トイストーリー4ってどんな話なの?評価が分かれた理由や感想についても

トイストーリー4のイメージ画像 映画・ドラマ

『トイストーリー4』はこれまでの『トイストーリー1~3』とは、ちょっとだけ印象が違うかな?と感じる作品です。

実際に観た人の感想や意見も、「面白かった!」というものや、「イマイチだったかも・・・」などと評価が分かれてしまうのは仕方がないとも思えるストーリーになっていました。

 

今回は、そんな『トイストーリー4』の感想や、評価が分かれてしまっている理由を考察していきます。

※一部ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

スポンサーリンク

トイストーリー4はどんな話?

トイストーリー4は一言で表すとすれば、『新しい世界を知るウッディの話』でしょう。

今までのシリーズとは少し様子が違っています。

 

かつてのウッディは、ただひたすらにアンディのため、仲間のために危険な事も乗り越えてきました。

ウッディがアンディを思う気持ちや、仲間を大切に思う気持ちに心打たれた人も多かったのではないでしょうか。

 

しかし今回は大好きなアンディも親友のバズもメインで描かれてはいないのです。

 

持ち主がボニーになってからの話

『トイストーリー4』では、『トイストーリー3』のラストシーンを経て、ウッディの持ち主がアンディからボニーへと変わった後の話になっています。

 

大切なアンディとの思い出を胸にしまい、再び『子供のおもちゃ』としての日々を過ごす事になったウッディ。もちろん、バズやジェシーなど、一部を除いたお馴染みのメンバーも一緒です。

 

ボニーに遊んでもらえることを楽しみに待っている他のおもちゃたちと同様に、ウッディも遊んでもらう準備は万端。しかし、ボニーにとってのウッディは、特にお気に入りのおもちゃというわけではありません。

クローゼットの中に置いてけぼりにされてしまう事も多々あるようです。

 

アンディにとっては一番のお気に入りだったウッディが、ボニーにとっては必ずしも一番ではない。

 

物語の開始数分でそんな寂しさを感じてしまうようなこの作品、今までアンディとウッディの関係性を観てきたトイストーリーファンにとっては、受け入れがたい現実を突きつけられてしまう物語でもあります。

 

仲間との別れの話

今までずっと一緒に過ごしてきた元アンディのおもちゃたち。

『トイストーリー3』でウッディだけがアンディのところに残るはずだったのに、仲間たちと一緒にボニーのところへ行くことにしたウッディ。

そこに至る経緯も含めて、ウッディたちの強い絆がたびたび描かれていましたが・・・

 

ボーと再会して、広い世界を知ったウッディだけは、ボニーのおもちゃとして過ごしていく事をやめるという決断をします。

バズやジェシーを残して、ウッディは新しい一歩を踏み出していくのです。

 

どうして・・・

 

これまでのような展開を望んでいた人たちにとっては、ウッディのこれからを応援する気持ちとともに、心にポッカリと穴が開いてしまったような気分になり、さらには考えもしなかったラストシーンに呆然とする人も多い物語です。

 

良い評価とイマイチな評価が分かれてしまった理由

『トイストーリー4』は、「感動した、良かった」という声の他にも、「イヤ、これはダメ」という声も聞こえてくるという、鑑賞後に評価が分かれてしまった作品でもあります。

もちろん受け手によって様々な感想を持つのは当たり前なのですが、これまでのトイストーリーシリーズとは違い、『トイストーリー4』だけはイマイチだと感じる人も多かったようです。

このように評価が分かれてしまった理由を考えていきます。

 

良い評価

賛否両論といった感じの『トイストーリー4』ですが、まずは良い評価がどのようなものなのかをみていきましょう。

実は私個人も、確かに違和感は感じました。しかし、結果的には『良い』内容の作品だったと思っています。

 

純粋に感動できたという感想が多いようです。

『トイストーリー4』では、これまでの『トイストーリーシリーズ』の中でも特に『ウッディの優しさ』を感じられる作品です。

優しいキャラクター、芯が強いキャラクター、他人を認めることができるキャラクター・・・

 

それぞれの個性が、新たな『トイストーリー』を作り上げたとも言えそうです。

 

イマイチな評価

良い評価と共に多く聞かれるのが、「いまいちだったな・・・」という声。

私は『良い』と感じた作品ではありましたが、イマイチという声も妙に納得してしまいます。

この部分はちょっとな・・・という事が多い作品なんでしょう。

 

確かに今までのトイストーリーシリーズを期待して観ると「ええ・・・(涙)」となる可能性のある作品なんですよね。

 

評価が分かれてしまった理由は視点の違い

評価が分かれてしまうほど、観た人の多くに何らかの刺激があった作品なのでしょう。

 

これまでのトイストーリーシリーズが大好きだった人でも、4はイマイチと言う人。

また、これまでのトイストーリーシリーズを知っているからこそ感動したと言う人。

 

このように評価が分かれてしまう理由は『視点の違い』と考えられます。

 

視点1:ウッディはボニーのおもちゃ

ウッディはアンディが大切にしていたおもちゃであり、大人になったアンディは、同じように大切にしてくれる事を願いながらウッディをボニーへ託します。本当はボニーに渡すつもりはなかったのに、というところもポイントですよね。

これ以降、ウッディはボニーのおもちゃになったんです。

 

ウッディも新しい持ち主、ボニーの事を常に気にかけています。

でも、結果としてボニーから去っていくウッディ。

 

  • 『ボニーのおもちゃ』なのにボニーから去っていく。
  • 『ボニーのおもちゃ』なのにボニーにあまり大切にされていないように見える。

・・・なんでそんな風にするの?

 

クローゼットに取り残されたり、ボニーの父親に踏まれたり。

こういう部分が『トイストーリー4』がイマイチなのではないかと感じてしまう理由のひとつと考えられます。

 

視点2:ウッディが大切にしているのはアンディとの思い出

一方で、ボニーに託されたとは言え、ウッディの心にあるのはアンディとの思い出。

 

  • 『アンディとの思い出』がすばらしいものだからこそ、子供と遊ぶことを願うおもちゃたちの助けになりたい。
  • 『アンディとの思い出』がすばらしいものだからこそ、フォーキーもボニーと一緒にすばらしい日々を過ごしてもらいたい。

 

ウッディにとって、ボニーと一緒にいる事だけがすべてじゃない・・・

『子供を待っているおもちゃのために』という思いを新たに胸に抱いたウッディを、寂しいけれど応援したい。

 

こういう見方をすると、『良い作品だった』という感想を持てそうです。

 

スポンサーリンク

トイストーリー4の個人的感想

実際に『トイストーリー4』を観た個人的感想は・・・『良い』。

とても良い作品でしたし、感動しました。

おそらく前述のように、『いつだってウッディの心の中にはアンディがいる』という気持ちがあったためでしょう。

 

子供と遊ぶ幸せを味わった事のないおもちゃが、世界にはたくさんいる。

そして世界にはたくさんの子供がいる。

 

これまでのトイストーリーのような、『みんな頑張れ』って応援したくなるような冒険物語のイメージもありませんし、『やっぱり仲間って最高!』と思えるようなシーンも少なかったと思います。

 

ただただ、ウッディの決断を応援したい。

ウッディかっこいい!

 

今まで見えていなかった世界に旅立っていくウッディを、いつか巣立っていくであろう自分の子供と重ねてしまうと、もうね・・・。

いつかまた、ウッディに会いたい!そう思える作品でした。

 

まとめ

トイストーリー4をまだ観ていない人は、様々なレビューを見て複雑な思いを抱いていると思います。

  • なんか評価イマイチだけど観ないほうがいい?
  • 観るのこわい。

確かに、否定的な意見も多い作品ではあり、確かにこれまでとは印象が違います。

 

どうしても過去3作品のイメージを少しでも壊したくないというなら、ひょっとしたら『トイストーリー4』は観ないほうがいいのかもしれません。

 

しかし、新しいウッディを見たい人、違う世界を見てみたい人、自分の人生について迷っている人は『トイストーリー4』を一度観てみてはいかがでしょう?

 

自分の知っている世界だけではない、可能性を感じられる作品になっていますよ。

 

 

トイストーリーシリーズの記事はこちらもどうぞ!

トイストーリー1が伝えたいこととは?人生観やメッセージ性についても

トイストーリー2が伝えたい事・メッセージとは?子供がおもちゃから学ぶこと

トイストーリー3の見どころは?泣ける物語の好きなシーンと評価についても

トイストーリー4が伝えたいこと・メッセージとは?大人にこそ必要な大切な気持ち

トイストーリー4続編の内容は?制作決定・公開予定があるのかどうかも

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました