忍びの地図を作った人は誰?スネイプへのメッセージとの関係も

スポンサーリンク
『【ハリーポッターとアズカバンの囚人】に登場する忍びの地図を作った人が誰なのか』の記事のアイキャッチ画像 映画・ドラマ

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』には、ホグワーツ全体を記した『忍びの地図(しのびのちず)』という便利なアイテムが登場します。

 

この忍びの地図はホグワーツ内にいる人物の動きをリアルタイムで表示し、さらには7つの抜け道を記している優れもの。

しかし、そんなスゴイ地図でも見た目はただの羊皮紙。

ハリーも『ボロクズ』と見間違えてしまうほど、古い羊皮紙です。

 

そう、使い方を知らなければホグワーツの地図が現れない仕組みになっているのです。

 

そんなスゴイ地図を作った人は誰なのでしょうか?

地図の作者と、からかいとも思えるスネイプへのメッセージとの関係についても解説します。

 

忍びの地図を作った人は誰?

 

足あとのイメージ画像

 

『我はよからぬことを企む者』

呪文を唱えて地図を表示させたときに現れる言葉は、『ムーニーとワームテイル、パッドフットとプロングズが贈る忍びの地図』というメッセージです。

 

つまり、そこに記されている『ムーニー』・『ワームテイル』・『パッドフット』・『プロングズ』が忍びの地図の作者。

まるで聞いた事のない名前が連なっていますが、ホグワーツ内を詳しく知っていると思われる彼らは一体何者なのでしょうか?

 

忍びの地図の作成者4人の名前

忍びの地図の作者は、ムーニー、ワームテイル、パッドフット、プロングズの4人です。

 

彼らは、かつてホグワーツ魔法魔術学校に通っていた元同級生。

当時はいつも一緒に遊んでいた、言わば親友4人組です。

 

ちなみに地図に示されているのは『ニックネーム』であって、彼らの本名ではありません。

 

彼らの本当の名前は、

  • 『ムーニー』こと、リーマス・ルーピン
  • 『ワームテイル』こと、ピーター・ペティグリュー
  • 『パッドフット』こと、シリウス・ブラック
  • 『プロングズ』こと、ジェームズ・ポッター

 

つまり、ハリーの父ジェームズ・ポッターをはじめとする仲良し4人で『忍びの地図』を作ったのです。

 

だからこそルーピン先生は『忍びの地図』の使い方を知っていたし、ブラックは叫びの屋敷に繋がる抜け道の存在を知っていたのですね。

 

忍びの地図の作者がニックネームを使った理由

『忍びの地図』に現れる名前は、ルーピン先生やシリウス・ブラックのニックネームです。

 

しかし、再会したルーピン先生やブラック、ピーターの様子を見ていると、お互いにニックネームで呼び合うような様子も無く、主に名前で呼び合っていますよね。

 

つまり、普段からニックネームを使っているワケではなさそうです。

それならば、なぜ地図ではニックネームを使用したのか・・・?

 

実は彼らのニックネームは、彼らが『動物に変身した姿』が元ネタとなっています。

 

元々『忍びの地図』は学校からコッソリ抜け出したり、『よからぬこと』をして得た情報を元に作られたもの。

その『よからぬこと』のうちの1つが、『動物もどき(アニメーガス)になって夜中に校庭や村をウロついていた』というものです。

 

夜中にウロウロするのはホグワーツの規則違反。

しかも『動物もどき(アニメーガス)』に関しては、魔法界では魔法省が登録管理しているもの。

未登録の『動物もどき』など存在しないはずであり、もちろんマクゴナガル先生もしっかり登録されています。

 


魔法界のルールを犯してまで彼らが『動物もどき』になるのは、実はオオカミ人間であるルーピンを大切な仲間と思うからこそ。

ルーピン以外の3人はそれぞれ動物に変身し、満月で狼に変身してしまう期間を『動物』として一緒に過ごしていたのです。

 

彼らは月に1度、動物の姿での探検を繰り返しました。

ホグワーツ周辺を隅々まで探索するなんて、ワクワクするような大冒険。

 

そんな探検を重ねた末に『忍びの地図』は完成しました。

故に、表に記されている名前は『ムーニー』・『ワームテイル』・『パッドフット』・『プロングズ』。

 

彼らの思い出と思い入れがたっぷり詰まったニックネームだからこそ、地図には敢えてニックネームを記載したのでしょう。

 

 

ちなみに、地図の表書きにはニックネームが表示されますが、誰がどこにいるかの表示ではニックネームではなく本名が記されます。

死亡したと思われていた『ピーター・ペティグリュー』の名前が地図に現れたのが良い例ですね。

 

万が一『忍びの地図』の使い方が先生などにバレた時でも、作成者が誰なのかわからないように、という意味も含まれているのかもしれません。

 

忍びの地図の作者のニックネームの意味

『忍びの地図』の作者である4人には、それぞれニックネームがあります。

ニックネームと言っても、本来の名前からは全く想像できないようなものばかり。

 

実は、彼らのニックネームには『意味』があるのです。

 

ムーニーの意味

 

ルーピン先生のニックネームは『ムーニー(Mooney)』

『人狼、オオカミ人間』である彼は満月を見て変身します。

 

つまり、『moon(月)』、『moony(月の)』から考えられたニックネームです。

 

ワームテイルの意味


ピーター・ペティグリューは『ネズミ』に変身します。

『worm(ミミズなどの細長い虫)』と『tail(尾、しっぽ)』で、ネズミをイメージできますよね。

 

つまり、ミミズのようなシッポを持っているネズミに変身するから『ワームテイル(Wormtail)』というニックネームなのです。

 

パッドフットの意味

大型の犬のイメージ画像

 

シリウス・ブラックは、ハリーが『死に神犬(グリム)』かもしれないと怯えたように、大きな黒い『犬』に変身します。

 

『pad(動物の足裏の肉球)』と『foot(足、足部)』

故に『パッドフット(Padfoot)』

 

しかしこれだけでは『犬』と繋がりが薄いような気もしますね・・・

 

肉球と言うと『猫』のイメージもありますから、マクゴナガル先生の姿がチラつきます(笑)

 

プロングズ

鹿の角のイメージ画像

 

『prong』は、フォークなどの又のあるものの先のとがった部分を指す言葉。

そしてハリーの父、ジェームズ・ポッターは『牡鹿』に変身します。

 

つまり、牡鹿の立派な角の部分をイメージして『プロングズ(Prongs)』というニックネームになったのです。

 

スポンサーリンク

忍びの地図とスネイプへのメッセージの関係

『他人へのお節介はご遠慮願い・・・』のメッセージが浮かび上がった忍びの地図。

 

スネイプだけのためとも思えるこのメッセージは、忍びの地図や作者とどのような関係があるのでしょうか?

 

スネイプは忍びの地図の使い方も呪文も知らない

 

夜中に校内をウロウロしているハリーを見つけたスネイプ。

 

スネイプ先生には、ハリーが持っているボロボロの羊皮紙が何なのかがわかりませんが、夜中にそんなものを持ち歩いているわけですから、何か怪しいものだと直感したのでしょう。

 

『なんじの秘密を顕せ』

 

そう、スネイプは何かあやしいアイテムであると睨んでいるものの、使い方や呪文どころか『地図』である事すらも知らないのです。

 

地図に浮かぶスネイプへのメッセージ

『なんじの秘密を顕せ』

この呪文で『地図』である事がバレてしまうと思いきや、何やらおかしな事が起きましたよね。

 

この時羊皮紙が浮かびあがらせたのは、スネイプ先生をからかうような言葉。

『他人へのお節介はお控え願い・・・』

 

・・・ん??

スネイプの事を言ってるよね?

 

そう、スネイプ先生の性格を知っている人なら、思わず爆笑してしまいそうなほどピッタリな言葉です。

 

忍びの地図の作者とスネイプは仲が悪い

忍びの地図を作ったのは前述の通り、学生時代のルーピン先生、シリウス・ブラック、ピーター・ペティグリュー、ジェームズ・ポッターの4人です。

 

実は、彼ら4人はスネイプ先生ともホグワーツ時代の同級生。

しかし、彼らとスネイプは反りが合いません。

 

なんと言ってもスネイプは、ルール遵守の詮索好き。

彼ら4人は規則違反を楽しむタイプ。

 

合うワケがないですよね・・・(苦笑)

 

 

地図の秘密を暴こうとした際に浮かび上がった『他人へのお節介はご遠慮願い・・・』という言葉は、他の誰でもなく『スネイプ』に向けたメッセージ。

 

詮索好きのスネイプが地図の秘密を暴こうとする日が来る事を予想して、予め仕込んでおいた『仕掛け』だったのではないでしょうか。

 

まとめ

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』には、不思議なアイテム『忍びの地図』が登場します。

この地図の優れているところは、普段はただの羊皮紙で地図を示していないところと、地図上では誰がどこで何をしているのかが一目瞭然になるところ。

 

つまり、地図の使い方や呪文を知っている人にしか使う事ができません。

 

そんなスゴイ地図を作ったのは、ルーピン先生、シリウス・ブラック、ハリーの父ジェームズ、ピーターの4人。

彼らはホグワーツ周辺を隅々まで探索して、それで地図を作ったのです。

 

でも忘れてはならない、彼らの学生時代からの天敵スネイプ。

スネイプのしつこさは天下一品、いつかはこの地図の秘密も暴こうとするのでは?

 

そこで思いついたイタズラが、『他人へのお節介はご遠慮願い・・・』というスネイプへのメッセージだったのでしょう(笑)

 

時を超えてまでジェームズたちにしてやられたスネイプ。

さぞ悔しかったでしょうね(笑)

 

 

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』に関連する記事は、こちらもおススメです。

フレッドとジョージが忍びの地図の使い方を知ってたのはなぜ?フィルチが持ってた理由も
『ハリーポッターとアズカバンの囚人』に登場する古い不思議な羊皮紙。 ハリーですら最初は『ボロクズ』と思ってしまったこのアイテム。 呪文を唱えればあっという間にホグワーツ全体を描き、どこに誰がいるかも一目瞭然の超便利グッズなのです...
ルーピン先生がチョコをくれるのはなぜ?効果や渡された時のセリフまとめ
『ハリーポッターとアズカバンの囚人』では、新任のルーピン先生がハリーにチョコレートをくれるシーンが数回登場しますよね。 ホグワーツ行きの列車の中、ボガートを使っての守護霊の呪文の練習の時・・・ 『元気が出るよ』と、いちい...
シリウスブラックとスネイプの関係性は仲が悪い?復讐したい理由は何?
『ハリーポッターとアズカバンの囚人』では、『死に神犬(グリム)』によって暴れ柳の根元に引きずり込まれたロンを追って、ハリーとハーマイオニーはいつの間にか恐怖の幽霊屋敷『叫びの屋敷』に入り込みます。 そこで待っていたのはグリムではなく、...
【ハリーポッターとアズカバンの囚人】ほうきは誰からのプレゼント?羽根の意味・理由も
『ハリーポッターとアズカバンの囚人』のラストシーン、ハリーの元に新しい箒(ほうき)『ファイアボルト』が届きます。 ほうきと一緒に入っていたのはメッセージではなく、鳥の羽のようなものだけ。 世界最速のほうき『ファイアボルト...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました