【ハリーポッター】賢者の石はなぜポケットにあった?みぞの鏡の仕掛けも解説

スポンサーリンク
『【ハリーポッターと賢者の石】なぜ石がハリーのポケットにあったの?』の記事のアイキャッチ画像 映画・ドラマ

『ハリーポッターと賢者の石』のハリー対クィレルの緊張のシーン。

ハリーのポケットから、なぜか探していたはずの『賢者の石』が出てきますよね。

 

どういう事?と悩んだ方もいらっしゃると思います。

その後のダンブルドアの説明も、なぞなぞみたいでよくわからない・・・

 

なぜハリーのポケットに賢者の石が入っていたのか、みぞの鏡と呼ばれるアイテムとの関りは何だったのか、この若干わかりにくいシーンについて説明していきます。

 

【ハリーポッター】賢者の石はなぜポケットにあったのか

ハリーが鏡を覗くとポケットに賢者の石を入れるハリーの姿が映り、そして本当にハリーのポケットには賢者の石が入っている・・・

ハテナマークがたくさん頭に浮かぶシーンですよね。

 

この賢者の石は、いつ、どこでハリーのポケットに入ったのでしょうか。

 

もともとハリーのポケットに入っていたものではない

ズボンのポケットのイメージ画像

 

ハリーのポケットの中の『賢者の石』は、ハリーが『みぞの鏡』に映る自分を見た事で出現したものです。

 

つまり、鏡を覗くまでは確かにハリーのポケットには入っていなかったもの。

もともとポケットに入っていたのではなく、鏡を覗かなければ手に入れる事ができなかったもの。

 

みぞの鏡の仕掛けの突破条件を満たす事で、ハリーは賢者の石を手に入れたのです。

 

賢者の石がポケットに入った理由

みぞの鏡を覗き込んだことにより、賢者の石を手に入れる条件を満たしたハリーのポケットの中には本物の『賢者の石』が出現します。

 

前述の通り、賢者の石はポケットに『入っていた』ものではなく、その時にポケットに『入った』のです。

 

ではなぜハリーのポケットの中などに入ったのか・・・

 

それは、鏡に映ったハリーが『内緒だよ』というようにウィンクしてみせるシーンからもわかるように、コッソリ賢者の石を手に入れるため。

 

賢者の石はクィレルやヴォルデモートに見つからないように、そっとハリーのポケットの中に現れたと考えられるのです。

 

スポンサーリンク

【ハリーポッター】賢者の石を守るみぞの鏡の仕掛け

立ち入り禁止の部屋の隠し扉の最後にハリーを待ち受けていたのは、『みぞの鏡』と鏡の前に立つクィレル先生。

 

『みぞの鏡』が賢者の石を見つけるためのアイテム、という事まではクィレルも理解してますが、鏡をどのように使うのかは知らない様子。

もちろんこの時点ではハリー自身も賢者の石の在処は知りませんし、ポケットの中もカラッポです。

 

みぞの鏡が映すもの


クィレルは、グリンゴッツ銀行から持ち出された賢者の石が、学校内に保管されている事を知っていました。

トロルを学内に入れて混乱させた隙に、賢者の石を守る部屋の様子を調べようとしたのも実はクィレル先生でした。

 

なんでクィレルは賢者の石が隠されている場所を知っていたの・・・?

そう思われる方もいらっしゃるでしょうが、その答えは、クィレル先生も他の先生と同じように『賢者の石を守る側』だったから。

 

クィレルはもちろん、マクゴナガル先生もスネイプ先生も校内で守られている賢者の石の事を知っていました。

 

 

しかし、そんなクィレルでも解けなかったのが、ダンブルドアによる『みぞの鏡』の仕掛け。

クィレルが鏡を覗けば、手に入れた賢者の石をヴォルデモートに献上している姿を映し出します。

しかし、肝心の賢者の石の在処はわからない。

 

一方で、ハリーは以前に『みぞの鏡』のとりこになりそうになった経験上、『みぞの鏡』というものが何を映し出すものかを知っています。

 

そう、みぞの鏡が映し出しているのは『一番強いのぞみ』。

 

クィレルと対峙している状態のハリーにとって、一番強いのぞみは『賢者の石はヴォルデモートになんか渡したくない、クィレルよりも先に賢者の石を手に入れたい』という事。

ハリーはヴォルデモートに賢者の石が渡らないよう、どうにかしてクィレルよりも先に石を発見する必要がありました。

 

だからこそ、ハリーは『みぞの鏡』を通じて見る事ができたのです。

自分のポケットの中に隠した『賢者の石』の姿を。

 

賢者の石を手に入れるための仕掛け

みぞの鏡を覗いたとたん、ハリーのポケットの中に現れた『賢者の石』。

これこそがクィレルが解けなかった、みぞの鏡を使ったダンブルドアの仕掛けを突破した瞬間でした。

 

ダンブルドアの仕掛けは分かりやすく言えば、

  • みぞの鏡は一番強いのぞみを映し出す
  • 賢者の石を見つけたい者だけが石を手に入れる事ができる
  • 賢者の石を使いたい者は石を手に入れる事ができない

 

みぞの鏡を覗けば、ハリーの目に映るのは『賢者の石を持っているハリーの姿』です。

クィレルがみぞの鏡を覗けば、そこに映るのは『賢者の石をヴォルデモートに献上しているクィレルの姿』です。

 

 

ハリーは、ヴォルデモートの手に渡る前に賢者の石をどうしても見つけたい。

クィレルは、ヴォルデモートが体を取り戻すために使う賢者の石を見つけて献上して褒められたい。

そしてクィレルに宿っているヴォルデモートは、自分の体を取り戻すために賢者の石を使いたいと思っています。

 

つまり、この3人の中でみぞの鏡を使ったダンブルドアの仕掛けを突破できるのはハリーだけ。

 

『見つけたい!』と強くのぞみ、使う事など考えていないハリーだけが賢者の石を手に入れる事ができたのです。

 

 

もちろん賢者の石をクィレルに見られてしまってはマズイですから、そっとポケットの中に納まりました。

 

まとめ

『ハリーポッターと賢者の石』では、最終的になぜかハリーのポケットの中から賢者の石が出現します。

そもそも、なんでポケットなんかに入ってたの?と疑問に感じてしまいますよね。

 

簡単にまとめると、

  • 賢者の石は元々ハリーのポケットに入っていたものではない。
  • 賢者の石は、ダンブルドアの『みぞの鏡』の仕掛けをクリアしたからこそ手に入った。
  • クィレルに見つからないように、賢者の石はそっとポケットの中に入った。

 

ただし、みぞの鏡の仕掛けや在処はヴォルデモートにはお見通しでしたね。

 

この時点では、まだヴォルデモートが魂だけの存在であった事が不幸中の幸い。

ハリーがクィレルを打ち破った事で、辛くも賢者の石は守られました。

 

・・・まあ、せっかくハリーが守り抜いた賢者の石も、結局はダンブルドアの手によって破壊されてしまうのですけどね。

 

賢者の石を失って死にゆくニコラス・フラメルも、ヴォルデモートの手に石が渡らなかった事でホッと胸をなでおろしたに違いありません。

 

 

【ハリーポッターと賢者の石】の関連記事はこちらもおススメです(^^)

【ハリーポッターと賢者の石】クィレルの死因は?ハリーの手の魔法と母の愛の関係も
『ハリーポッターと賢者の石』に登場したターバン姿の先生、『クィレル』は最後には砂のようになってボロボロと崩れて死んでしまいました。 このクィレル先生の死因は、ハリーがクィレルの顔面を掴んだから? ハリーも意図しない魔法が...

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました