【呪術廻戦】裏梅の正体や術式を考察!宿儺との関係性についても

スポンサーリンク
『【呪術廻戦】裏梅の正体や術式は?』の記事のアイキャッチ画像 アニメ

『呪術廻戦』の裏梅は、男性か女性かもわからず、まさに正体不明のキャラクター。

これまでほぼ登場していなかったにも関わらず、3度目の登場で名前が判明、さらには宿儺との何らかの関係がある事が示されました。

 

裏梅は何者なのか、その正体や術式、宿儺との関係性についても考察していきます。

 

【呪術廻戦】裏梅の正体や術式を考察


裏梅はこれまでの登場回数が少ないキャラクターです。

しかし、唐突に宿儺と何らかの関係がある事が描かれたために『裏梅って何者なの?』と気になる方が多くなりましたよね。

 

そんな裏梅の正体、そして持っている術式はどのようなものなのでしょうか?

 

裏梅は偽夏油と行動を共にしている

裏梅は宿儺と昔ながらの知り合いである様子があるにもかかわらず、偽夏油と行動を共にしています。

裏梅の性別はいまだに不明ですが、初登場はコミック7巻に収録されている第53話、その後はコミック11巻に収録の第92話、そしてコミック14巻に収録の第116話、第117話。

 

偽夏油と行動を共にしつつ、呪詛師に指示を与える役目を担っているようです。

組屋鞣造は男か女かわからない白髪オカッパのガキに命令されたという証言をしていますし、渋谷事変の際、重面春太に補助監督の伊地知潔高を襲わせたのも裏梅でした。

 

菅原道真に関する人物?


『裏梅』と呼ばれる家紋が実在しています。

五条家のご先祖様、菅原道真は梅をこよなく愛した事でも有名です。

 

梅の名所として有名であり、菅原道真を祀る天神様の社紋には、現在でも梅に関係した紋が使われているのだとか。

 

つまり、裏梅は五条家に関わりの深い人物である可能性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

もし五条家に関わりのある人物が宿儺に肩入れしていたとなると、かなり大きな問題になりそうですけどね・・・

 

ただし、現時点では裏梅が人間なのか呪霊なのかも不明です。

 

目的は情報収集と宿儺の保護か

裏梅が偽夏油と行動を共にしつつも、宿儺を慕う様子が見られるという事から考えられる目的は、『宿儺復活のための情報収集』『復活した宿儺の保護』が濃厚ではないでしょうか。

 

しかもそれは宿儺の命令でもなんでもなく、裏梅自らが独自の判断で行っているのでしょう。

そうでなければ、宿儺は裏梅に出会って驚いたりはしません。

 

何らかの理由で裏梅が宿儺を慕っているのであれば、復活目前の宿儺の後押しをしたいでしょうし、人間の手から宿儺を守ろうともするでしょうね。

過去にも宿儺はさんざん人間に追い回されているはず。

せっかく復活しても、人間によって『封印』されたら大変です。

 

 

ちなみに、わざわざ裏梅が宿儺を『迎えに来た』という事は、何かしらの準備が整ったという事でもあるはず。

隠れ家のような場所に連れて行くための迎えなのか、1000年前の住まいか、それとも何かの儀式を行うような場所に向かうつもりなのか・・・

 

宿儺が『迎え』という言葉自体を警戒していないところを見ると、裏梅の行動自体は把握していなかったものの、連れて行かれるであろう場所や目的は知っているという事になりますね。

 

裏梅が現代に生きている理由

裏梅と宿儺は顔見知りのようですが、おそらく2人は1000年前からの知り合いなのでしょう。

宿儺は残されていた呪物『宿儺の指』と虎杖という器によって現代に復活しましたが、裏梅はどのようにして1000年の時を越えてきたのでしょうか?

 

もし裏梅が呪霊ではなく人間であるとすれば、脳を入れ替えて肉体を転々とする方法が考えられますが、これは偽夏油に施されているものと同じ術式でしょう。

夏油の頭にはクッキリと縫い目が残されていますが、裏梅のおでこは髪の毛で隠されています。

前髪をめくったら縫い目が見えるのかもしれません。

 

または裏梅が宿儺の指のように呪物となっており、偽夏油たちの手によって九相図同様受肉し蘇ったとも考えられますね。

 

術式は脳の入れ替えか呪物化?


裏梅の術式については、作品中ではまだ紹介されていませんが、偽夏油に施されている『脳の入れ替え』が、実は裏梅の術式である可能性を考えてみます。

 

宿儺復活が目的であるならば、裏梅はおそらく偽夏油へ脳の入れ替えを施す対価として宿儺を復活させる、という縛りを結ぶでしょう。

ただ、夏油の体とその術式を欲しがっていたのは偽夏油の脳のほうですから、裏梅が率先して脳の入れ替えを提案したというよりは、宿儺復活を提案した上での脳の入れ替えである可能性の方が高そうです。

 

もうひとつ考えられるのが、宿儺の指は裏梅が呪物化したものだったという可能性。

つまり、『呪物化』が裏梅の術式だったという可能性です。

 

1000年前にも生きていたと思われる裏梅が現代にも生きている事を考えると、自らを呪物として長期間保管し、受肉と同時に現代に蘇った可能性大。

受肉は自分の力ではどうにもならないでしょうから、偽夏油の脳と何らかの縛りを結び、裏梅側の条件が『宿儺の器が現れたら、裏梅を受肉させる』だとすれば、宿儺を慕う理由も、偽夏油と行動を共にしていた理由も説明がつきそうです。

 

人間(呪詛師など)の『洗脳』という術式の可能性も考えてみましたが、この術式では偽夏油と行動を共にする理由が見当たりません。

また、漏瑚と宿儺の戦い直後の燃え盛る街中に突如として現れた事から、『瞬間移動』のような術式の可能性もあるのでは?と考えられますが、こちらも偽夏油と行動を共にする理由がわかりません。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】裏梅と宿儺の関係性は?


『呪術廻戦』の裏梅は、宿儺と関係のある人物のようです。

『お久しうございます』というセリフから、おそらく2人が顔を合わせたのは約1000年ぶり。

 

そんな2人の関係性はどのようなものなのでしょうか?

 

主従関係の可能性

裏梅は宿儺に対して『お迎えに参りました』、『お久しうございます』、『宿儺様』という発言をしている事から、裏梅は宿儺の元部下、2人は主従関係にあったのではないかと思われます。

 

迎えに来てどこに行くつもりだったのかは不明。

しかし、宿儺も『またな』という言葉を裏梅にかけていることから、いずれまた会う間柄である事は確実です。

 

昔の部下がわざわざ訪ねてきたとなると、宿儺はよほど慕われていたのでしょうか。

人間にさんざん討伐対象にされてきたはずの宿儺ですが、信頼関係を築けるほどの一面もあったという事ですね。

 

婚約者の可能性

『またな』と宿儺が声掛けした際の裏梅の表情は、ちょっと意味ありげで気になりますね。

 

迎えに来たにも関わらず、『急用』と言ってその場を去ろうとする宿儺に対し、寂しそうに『左様で』と呟く裏梅。

せっかく会えたのに、というようにも思える表情でした。

 

さらに『またな』の言葉を深く噛みしめるような表情は、なんだか女性っぽい・・・

 

実は裏梅、1000年前は宿儺の世話係か何かだった、もしくは宿儺の婚約者だったりして・・・

 

裏梅が女性であるなら、宿儺に対して恋愛感情に近いものを持っていたとしても不思議ではありません。

『俺が自由になるのもそう遠い話ではない。ゆめ準備を怠るな、またな裏梅』

 

『またな』に思わず表情をハッとさせた裏梅ですから、また離れ離れになってしまう事への寂しさに対する宿儺の嬉しい一言だった可能性もありますよね。

 

・・・あくまでも、裏梅が女性だった場合です。

 

まとめ

『呪術廻戦』の裏梅は正体不明、目的不明のキャラクター。

メロンパン入れと化した偽夏油と行動を共にし、一方では宿儺を慕う様子を見せている謎の多い人物でもあります。

 

敢えてその正体や目的、術式を考察すると、

  • 裏梅は1000年前にも生きていた人物で、宿儺の復活と保護を目的としている
  • 裏梅自身は脳の入れ替えの術式、もしくは呪物化の術式によって生き延びている可能性あり
  • 脳の入れ替え、または呪物化は裏梅の術式の可能性あり

 

宿儺を慕っている様子から、おそらくその関係は主従関係。

もしも裏梅が女性なら、婚約者同士という事もあり得るかもしれませんよね。

 

裏梅の正体や術式が物語中で明かされる日も近そうです。

 

『呪術廻戦』をできるだけ安く買う方法を解説した記事はこちら↓↓

呪術廻戦を安く買う方法は?電子書籍ならゼロ巻含む全巻が最安値でお得に読める!
この記事では週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画『呪術廻戦』を、とにかく安く買う方法を紹介します。 結論から先に言ってしまうと『ebookjapan(イーブックジャパン)』が最もオススメ。 なぜなら、ebookjapan...

 

『呪術廻戦』に関する記事はこちらもオススメです(^^)

存在しない記憶の発動条件は?能力や目的についての考察【呪術廻戦】
『存在しない記憶』という呪術廻戦ファンを賑わせている謎の力。 最初はアイドル好きの東堂のギャグシーンかと思いきや、脹相との戦いでも発動。 『存在しない記憶』が何らかの術式や能力、伏線である可能性が一気に高まりましたよね。...
【呪術廻戦】ネタバレ・メカ丸は死亡した?生きてる可能性についての考察
『呪術廻戦』のメカ丸は、不思議な見た目をしていますが呪骸ではありません。 つまり、パンダとは別モノという事ですね。 今回は高専京都校の2年生・メカ丸のネタバレと死亡したのかどうか、生きている可能性についての考察を行います...
【呪術廻戦】夏油は偽物で中身は誰?乗っ取りの理由についても
『呪術廻戦』の夏油傑(げとうすぐる)は五条悟の唯一の親友だった人物です。 2017年に行われた百鬼夜行の際に乙骨にボコボコにされた上に五条に殺され、彼を知っている高専関係者からは『死亡』と思われていた夏油。 しかし、夏油...

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました