもしれません。

 

高田さんの事を『姐さん』と呼ぶ方もいらっしゃるようです。

親しみが込められた呼び方が素敵。

 

自らもユニット主宰などをされていますので、演じる事に対しての情熱は誰にも負けないであろう高田聖子さん。

コロナウィルスに関する緊急事態宣言などで、舞台公演も厳しい状況が続いていますが、終息の際にはぜひ、待ち望んだファンにすばらしい演技を見せていただきたいですね。

 

まとめ

NHK連続テレビ小説『エール』で音が受験する音楽学校の先生役は『高田聖子(たかだしょうこ)』さんでした。

 

今後もあと数回出演の予定があるようです。

ちょっと怖そうに見えた先生は、今後どのような場面で登場するのでしょうか?

 

音の音楽学校での様子はどのようなものになるのか、今後も楽しみですね!

 

 

音が通う音楽学校についての記事はこちらもどうぞ!

朝ドラ・エールの音楽学校のロケ地・撮影場所は?モデルとなった学校についても

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました