THE HEADで嘘つきはマギーかアーサーか?行方不明のアニカについても

暗い雪のイメージ画像 映画・ドラマ

THE HEAD第3話では、新たな生存者は発見されませんでした。

代わりに犠牲となった事が確定したのは基地看護師のエバ。

 

ヨハンは聞き取りを続けていますが、マギーとアーサーの証言から何か見えてきたものはあるのでしょうか。

 

マギーが犯人だというアーサーの証言は真実なのか、ヨハンに状況説明をするアニカの『記憶』は真実のものなのか、謎は深まるばかりです。

 

スポンサーリンク

THE HEAD嘘つきはマギーなのかアーサーなのか

生存者であるマギーとアーサーは基地内の別々の場所におり、それぞれヨハンが聞き取りを行っています。

アーサーによると事件の犯人はマギーで、理由は『研究を盗むため』。

しかしヨハンはイマイチこの証言を信じられません。

 

一方マギーの過去を調べると、そもそもマギーの素性がニセモノである可能性が浮上してきました。

 

マギーのウソ

南極に耐え得るかどうかの面接をした際、マギーは孤独の対処法として『子供の頃、朝は波の音が聞こえた。(進学のために故郷を離れていても)波の音を想像すると故郷で目覚めたような気分になれた』と語っていました。

しかし、ヨハンがマギーの故郷を調べたところ、海から数十キロ離れており、波の音が聞こえるなんてあり得ない事が判明します。

 

それをマギーに突きつけると、マギーはあっさりウソを認めましたよね。

しかも平然と。

 

 

 

マギーによれば、『模範的な回答』をしただけ、という事のようです。

つまり、南極に来るためのウソだったという事ですよね。

 

当然、ヨハンは『そこまでして南極に来る必要はなかったのでは?』という疑問をぶつけますが、マギーによるとすべてはガンになった『母』に希望を持たせるため

冒険好きの母が『南極に行ってくれたら、後は何をしてもいい』と言ったから、という事のようです。

 

母親だったら、娘を危険な南極に行かせるよりも、ずっと傍にいてほしいと思うのでは?とも感じますが、マギーの母親って一体何者なのでしょうか。

実は『母』ではなく、他の誰かなのでしょうか・・・

この話は『母』と言う点で、マギーが嘘をついているような気がしています。

 

 

この証言の後、ヨハンはマギーの大学時代の資料を取り寄せ、何かを発見。

 

グスタフがヨハンの『素性は本物か』という問いに対して『雇われたのかも』と回答しているところをみると、その資料に何か重大な事実が書かれていたのでしょう。

 

もし身元自体を隠しているとすると、マギーがアキと恋人関係にあるという部分も、『嘘』を隠すためのカモフラージュなのではないかと感じます。

 

アーサーとマギー・異なる証言

アーサーとマギーはともに生存者として発見されていますが、アーサーはマギーを犯人だと決めつけています。

アーサーによると、マギーは『演技がうまい』との事。

アーサーはマギーの『嘘』を知っていたのでしょうか。

 

 

 

アーサーとマギーの証言の違いが顕著なのが、エバが死亡した場面での事でした。

 

マギーの証言

  • エバが雪上車に乗ることは、エリックによって仕組まれた(トリックを目撃)。
  • 錯乱するエリックにアニカが声をかけ、その想いが通じた。

 

エバとエリックの関係を知らないとすると、マギーにとっては完全にエリックが犯人であると思い込む場面になると思います。

しかし炎上した雪上車を眺めるエリックの辛そうな表情から、『彼が犯人ではない』と語るマギー。

 

エバを殺したのは誰かと錯乱して銃を構えるエリックに周囲は動揺しますが、優しく声を掛けながら近づいたアニカの言葉がエリックに届いたのだとも証言しています。

 

しかしこの場面、全員が『アニカの想いは届いた』と考えたなら、ラモンはわざわざエリックの銃を奪い取ろうとはしなかったような気もしますよね・・・

 

 

アーサーの証言

  • エバが雪上車に乗る事は仕組まれたのかどうかはわからない。
  • 錯乱するエリックにアニカが声を掛けている時、彼(の心)は爆発寸前だった。

 

アーサーは元々エバとエリックの関係を知っています。エリックが一方的にしつこく迫っている事も知っていましたから、おそらくエバがエリックとの関係に悩んでいた事も知っていたのでしょう。

『人は手に入らないと壊したくなる』というアーサーの言葉は、マギーが『エリックはエバを脱出させるつもりだった』という意見とはまるで逆です。

 

アーサーは、犯人がマギーだと言っておきながら、エバ殺害の犯人はエリックだとでも言いたかったのでしょうか。

それとも、エリックを犯人に仕立て上げたかったのでしょうか。

 

度々アーサーはエリックについて、リーダーとしては不適格という内容の発言をしており、隊長としてのエリックを好ましく思っていないようです。

『命を預けるには最悪な相手だ』とも。

エリックが他の隊員たちに信用されなくなれば、おそらく次のリーダーはアーサーでしょう。

 

 

錯乱するエリックにアニカが声を掛けている時も、アーサーにとっては『言葉が届いている』ようには見えなかったのか、ウソをついているのか、それともマギーがウソをついているのか、『彼は爆発寸前だった』と語っています。

 

実際にマギーのお腹には銃創があるので、エリックとラモン、アキが揉み合った際に誤射された事は事実なのでしょう。

 

 

 

隙を見てエリックに近づいたラモンにも、アーサーと同じく、『アニカの想いが通じたエリック』よりも、『何をするかわからないエリック』の姿が映っていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

行方不明のアニカはどこへ行った?

2人に共通しているのは、アニカの行方はわからない、という事。

アニカはどこへ行ったのか、生存が確認されたマギーとアーサーでも知らないようです。

 

マギーが見たアニカ

マギーが見たアニカは、暗闇の中に泣いている姿が見えて消える・・・

それ以上は思い出せないようです。

第1話では、叫びながら走っている、(ケガをしているかどうかは)わからない、と答えていましたね。

 

思い出せないのは『T3』症候群のせいなのでしょうか。

 

アーサーが見たアニカ

アーサーは生存が確認された後、アニカの居場所は知らない、最後に見た時には生きてた、と語っています。

 

どこかでアニカを見た後、保守用トンネルにずっと隠れていたという事でしょうか。

その保守用トンネル内にはアニカの声で録音されたSOSメッセージの発信機が取り付けられており、アーサーはそれよりも後にトンネルに入ったのでしょうか。

もしくはアーサーが発信機を取り付けたのでしょうか。

 

いずれにせよ、暗闇の中ではアニカがいたとしても気が付かないかもしれませんし、灯りが無ければ周りを見ることもできないでしょう。

 

オープニングの髪の毛は誰のもの?

アニカの行方と関係があるのか無いのか、実はオープニングで気になるシーンがあります。

それは誰かの髪の毛、おそらく長いので女性のものではないかと思いますが、水の中と思われるところに沈んでいくような様子が映っています。

 

もしこれがアニカのものだったとしたら・・・

 

アニカは南極の冷たい水の中に落ちてしまったのでしょうか。

 

いまだに見つからない『もう1台の雪上車』の行方も気になります。

 

まとめ

第3話の時点で、生存が確認されているのはマギーとアーサーのみ。

新たに発見された凍った遺体がアニカなのか違うのか、違うとすればアニカはどこへ行ったのか。

本当にマギーが犯人なのか・・・

 

マギーとアーサーの証言も、目線の違いなのか微妙に異なる部分があるようです。

どちらか一方がウソを言っているのでしょうか。

 

第3話ではマギーの素性にウソがある事が発覚し、今までの証言も真実なのかどうかがわからなくなってしまいました。

しかし、必ずしもアーサーが真実を語っているとは限りません。

 

物語が進むにつれ、やや複雑になってきましたね!

次回以降も新たな事実が判明するのか、マギーは何者なのか、展開が気になります。

 

 

THE HEADについての記事はこちらもどうぞ!

THE HEAD登場人物の謎と伏線・回収一覧!全6話で犯人が判明するのはいつ?

THE HEAD時系列まとめ!冬期基地内で起きた事・ヨハンが到着した後に分けて紹介

THE HEADのドラマタイトルの意味は?オープニング映像など制作陣や監督のメッセージについても

THE HEAD隊員の気になる行動・セリフ!犯人は誰なのか伏線についても(第1話)

THE HEAD第1話のヨハンとアニカの謎4つ!夫妻は再び会う事ができるのか

THE HEAD第2話ネタバレ考察・マギーが犯人で確定なのか?アーサーが生き残った理由も

THE HEAD3話のネタバレ考察!マギーはダミアンの恋人で目的は復讐なのか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました