エール(朝ドラ)の慶應の応援団長の御園生新之助役は橋本淳!性格や演技力評価は?

音楽をイメージした画像 映画・ドラマ

NHK連続テレビ小説『エール』、裕一はなかなか受け入れてもらえるような曲がかけずに苦労しているようですね!

 

そこに現れたのが早稲田大学応援部の面々。

突然裕一の前に現れたのは、応援歌の作曲を依頼するため。

野球の早慶戦に勝つために、新しい応援歌が必要なのです。

 

そんな熱い早慶戦、早稲田大学応援部のライバルである慶應義塾大学の応援団長は誰が演じているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

エール・慶應義塾大学応援団長の御園生新之助役は橋本淳

『エール』で慶應義塾大学の応援団長は『御園生新之助(みそのうしんのすけ)』という人物。

御園生って読み方が難しいですね。

 

 

御園生新之助は、早稲田の応援部の面々を見下すような嫌味な態度が見られ、早稲田の『いかにも応援団』とは違った雰囲気を持っている応援団長、という役どころ。

アメリカの学校で学んだ経験があり、それを鼻にかけている。

飲むコーヒーは『ブラック』で、頭だけでなく腕っぷしもなかなか強いようですね。

 

そしてこの『御園生新之助』役を演じるのは、『橋本淳(はしもとあつし)』さんという俳優さんです。

 

 

戦隊モノがお好きな方はすぐにわかったかと思いますが、『魔法戦隊マジレンジャー】でマジレッド役をされていた方です。

 

橋本淳とは

慶應義塾大学応援団を取りまとめる団長・御園生新之助を演じる橋本淳さんとは、一体どんな方なのでしょうか?

 

橋本淳のプロフィール

橋本淳さんは、『はしもとあつし』さんと読みます。

漢字だけだと同姓同名の方が何人かいらっしゃいますので、勘違いされる方もいるかもしれませんね。

 

橋本淳さんは1987年1月14日生まれの33歳。

身長181㎝、舞台・テレビ・映画で活躍する俳優さんです。

 

2004年の市原隼人さん主演『WATER BOYS2』で本格的にデビュー、その後2005年2月~2006年2月に放送された『魔法戦隊マジレンジャー』では主演のマジレッド役に大抜擢、当時の子供たち、お母さんたちを楽しませてくれました。

 

橋本淳の出演作品

橋本淳さんの出演作品の一部を紹介します。

 

舞台

  • 『クレシダ』(2016):ハニー役
  • 新国立劇場『君が人生の時』(2017年):トム役
  • 『No.9 不滅の旋律』(2018年~2019年):カスパール・アント・カール・ベートーヴェン役
  • 劇団た組『在庫に限りはありますが』(2019年):水野洸一役
  • KERA・MAP『キネマと恋人』(2019年):嵐山進役

など多数

 

テレビドラマ

  • WATER BOYS2(2004年):橋野役
  • 魔法戦隊マジレンジャー(2005年):小津魁(マジレッド)役
  • ちりとてちん(2007年):和田正平役
  • 参議院議員候補マミ(2008年):ヴェル役
  • 軍師官兵衛(2014年):宇都宮朝房役
  • 悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜(2017年):長谷川次作役
  • 刑事ゆがみ(2017年):町尾守役
  • 警視庁さがし物係(2018年):松永優一役
  • これは経費で落ちません!(2019年):円城格馬役

など多数

 

映画

  • 『At the terrace テラスにて』(2016年):専務の息子役
  • 『月極オトコトモダチ』(2019年):柳瀬草太役
  • 『まく子』(2019年):小菅役

など多数

 

橋本淳の性格は暗い?

橋本淳さんは『バイプレーヤー』を目指していらっしゃるのだそうです。

顔はよく見るけど名前は・・・?というのが好みの様子。

 

珍しいですよね。

人込みは嫌い、仲のいい人とだけの狭い付き合い、と仰っているように、『オレがオレが』と前に出ていくタイプではなさそう。

 

橋本さんご本人はご自身の性格について『暗いかも』と語っていらっしゃいますが、暗い、というよりも『控えめ』な方なのかもしれません。

 

しかし、演技に対しての姿勢は『控えめ』ではないんです。

舞台への出演が多い橋本さんですが、多くの作品の観劇もされているようで、ただ観るだけでなく演出家や作品についての勉強もしているのだとか。

多くの事を学び、それを自身に吸収して作品に活かしていく。

 

『演じる事に情熱を持った控えめな方』という言い方が適当でしょう(笑)

 

スポンサーリンク

橋本淳の演技力評価

橋本淳さんは『魔法戦隊マジレンジャー』で一躍有名になりましたが、やはり舞台での活躍が多いようです。

あえて舞台ばかりというわけではなく、舞台のスケジュールで埋まっているために、映画やドラマ出演との調整が難しい様子。

そんな橋本さんが『エール』に出演されるのですから、期待は膨らみますね!

 

そしてやはり気になるのが『演技力』について。

しっかりと勉強をされている方ですので、こちらもワクワクしますよね。

 

橋本淳さんの演技についてネット上の声を集めてみました。

 

 

もう圧倒的な演技力高評価です。

細かな心情も見事に表現される事で、グッと鑑賞者の心を掴むのかもしれません。

 

まとめ

NHK連続テレビ小説『エール』第8週では、早慶戦の一場面が見られました。

裕一が作曲を手掛けるのは、早稲田大学の応援歌『紺碧の空』、団長の田中隆(三浦貴大さん)に頼まれたんですよね。

 

一方ライバルの慶應義塾大学の応援団団長は御園生新之助(橋本淳さん)。

『応援団』的なイメージとはちょっと違うスタイリッシュでインテリ風な印象の応援団長を演じます。

 


 

演技力が高く評価されている橋本淳さん。

『エール』では、思っていたよりもコミカルな一面を見ることができましたね!

今後の活躍にも期待しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました