わたナギ第3話ネタバレと感想・展開予想!肥後先生の参戦でメイを巡る四角関係に?

家事のイメージ画像 映画・ドラマ

『私の家政夫ナギサさん』第3話。

ついに肥後すこやかクリニックの医師『肥後菊太郎』もメイのお相手候補として参戦してきましたね!

 

メイとナギサ、田所、肥後・・・

メイを巡る四角関係となっていくのでしょうか?

 

第3話のネタバレと今後の展開を予想します。

 

スポンサーリンク

わたナギ第3話のネタバレと感想

仕事を頑張るメイ、第2話でトライアル期間が終了した家政夫ナギサ、メイを特別視しているかのような田所。

第3話ではこれらの人物との関係に変化はあったでしょうか?

 

メイとナギサの正式契約

『やればできる』という母の呪いの言葉に、仕事も家事も頑張りすぎてしまったメイ。

ついにはストレスや疲労、寝不足から倒れてしまいます。

 

メイを追い詰めてしまった母の美登里に、ナギサが『出来ないところも見てあげて』と訴えた事から、美登里の気持ちに変化が訪れました。

出来る出来ないよりも、娘を大切に想っているという気持ちを思い出したのでしょう。

 

ナギサの『倒れてしまっては意味がない』という言葉。

母の『家のことはそのうちでいいから』という言葉。

 

 

メイは仕事に打ち込むには家政夫ナギサの力が必要だと再認識し、いよいよ正式な契約を結びました。

 

これで家のことはナギサにすべて任せられます。

 


いや、やっぱりキレイな部屋、美味しいごはんって良いですよね!

それだけで元気が出てきます。

 

散らかった部屋の隙間で寝るような生活、食事はゼリーという生活から抜け出したら、メイはますます仕事で活躍しそう。

 

そしてこの先ナギサと過ごす時間は増えていきそうです。

 

さらにメイとの距離を縮めてくる田所

田所は再びメイを食事に誘います。

今回は天保山製薬メンバーの行きつけ『万薬の長』。

 

田所が話す内容からはメイを大切に想っている様子も伺えますが、そのあたりに鈍いメイには届いていないかもしれません。

 


ライバルとしてではない、メイの内面を知りたい。

そんな気持ちから田所はメイを誘ったのでしょう。

 

この2人は徐々に距離が縮まっているようですが、メイは田所に完全に心を開いているワケではありません。

何と言っても、実は田所と同じマンションに住んでいる事も隠していますから!

 

仕事上の付き合いはするけれど、それ以上は踏み込んできてほしくない。

メイにとって、現時点の田所はそういう存在です。

 

ただし、グイグイくる田所なので、今後も2人きりの食事の回数は増えていくのでしょう。

 

マッチングアプリで繋がる肥後先生

親友の薫に促されるままマッチングアプリを利用しているメイ。

利用している、というよりも知らないうちにマッチングアプリを利用していた、というほうが正解かもしれません。

 

婚活に勤しむ薫に付き合って登録しているだけの状態です。

 

そんな中、久しぶりに開いたマッチングアプリ。

相手候補の男性を見ていると、そこにはなぜか瀬川遥人の姿も・・・(笑)

 

キャッキャしているうちにタップミスをして繋がったのが、なんと肥後先生でした。

 

気まずいと思いつつ、仕事で肥後先生の元へ。

やはり肥後先生はマッチングアプリを利用しており、メイと繋がった事をチェック済み!

 

MRと病院の先生で2人きりで食事などはご法度という事で、田所のように2人で食事をするような機会は無さそうですが、肥後先生は大勢の中でもメイにアプローチしてくる可能性は大きいと思います。

何と言っても、肥後先生も田所と同じ、仕事に一生懸命なメイの姿を見ていますから。

 

感想:メイが何事にも一生懸命すぎてツライ

『私の家政夫ナギサさん』の主人公相原メイは、幼いころから『やればできる子』として育ってきたため、期待されればそれに応えようと必要以上に頑張ってしまう女性です。

第3話では、メイの母から『仕事も家庭も両立できなければ』という期待をかけられ、結局ダウン。

 


そこまで自分を追い詰められるのもスゴイし、よく考えればそんな生活ツラすぎます・・・。

ただでさえ睡眠時間を削って勉強しているのに、さらに削って家事も。

器用な人なら出来てしまうのかもしれませんが、メイは絶望的に家事が苦手です。

 

家事に苦労していない人にはわかりにくかもしれませんが、私も家事が苦手なので共感してしまいますね・・・

とにかく、何から手を付ければいいのか、やり初めても手際が悪いので時間ばっかりかかるんです。

 

そしてダウン。

一生懸命すぎる人って、自分の限界を超えても頑張ってしまうのかもしれません。

 

物語全体がコミカルなため重々しい感じは全くないですけど、一昔前の朝ドラとかだったら暗い音楽と神妙な語りが入るようなシーンですよね(笑)

 

その後正式にナギサと契約したため、今後は家事が負担になってダウンする事はないでしょうが、メイの周りにはメイに期待する人も多くいます。

そんな頑張るメイの姿に魅力を感じているだろう人もいます。

 

今後ゴチャゴチャしてきそうなメイを巡る男性関係。

昇進を目指す仕事関係。

 

メイを応援しつつ、あんまり無理しないで!って思ってしまう、そんな内容の第3話でした。

 

メイを巡る男性ナギサ・田所・肥後とは

メイの周りには、メイを気にしている人物として3人の男性が存在します。

ナギサ、田所、肥後。

彼らはそれぞれどのような人物なのか、振り返ってみます。

 

鴫野ナギサ

 


鴫野ナギサはメイにとって『お母さん』のような存在の家政夫。

仕事に打ち込むメイにとって、家のことを任せていられるナギサは信頼できる男性のうちの一人でしょう。

 

ナギサは頑張りすぎるメイを心の底から心配しています。

 

しかも、ナギサにはメイの頑張っている姿も家でだらしなく過ごす姿も、散らかり放題の部屋も全部見られています。

メイの全てを分かった上で、ナギサはメイの家政夫として働いています。

 

メイが辛い時には十分に頑張っているメイを褒め、無理をするメイをり、出来ていない事も認めてくれるナギサ。

『お母さん』のように、メイの全てを包み込んでくれる男性です。

 

田所優太

 


天保山製薬のライバル会社『アーノルド製薬』のMRの田所優太。

もちろんメイのライバルでもあります。

 

田所はメイの働く姿を見て、メイに惹かれた様子。

 

仕事に打ち込む姿、努力を怠らない姿、そしてライバル田所に挑む姿。

田所に負けた悔しさを素直に吐露する姿にも好感を持つでしょう。

 

成績優秀な天保山製薬のMR相原メイを、さらに高いところまで引っ張りあげてくれるような存在、それが田所優太です。

 

ただし、現時点では家の事が苦手なメイの姿は、田所には知られていません。

 

肥後菊之助

 


肥後すこやかクリニックの医師の肥後菊太郎。

メイが天保山製薬の新薬導入のアプローチをかけていた病院の先生です。

 

第3話では、メイの操作ミスで繋がってしまったマッチングアプリの相手が、なぜか肥後先生でした。

 

肥後は患者の事を大切に思ってくれるお医者さんです。

新薬導入の際にメイの天保山製薬と田所のアーノルド製薬が候補に残るも、効能以前に患者さんの様子をしっかりと見ていてくれた、という理由から田所の勧めるアーノルド製薬の新薬に軍配をあげました。

 

メイはその時何をしていたかと言えば、肥後の気持ちを掴むために肥後の趣味を押さえ、そして新薬のアプローチを繰り返していました。

 

田所は肥後に、患者の気持ちを考えてくれるMRで信頼できる、と判断されたという事ですね。

 

田所に負けたのは患者さんの事を見ていなかったから、と敗因を分析し反省したメイではありますが、すでに肥後の推しの『トキ』をはじめ、漫画『北斗の拳』の話に付いていけるようになっています。

もちろん、これはMRとしての作戦でしかなかったのですが、肥後からすれば『趣味を分かち合える女性』としてメイを見るキッカケにはなりそうです。

 

肥後は仕事だけでなく、趣味の世界にも没頭するタイプなのでしょうか。

まるで多趣味なメイの母親『美登里』のようです。

 

スポンサーリンク

わたナギ今後の展開予想

わたナギの今後の展開を予想してみます。

第3話、すでにメイの周りにはオジサン含め男性が何人もいますね。

 

その中でも、特にメイを大切に想ってくれていると思われるのが、ナギサ、田所、そして今回からメイの相手候補となった肥後の3人です。

 

瀬川遥人もメイの傍にはいますが、あくまでも仕事の先生。

遥人は、メイを厳しい人だと感じながらも尊敬しているはずです。

 

ちなみにこの物語には、最初から『結婚』を思わせる描写が多く出てきます。

婚活する薫、30歳が迫っているメイの年齢、誕生日の朝の母からの電話、そして仕事と家庭が両立できるのか、という問題。

 

『私の家政夫ナギサさん』では、今後結婚に関する物語が展開されることは間違いないでしょう。

ドラマオリジナルの登場人物だらけなので『誰と』という部分までは想像の段階ではありますが、原作漫画にもメイが結婚するかどうかという内容のストーリーが登場します。

 

おそらく、今回新たに候補として加わった肥後を含め、ナギサ、田所、肥後の3人との結婚を考えていくような内容になるのではないでしょうか?

 

ナギサと結婚すれば、ホッとした家庭になりそうだし、田所と結婚すれば仕事に打ち込む環境を確保できそう。

肥後と結婚したら、お休みの日は趣味を楽しめそうです。

 

 

もしメイが結婚相手を選ぶとしたら・・・?

すごく悩むところではありますが、やっぱりナギサだったらいいなと思ってしまいます。

『家事が出来るお母さん的おじさん』に収まらない展開を見たいですね!

 

ただし、メイの場合は仕事に打ち込むために『結婚はしない』、という選択もありそうです。

 

まとめ

『私の家政夫ナギサさん』第3話、あの肥後先生もメイのお相手候補になってくるなんて、意外でした!

 

ナギサ、田所、肥後。

それぞれちょっとずつ違う、だけど個性的な面々です。

今後の物語を予想するとすれば、この3人とメイとの『結婚話』が盛り込まれるでしょう。

 

  • ナギサと結婚すればホッとする家庭
  • 田所と結婚すれば仕事に打ち込める環境
  • 肥後と結婚すれば休日を楽しめそう

 

個人的にはナギサ推しですが(笑)。

結婚してもメイが仕事を続けていくにはどうしたらいいか、家庭の事はどうするか・・・

『結婚』だけに収まらない部分にも触れる内容が展開されていくのではないでしょうか。

 

第4話以降のストーリーが今から気になります!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました