エール・作詞家高梨一太郎役の俳優はノゾエ征爾!経歴や他の出演作品は?

音楽をイメージした画像 映画・ドラマ

NHK連続テレビ小説『エール』もいよいよ第10週。

第9週では裕一の初レコードも発売されてホッとしましたが、鉄男と希穂子の恋の行方にはモヤモヤ・・・

エール第10週ではいよいよ、裕一にとっての運命の出会いが待っているようです。

 

スポンサーリンク

エール・作詞家高梨一太郎役はノゾエ征爾

『エール』に作詞家『高梨一太郎(たかなしいちたろう)』役として登場するのは『ノゾエ征爾(のぞえせいじ)』さん。

 

『エール』では丸いメガネをかけて穏やかそうな青年に見えますね!

 

 

どことなく『いとうせいこう』さんや、前髪を下した『濱田岳』さん、メガネをかけたその姿が『立川志らく』さんにも似ている雰囲気のこの俳優さん、一体どんな方なのでしょうか。

 

高梨一太郎役:ノゾエ征爾の経歴

作詞家の『高梨一太郎』役を演じる『ノゾエ征爾』さんの経歴を紹介します。

 

ノゾエ征爾さんは1975年7月2日生まれの現在44歳。

 

 

なんと8歳までアメリカで過ごしていたそうです。

幼少期は転校する事が多く、7校も小学校を転々としたのだとか。

 

劇作家・演出家・俳優の顔を持ち、青山学院大学在学中に劇団『はえぎわ』を立ち上げ、現在も精力的に活動されています。

2012年には、第23回はえぎわ公演『○○トアル風景』の脚本が第56回岸田國士戯曲賞受賞を受賞されました。

 

ノゾエ征爾演じる高梨一太郎の役どころ

ところでノゾエ征爾さんが演じる高梨一太郎の役どころはどのようなものなのでしょうか?

 

温厚そうな見た目の『高梨一太郎(たかなしいちたろう)』は、どうやら裕一の才能を認めてくれているようです。

人気作曲家となった木枯正人が作曲、歌詞を高梨一太郎が書いた『酒か涙か溜息か』は大ヒット。

この歌は実際でも日本の歌謡史実に残る名曲となっています。

 

その作詞家『高梨一太郎』が裕一を気に入って『船頭可愛いや』の歌詞に曲を付けてくれ、と依頼する・・・

 

 

6/1(第46回)放送ではにこやかな顔つきで登場するシーンのみ。

6/2(第47回)放送では『高梨一太郎』は『高梨先生』と呼ばれるほどの人物だと判明し、裕一が作曲した『福島行進曲』を『いい曲』と褒めてくれていましたね。

そして最初は『木枯正人』に依頼する予定だった『船頭可愛いや』の曲を裕一に依頼します。

6/3(第48回)放送では、それまで全く売れていなかった『船頭可愛いや』を双浦環が歌う事で爆発的ヒットとなり、街中に裕一の作曲した『船頭可愛いや』が流れるようになりました。

 

 

ノゾエ征爾さんの登場シーンは6/1(第46回)と6/2(第47回)でした。

 

『船頭可愛いや』も順調に売れているようですが、この先高梨一太郎役のノゾエ征爾さんの登場シーンはあるのでしょうか?

今後の登場の可能性は低そうですが、裕一のヒットのきっかけを作った人物として、ぜひ再登場してほしいですね!

 

エール・ノゾエ征爾が演じる高梨一太郎のモデルは高橋掬太郎

ところでこのノゾエ征爾さんが演じる『高梨一太郎』は、作詞家の『高橋掬太郎(たかはしきくたろう)』さんがモデルになっています。

 

高橋掬太郎さんは『酒か涙か溜息か』を昭和6年にヒットさせて以降、歌謡曲の作詞家として活躍されました。

『エール』の中でも木枯が作曲してヒットしたあの曲ですね。

 

 

昭和10年には『船頭可愛や』が発表され、これによって作曲家の古関裕而さん・歌手の音丸さんも『コロムビア』の揺るぎない存在となったようです。

 

スポンサーリンク

ノゾエ征爾の他の出演作品は?

高梨一太郎役を演じるノゾエ征爾さんの他の出演作品の一部を紹介します。

さすがに劇団を主宰されているだけあって、割合的には舞台での活躍が多いようです。

 

舞台(はえぎわ公演)

  • 『飛ぶひと』(2015年)
  • 『ゴードンとドーソン~妻と夫と虎の夢~』(2015年)
  • 『其処馬鹿と泣く』(2016年)
  • 『桜のその薗』(2019年)

など他にも多数出演。

 

舞台(外部出演)

  • 『ちゃちゃのチャーリー~愛しのお姫さま~』(2017年)
  • 『ちゃちゃのチャーリー~さようなら涙くん~』(2018年)
  • 『ニンゲン御破算』(2018年)
  • 『命売ります』(2018年)
  • 『ちゃちゃのチャーリー~10周年だよ、チャーリー誕生秘話~』(2019年)

など他にも多数出演。

 

映画

  • 『台風一家』(2014年):きとう役
  • 『FORMA』(2014年):長田修役
  • 『at Homeアットホーム』(2015年)
  • 『バクマン』(2015年)

など多数出演。

 

テレビドラマ

  • 『石の繭』(2015年)
  • 『水晶の鼓動』(2016年)
  • 『東京独身男子』(2019年):加藤泰司役
  • 『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年):松内則三役

など多数出演。

 

まとめ

『エール』で木枯と一緒に裕一の前に現れるメガネの青年は『高梨一太郎(たかなしいちたろう)』。

高梨一太郎役を演じるのは『ノゾエ征爾(のぞえせいじ)』さんです。

 

高梨一太郎とのこの出会いは、今後裕一の運命を変えていくのでしょう。

 

『エール』第10週は、いよいよ裕一は大人気作曲家としての道を歩み始められるのでしょうか?

今後の展開も要チェックですね!

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました