エール・鉄男の新聞社社長令嬢・娘の仁美役は奥山春花!経歴や性格についても

音楽をイメージした画像 映画・ドラマ

エール第9週、いよいよ『福島三羽烏』の3人が再会しましたね。

 

そんな中、気になるのは鉄男と希穂子の関係。

どうやら過去に交際していた間柄だったようです。

 

そんな2人が別れる原因になったのが『社長令嬢』の存在。

 

突然新聞社に現れたこの社長令嬢の仁美さん、一体どなたが演じているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

エール・鉄男の新聞社社長令嬢・娘の仁美役は奥山春花が演じている

希穂子(きほこ)が鉄男の前から姿を消してしまう原因となったのが、新聞社社長の娘が鉄男を気に入っている事にあるようです。

この新聞社社長の娘、つまり社長令嬢の仁美(ひとみ)役を演じているのは『奥山春花(おくやまはるか)』さん。

『春花(はるか)』という名前で活動されています。

 

奥山春花のプロフィール

『奥山春花(おくやまはるか)』さんは愛知県出身のモデル・女優。

『春花(はるか)』として活躍する、1995年3月24日生まれの現在25歳です。

趣味は車やゴルフ、若い女子としては珍しい趣味かもしれませんね!

 

 

身長166㎝、『春花(はるか)』と芸名を変える前は、『竹富聖花(たけとみせいか)』という名前で活動しており、有名雑誌でも専属モデルとして活躍、テレビドラマや映画にも多数出演という経歴の持ち主です。

 

雑誌

  • Ray(2010年8月号~2013年5月号で専属モデル)
  • non-no(2013年6月号~2016年1月号で専属モデル)

 

テレビドラマ

  • この世にたやすい仕事はない(2017年・第7話、第8話)
  • コードネームミラージュ(2017年・第12話、第15話)
  • GIVER 復讐の贈与者(2018年・第4話):菅野希役
  • I”s(2018年~2019年):ナミ役
  • 癒されたい男(2019年・第4話):唐田きた恵役
  • TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020
  • パパがも一度恋をした(2020年):深町サオリ役

など多数出演

 

映画

  • バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ(2016年):三井清美役
  • 空と海のあいだ(2017年):堀江漣子役・主演
  • 三十路女はロマンチックな夢を見るか?(2018年):日野まりあ役
  • いつも月夜に米の飯(2018年)

など多数出演

 

奥山春花が演じる社長令嬢仁美はどんな役?

堂林仁美(どうばやしひとみ)は鉄男の勤める新聞社の社長令嬢です。

社長の娘ですね。

初登場の様子から、どうやら鉄男の事を気に入っている様子がうかがえます。

 

5/27放送回では、鉄男と仁美は縁談話が進んでいる事が判明しました!

堂林社長と仁美の一方的な縁談のようですが、仁美はとっても嬉しそう。

 

鉄男の気持ちは完全に無視されている状態ですね・・・

 

そして5/29の放送では、なんと仁美のお父さんである堂林社長が、鉄男と仁美の縁談を進めるために希穂子に手切れ金を渡していた事が発覚しました。

これ、仁美が聞いたら悲しみそうですよね。

 

スポンサーリンク

奥山春花の性格は?

エール第9週では、希穂子はかわいそうな人、新聞社の社長は『鉄男と希穂子の気持ちを少しも考えてくれない嫌な人』、『仁美は何も知らずに浮かれている人』のように映りました。

音の演じる『椿姫』の物語が、鉄男と希穂子の悲恋そのものでしたよね・・・

 

仁美役を演じた春花さんは、この世間知らずな感じの役柄から性格をイメージ付けされてしまう可能性もありそうです。

 

この『奥山春花』さん、本来どのような性格の方なのでしょうか。

 

思った事が顔や言葉に出るタイプ

2019年にはテラスハウスに出演していた奥山春花さん。

春花さんは、思った事が顔や言葉に出てしまうタイプの様子でした。

 


言い換えれば、コソコソできないタイプなのかもしれません。

 

ただ時にはハッキリしすぎる事でトラブルになったりもしますから、『言っちゃいけない空気』、『出しちゃいけない空気』なんかも読める方だったらいいですよね!

 

『自分との意見の違い』があったとして、それで不機嫌だったりすると周りはドキドキしてしまいますから・・・(汗)

 

ご本人も認めている通り、若干口調がキツイ印象も受けますが、ある意味『自分を出せる』タイプの方なのでしょう。

『テラスハウス』への出演で、そういうご自身の性格や口調も『客観的に』見られるようになったのだそうですが、自分の意見を言いっぱなしではなく、自分を客観的に見ることができる人って今後も伸びしろがありそうで楽しみですよね!

 

恋愛体質で人の彼氏が気になりがち

奥山春花さんはご自身でも語っていらっしゃいましたが、『恋愛体質』なのだとか。

人の彼氏とかが気になるタイプのようで、これを知っている方が『エール』を見たら、単に社長令嬢が父親の会社の社員が気になっているというより、『いなくなった恋人を想い続ける鉄男』として見ていたらどうしよう・・・なんて、余計な想像を巡らせてしまいそうです(汗)

 

 

ただ、春花さんに限らず『人の彼氏が良く見えがち』な人はたくさんいますよね。

誰かが『この人いいよね』って教えてくれることで『良さ』を発見できてしまう人もいます。

そこでグイグイ行くか、引くかは個人の性格によるとは思いますが・・・

 

意外と春花さんって、長身美人でとても目立ちますが、中身は『どこにでもいる、今どきの普通の女の子』なのではないでしょうか。

 

まとめ

NHK連続テレビ小説『エール』も第9週、幼馴染の3人が揃ってますます盛り上がってきましたね。

 

そんな中、恋愛が上手くいっていない様子の『村野鉄男』は、突然姿を消した希穂子をちょくちょく東京へ探しにきていました。

希穂子が東京にいる事を掴んで、当てもなくひたすら探し回っていたんですね。

 

音が働くカフェーで偶然にも希穂子を見つけてしまった鉄男。

そして、鉄男と別れる代わりに新聞社・堂林社長のお金を受け取ってしまった希穂子。

 

この社長の娘・仁美(ひとみ)役を演じるのが『春花(はるか)』さんです。

 

春花さんはモデルをされていただけあって、入山法子さん演じる『希穂子(きほこ)』に負けない美貌の持ち主。

 

すでに希穂子は鉄男からは離れているとは言え、心は揺れている様子。

鉄男の気持ちはどうなのか、希穂子は今後どうしていくつもりなのか、気になって仕方がありません。

 

『エール』第9週、そして今後も要チェックですよ!

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました