【タイタニック】映画の冒頭の映像は本物?出港シーンや海底の沈没船はCGかについても

スポンサーリンク
『【タイタニック】冒頭の映像は本物?』の記事のアイキャッチ画像 映画・ドラマ

映画『タイタニック』の最初のシーンの古めかしいタイタニックの出港映像、そして海底に沈んでいるタイタニック号が本物なのかどうか、物語の序盤からものすごく気になりますよね。

 

タイタニック氷山衝突事故は歴史上でも有名な出来事。

『本物』のタイタニック号の映像を見てみたいと思っていた方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、映画『タイタニック』の冒頭の映像が本物のタイタニック号なのかどうか、出港シーンと海底の船体の映像についての裏話を紹介していきます。

 

【タイタニック】映画の冒頭は本物の映像?

映画『タイタニック』は、1912年に氷山への衝突による船体破損によって沈没した豪華客船タイタニック号の悲劇的な事故を題材とした作品です。

 

多くの人が知る大事故ですが、当時の写真や資料はほとんど残っていないのだとか。

 

それ故、冒頭のセピア色のタイタニック号の映像は『つくり物』

北大西洋の海底に眠るタイタニックの朽ちた船体の映像は『本物』のようです。

 

映画冒頭のシーンの意図

出港のイメージ画像

 

映画冒頭に登場するのは、過去の栄華を思わせるセピア色のタイタニック号の出港映像と、海底に沈んだまま腐食を続けているタイタニック号。

ほぼ同時に、過去と現在を見る事ができるようになっていますよね。

 

実はこれは、世界一の豪華客船と言われた過去の華々しい姿と、出港から数日後に海に沈んだ悲劇の船の現在の無残な姿を対比する意図が込められた演出です。

 

かつて人々の羨望と歓声に包まれながら出港したタイタニック号

その後、およそ1,517名の命と共に海底に沈んだ船体。

 

なぜ事故は起きたのか、なぜ多くの犠牲者を出してしまったのか、20世紀最大の海難事故とも言われるタイタニック号の悲劇が、『タイタニック』の物語を通じてより鮮明に心に刻まれるような対比映像となっているのです。

 

冒頭の朽ちたタイタニックは本物

朽ちている金属のイメージ画像

 

海底に沈んでいるタイタニック号の映像は、ジェームズ・キャメロン監督がこだわった映像の一つであり、『本物』です。

『タイタニック』は1997年に公開された映画ですが、当時と同じく、今もタイタニック号は北大西洋の海で底で眠っています。

 

引き上げられる事もなく海底に眠ったままの船体。

どうして引き上げないのか・・・と不思議に思う方もいらっしゃるでしょうが、どうやらタイタニック号を引き上げる事は『不可能』のようです。

 

なぜなら、水深およそ4,000mの海底に沈むタイタニック号は塩水やバクテリアによる腐食が進み、引き上げ作業で船体が崩れてしまう恐れがあるから。

そして今現在の技術力では、金属を食べるバクテリアに支配されたタイタニック号を引き上げる事ができないのだとか。

 

腐食は今後も容赦なく続き、あと20年ほどで船体を維持できなくなると言われているタイタニック号。

引き上げたほうがよいなどの様々な意見はありますが、『タイタニック』のジェームズ・キャメロン監督は、死者の眠りを妨げるとしてタイタニック号の引き揚げ作業には反対のようです。

 

スポンサーリンク

【タイタニック】映画の出港シーンと海底の沈没船の映像はCG?

『タイタニック』の撮影にあたり、冒頭の出港シーン、海底の沈没船の映像には撮影秘話があるようです。

 

それは・・・

  • 出港シーンには物語中の一場面が使われている
  • 海底シーンはCGではなく、ジェームズ・キャメロン監督自らが撮影に臨んだ

 

この2つを順に説明していきます。

 

出港シーンはセピア色に加工

セピア色に加工するイメージ画像

 

冒頭のタイタニック号出港シーンは、1912年当時の本物のタイタニック号の出港の様子を捉えた映像に見えますよね。

これから起こる悲劇を知らず、笑顔を見せる人々の姿が辛い場面。

 

しかし実はこのシーン、セピア色に加工された偽物。

 

物語中のタイタニック号出港の場面(開始から22分~23分後あたりのシーン)の一部を切り取り、セピア色に加工しているものなのだとか。

気になる方は冒頭の出港シーンと、物語中の出港シーンをぜひ見比べてみてくださいね。

セピア色のスロー映像は、『本物』っぽく見せるテクニックだったようです。

 

処女航海で沈没した豪華客船として有名なタイタニック号。

残念ながら1912年当時の写真など、『本物』のタイタニック号が映っている資料は少ないのです。

 

海底撮影の特殊マシンが導入された

冒頭に登場する海底で眠る現在のタイタニック号の様子が映された映像は、CGなどではない『本物』です。

ジェームズ・キャメロン監督にとっては、本物のタイタニック号の姿を撮影して、その映像を使う事ができなければ映画を作らないとまで言っていたほどこだわりのある映像。

 

水深約4,000mの海底に沈むタイタニック号の姿は、『タイタニック』制作のために特殊なカメラや水圧に耐えられる照明システムを新たに開発し、ロシアの深海潜水艇を搭載した船をチャーターして撮影されたのだとか。

しかも、監督自身が探査機に乗り込んで撮影したというのですから、さらにビックリです。

 

撮影の様子を見ていたスタッフはヒヤヒヤものだったでしょうね。

かなりリスクの高い潜水ではありますが、元々海洋学に詳しくタイタニック号に対する関心も人一倍強かったという監督らしい撮影方法とも言えます。

 

まとめ

映画『タイタニック』の冒頭の映像、セピア色の出港シーンは作られた映像であり、海底に沈む船体の映像は、ジェームズ・キャメロン監督自らが撮影した本物のタイタニック号です。

 

セピア色の出港シーンは、物語中のタイタニック出港シーンの一部を切り取って加工したもの。

『本物』のタイタニック号の映像だと思ってしまった方には残念な話となってしまいますが、当時の資料はほとんど残されていないようです。

 

ちなみに海底に沈んだタイタニック号の映像は、特殊なカメラや水圧に耐える照明システムを開発した上で監督自身が深海探査機に乗り込んで撮影したもの。

もちろん監督が撮影したのは『本物』のタイタニック号です。

 

腐食が進み技術的に引き上げる事ができない、かつての豪華客船タイタニック号。

あと20年ほどで船体の形をとどめる事もできなくなってしまうのだとか。

 

朽ちて無くなってしまうのは残念な気もしますが・・・

船と共に沈んだ1,517名の眠りを妨げたくないというジェームズ・キャメロン監督の考え方に共感する方も多いかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました