MIU404考察!志摩一未(星野源)が過去に捜査一課から異動したのはなぜ?

覆面パトカーのイメージ画像 映画・ドラマ

いよいよ星野源さんと綾野剛さんがバディを組むTBSドラマ、『MIU404』がスタート。

第1話では『第4機動捜査隊』誕生の様子と職務内容、そして星野源さんが演じる『志摩一未(しまかずみ)』と綾野剛さん演じる『伊吹藍(いぶきあい)』の、4機捜に配属されて初の活躍が描かれました。

 

ドキドキするような派手なカーアクション、テンポ良く展開していくストーリー、1話ごとに1つの事件が解決していくスッキリ感・・・

性格が正反対とも思える2人の活躍は、今後も期待できそうです。

 

ところで、優秀そうな『志摩一未』がかつて所属していた捜査一課を移動した理由って何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

MIU404考察・志摩一未(星野源)の経歴

志摩一未(しまかずみ)は警視庁刑事部・第4機動捜査隊の隊員で、階級は『巡査部長』。

以前は捜査一課に所属していましたが、何らかの理由で移動、機捜経験もあり。

4機捜誕生までの間は、所轄勤務を経て、隊長『桔梗ゆづる(ききょうゆづる)』の運転手として日々を過ごしていたようです。

 

志摩はこの『運転手』に不満があるようで、『暇なのは運転手をさせられているから』、『こんなことなら所轄のままで良かった』などと発言しており、自分には向いていないと感じています。

 

そんな日々の中で誕生した第4機動捜査隊。

志摩は4機捜の隊員となり、運転手としての日々を脱出。

 

かつては現4機捜班長の『陣馬耕平(じんばこうへい)』をバディを組んでいた事もあり、4機捜でも陣馬とバディを組めると考えていたようです。

しかし、既に陣馬の相棒は新米キャリアの『九重世人(ここのえよひと)』と決められてしまっており、それをくつがえすことはできません。

 


そして志摩は、誰もが口を揃えて『足が早い』と言う謎の人物、『伊吹藍(いぶきあい)』とバディを組むことになってしまいます。

 

MIU404考察・志摩一未(星野源)が過去に捜査一課から異動したのはなぜ?

かなり優秀な様子で、隊長の桔梗ゆづるの信頼も厚い、そんな志摩一未がかつて所属していた捜査一課を離れた理由は何だったのでしょうか。

一方の相棒の伊吹藍は、捜査一課に対して強い憧れがあるようです。

 

捜査一課とは

刑事ドラマなどでも名前を聞く事の多い『捜査一課(捜査第一課)』。

捜査一課とは、主に殺人、強盗、障害などの凶悪犯罪を扱う部署です。

 

凶悪犯罪を扱う=強い精神力を持っている人でないと務まらない部署でもありそうです。

日々凶悪犯罪と向き合うワケですから・・・

 

かつては志摩も、このような強靭な精神力が必要な部署で、何らかの凶悪犯罪の犯人を追っていたという事ですね。

 

志摩の過去に何があった?

まだ物語中では明らかになっていませんが、捜査一課から異動して直近では運転手をしている志摩は、職務中に何か重大な失敗を犯したことが事でもあったのでしょうか。

 

『運転手は暇』、『こんなことなら所轄のままでよかった』という発言から、所轄勤務も運転手としての日々も気に入ってはいない様子。

自ら熱望して捜査一課から異動したワケではなさそうですね。

 

また、捜査一課時代に志摩と同じ班だったこともある『桔梗ゆづる』隊長からは、いまだに厚い信頼を得ているようです。

 


現時点ではあくまでも『予想』ですが、捜査一課時代の志摩は、頭の回転は速くて捜査能力にも優れているけれど伊吹藍のようにもっと危なっかしい存在だった、もしくは、もう少し血気盛んだったのではないでしょうか。

 

そんな志摩を捜査一課から異動させるような『転機』は、志摩の行動により引き起こされた『悪い結果』のせいだったのかもしれません。

それにより、志摩は他の部署へ回された。

ただし桔梗は納得していない。

 

こう考えると、現在の志摩の『理性』や『ルール』を前面に押し出したような性格や、嫌々運転手をしつつ、いまだに厚い桔梗からの信頼にも合点がいきます。

 

 

『MIU404』第2話では、九重の口から志摩の過去が語られるシーンがありました。

『志摩は仲間を殺した』

当時の志摩は、何か難しい事件にでも巻き込まれてしまっていたのでしょうか。

何らかの事情で、志摩のせいだとも思われる出来事で仲間を失った事があったのでしょう。

 

しかし、この話の真偽・真相はまだ語られていません。

 

追記

第6話では志摩の『相棒殺し』の真相が語られました。

それは志摩自身も知らなかった事実。

当時の相棒『香坂』の死の真相でした。

 

『相棒』を救えるチャンスはいくらでもあった、でも見ないふりをした・・・

 

相棒香坂の死が事故であるにも関わらず、いまだに香坂の死が志摩と関わっているとウワサする人物たちに反論しないのは、志摩の頑固な性格ゆえでしょう。

 

この志摩の元相棒『香坂』の死亡事件がキッカケで、志摩は捜査一課から外れることになったようです。

 

 

スポンサーリンク

志摩はなぜ自分を信じられないのか

自分も他人も信じないという志摩は、生まれつきそのような性格なのでしょうか?

もしそうだとすれば、ちょっと自己肯定感が低すぎますよね・・・(汗)

もう数字や理論で説明できる事柄しか信じられないという事なのでしょう。

 

今後この件について物語中で語られる事があると思われますが、捜査一課からの異動といい、他人も自分も信じないと感じてしまうキッカケがあったのではないでしょうか。

 

ただの理論マニアではないような気がします。

 

追記

過去の相棒・香坂を死に追いやった原因を作ったのは自分だと考えている志摩。

自分の信じた道が、香坂を死に追いやったと考えているようです。

 

刑事とはなにか・・・

刑事としてやってはいけない事をしてしまった香坂、でもそれを志摩に相談する事もできませんでした。

 

刑事としての素質がある志摩にとって、香坂の行動は当然許せるものではありません。

でも、相棒としてそれを受け止めてやれなかったという『悔い』が、いつまでも志摩の心の中に残ってしまっていたようです。

 

 

いくつも分かれ道が存在するが、『正しい道』というものがある。

その『正しい道』を踏み外した相棒が、誰の救いも得られずに亡くなった・・・

 

かつて九重にルーブ・ゴールドバーグ・マシンの説明をしたことがありましたが、志摩は香坂にとって、『唯一正しい道に戻してくれる存在』だったはずなのに志摩はそれをしなかった。

 

実力を備えた志摩ですが、『相棒』を救ってやることができなかった。

正しい道に押し戻さずに突き放した・・・

 

悔やんでも悔やんでも、悔やみきれない結果を招きました。

 

そんな志摩の過去が、『自分を信じない』現在の志摩を作り出したと考えられます。

 

志摩一未の性格

志摩一未という人物は・・・

  • 鋭い観察力と推理力を持ち、頭の回転が早い。
  • 理論的に考えるタイプで、ルールに厳しい。
  • 『職務』が何かをよく知っており、物事を割り切って考えられる。
  • ただし、ただの石頭ではなく、『ルールの範囲内であれば』という条件付きでの思考の柔軟性もあり。

 

 

一見おだやかな性格のように見えますが、正反対の性格で相棒の伊吹が傍にいると調子が狂ってしまうのか、時に熱い一面も見せてくれます。

 

第1話では、突拍子もない行動をする伊吹を怒鳴り散らしたり殴ったり、本気で対峙するシーンも見られました。

 

志摩が嫌いな正義とは

志摩に言わせると、『自分の事を正義だと思っているヤツが一番嫌い』

このセリフも、後にこの物語にとって重要なキーワードとなりそうな予感がありますね!

 

『正義』の名の下であれば何をしてもいいのか。

『正義』は何でも許されるのか。

 

『正義』という言葉に苦い経験があるのかもしれません。

例えば、『自分の正義』によって大切な人が傷ついたとか・・・

 

志摩が捜査一課から異動した理由も、このような部分にありそうです。

 

追記

第6話の内容から、過去の志摩の相棒『香坂』の死の原因は自分にもあると考えていたようです。

証拠を捏造しようとした香坂、それに気が付いて香坂を責めた志摩。

『進退は自分で決めろ』

 

当時の正義感の強い志摩は、香坂の刑事としての行為が絶対に許せなかったのでしょう。

 

刑事に向いていないと考えた香坂は退職願を書き、その後転落事故によって亡くなりました。

いや、志摩自身の『正義感』が香坂に普段と違う行動(飲めないはずのお酒を飲んでいた)をさせ、結果として階段から足を滑らせて転落という結果を招いた・・・

 

 

『自分を正義だと思っているヤツが一番嫌い』

これは志摩が、自分自身の事を語っていた言葉だったのでしょう。

 

悲しい過去ではありますが、現在の相棒『伊吹』が香坂転落の真相を突きとめた事で、過去に苦しめられている志摩の気持ちを少しでも軽くしてくれた事が救いです。

 

まとめ

元捜査一課の経験もある『志摩一未(しまかずみ)』は、正反対の性格の『伊吹藍(いぶきあい)』とバディになりました。

第1話では、その性格の違いが顕著に表れていましたね!

 

物事を見る目が鋭い志摩と、野生のカンを信じる伊吹。

最初こそテンポの合わない部分もありましたが、次第にお互いの存在を認め、なくてはならない相手になっている様子です。

 

もはや2人は、過去も今もひっくるめて全部、なんでも言い合える関係。

 

志摩と伊吹のバディの絆は、切っても切れないほど強固なものになりつつあります。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました