【呪術廻戦】庵歌姫と五条の関係性は?嫌いになった過去のキッカケを考察

スポンサーリンク
『【呪術廻旋】の歌姫と五条の関係性は?』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『呪術廻戦』のいじられキャラ、庵歌姫(いおりうたひめ)は五条にからかわれてばかり。

 

そんな歌姫は五条を嫌っているようですが、五条の方は歌姫を気に入っているようにも見えますよね。

2人の関係は実際にはどうなのか、過去に歌姫が五条を嫌いになってしまうような出来事があったのかどうかについて考察していきます。

 

【呪術廻戦】庵歌姫と五条との関係性は?

 

歌姫は五条の事を嫌いと言いますが、意外と仲がよさそうにも見える2人。

五条が高専2年生の時点では歌姫はすでに高専を卒業していますが、なぜか五条の方が歌姫をいじり倒しています。

 

歌姫はなぜ五条が嫌いなのか、なぜ五条は歌姫をいじるのか。

歌姫と五条の関係性についての考察をしてみます。

 

歌姫は五条よりも年上

歌姫は五条よりも年上、先輩にあたる人物です。

それなのに五条は、歌姫を年上とは思っていないような様子が目立ちますね。

 

どちらかと言えば、年下を相手にしているような接し方。

歌姫の見た目が幼く見えるからか、五条が『弱い』というように、守りたくなるような妹的な存在なのか、それとも歌姫が実は男性で、それを隠している事を知っているからイジワルしているのか・・・

 

歌姫は五条や夏油よりも年上ですが、ナナミンや伊地知よりも五条のほうが年上=歌姫の方が年上という部分には妙な違和感を感じてしまいます(笑)

ナナミンや伊地知さん、老け顔なんですよね・・・

 

歌姫は五条を嫌っている

歌姫が割とガチで五条が嫌い、なのだそう。

かなり五条を嫌っているようではありますが、見ている限り『嫌い』と言っても殺意のあるような間柄ではなさそうですね。

何かのキッカケで、歌姫が一方的に五条を嫌っているけれども、『嫌い』のレベル的にはさほど高いものではないようです。

 

一方の五条はと言えば、普段は歌姫をいじり倒していますが、内通者の情報を共有するなど歌姫だからこそ信頼しているような場面も見られます。

おそらく歌姫の事を熟知しているからでしょう。

 

自分の方が年上なのに、なぜか五条の手の上で転がされてしまっているようにも感じる歌姫。

それが自分でもわかるからこそ、『五条キライ』になっているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

庵歌姫が五条を嫌いになった過去のキッカケの考察

 

歌姫が五条を嫌うからには、過去に五条を嫌いになるようなキッカケがあったと考えられますよね。

2006年時点では、どうやらすでに歌姫は五条を嫌っています。

 

つまり、嫌いになるキッカケはそれよりも前。

1日前なのか1か月前なのか、それとも1年前なのかはわかりません。

 

歌姫が五条を嫌いになってしまった過去のキッカケについて考察してみます。

 

2人が幼馴染なら過去が恥ずかしい可能性

歌姫の袴スタイルは、古くからの『家』を感じさせますよね。

そして五条家も呪術においては御三家と呼ばれる旧家です。

 

つまり、歌姫と五条が幼馴染だったという可能性も少なくないはず。

幼い頃一緒に遊んでいて、その頃の歌姫は泣き虫で・・・というエピソードがあったとすれば、今でも歌姫を『弱い』と言う五条の言動も、『私の方が年上』と強がる歌姫の言動もわかる気がします。

何と言っても、歌姫は先輩なのに呼び捨てですからね。

 

歌姫は呪術師としては準1級ですから、決して弱くはありません。

確かに五条や夏油から比べれば、圧倒的に『弱い』でしょう。

しかし、いくら五条でも『格下』という意味を込めての『弱い』を言うとは思えません。

 

歌姫が格下だから『弱い』なら、術師全員『弱い』ってバカにされちゃいますからね。

 

それなのに歌姫が『弱い』と言われてしまうからには、過去に五条によく守られていたとか、すぐ泣いてしまっていたなど、歌姫にまつわる『弱虫エピソード』が存在する可能性大。

 

五条が歌姫の『昔』を知っているからこそ、『いつまでも昔の事を言う五条キライ』になったのかもしれません。

 

2人の出会いが高専なら言動が嫌いな可能性

泣き虫のイメージ画像

 

もし五条と歌姫の出会いが、五条が高専に入学した後なのであれば、『とにかく五条の言動が嫌い』の可能性が高いでしょう。

 

いちいち面白がって歌姫をいじる五条。

それに反応してしまう歌姫。

五条はそんな歌姫の反応を楽しんでいるようです。

 

五条しつこいから嫌いと言うなら、歌姫には同情しかありません(笑)

確かにしつこいですから。

 

ひょっとしたら任務中に『泣いた』現場を五条に見られてしまった事があるのかもしれませんが・・・

歌姫の性格を考慮して、わざと『泣いた』ネタで歌姫を元気づけている、と考えたいところですね。

 

まとめ

『呪術廻戦』の歌姫は、割とガチで五条が嫌いと言いつつも意外と仲が良さそう。

 

いちいち歌姫をいじる五条と、いちいち怒らなくてはならない歌姫。

歌姫の事好きかよってツッコミを入れたくなるような絡みっぷりですね(笑)

 

彼らが幼馴染で昔からお互いを知っているのであれば、五条の性格上、歌姫の昔の恥ずかしいエピソードをちらつかせずにはいられないでしょう。

彼らが高専で出会ったのであれば、歌姫は単に五条の言動が好きではないのでしょう。

 

嫌いな原因が何にせよ、実は2人の仲が良さそうに見えるのは、根底にはお互いへの信頼があるからではないでしょうか。

そのうち歌姫も、『そういうヤツだから仕方ないよね』と五条の言動を素直に認めてしまう日が来るのかもしれませんね。

 

 

『呪術廻戦』をできるだけ安く買う方法を解説した記事はこちら↓↓

呪術廻戦を安く買う方法は?電子書籍ならゼロ巻含む全巻が最安値でお得に読める!
この記事では週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画『呪術廻戦』を、とにかく安く買う方法を紹介します。 結論から先に言ってしまうと『ebookjapan(イーブックジャパン)』が最もオススメ。 なぜなら、ebookjapan...

 

『呪術廻戦』に関する記事はこちらもオススメです(^^)

【呪術廻戦】庵歌姫の術式や能力・強さは?感情に関係してるのかや顔の傷の理由も
『呪術廻戦』の庵歌姫(いおりうたひめ)は、巫女さんのような袴姿がカワイイ京都校の先生。 術式や能力、強さなどが判明していないキャラクターであり、顔にある大きな傷の存在も気になります。 歌姫の術式や能力はどのようなものなの...
西宮桃の箒(ほうき)で空飛ぶ術式を解説!髪型や性格は先輩魔女がモデル?【呪術廻戦】
『呪術廻戦』の西宮桃は、一見すると魔女?と思ってしまうような小柄な女性です。 そんな彼女は見た目通り、魔女のように箒に乗って空を飛び、仲間をサポートしています。 今回は魔女風女子、西宮桃の術式の解説と、髪型や性格のモデル...
存在しない記憶の発動条件は?能力や目的についての考察【呪術廻戦】
『存在しない記憶』という呪術廻戦ファンを賑わせている謎の力。 最初はアイドル好きの東堂のギャグシーンかと思いきや、脹相との戦いでも発動。 『存在しない記憶』が何らかの術式や能力、伏線である可能性が一気に高まりましたよね。...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました